寝具調整事例No.19『家族全員で枕を新調』

2018年11月6日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 寝具調整事例,

現在お使いの枕が支え感が無くなり
使っていると痛くなったとの事で…。
ふとんのクリーニングを配達させて
頂いた際にご相談を頂き、お作りすることに
なりました。

 

 

その時に家族全員、自分に合った枕に
したいとの事で

 

 

 

3個オーダーでお作りしました。
これは家族が自分の枕がどれか分かるように
カバーの色を分けております。

 

 

 

えびすやのオーダー枕は首に計測機器を充てて
それでお作りするわけではありません。僕は
道具は何も使わず経験と勘、実際にベッドに
寝て貰いながら首や頭の形状に合わせて少しずつ
中材を出し入れして調整していきます。

 

 

 

この時に現在の寝姿勢、使っている寝具、
首の痛みやコリなどの悩みなどをお聞きし
それを解決出来る様に考えてお作りするのですが
その過程で今使用している、寝具(マットレス・敷ふとん)の
問題点が浮き彫りになってくることがあります。

 

 

その場合は悩みの原因が枕もですが
それ以上に寝具に起因している事もよくあります。
そうなってくると枕だけでは根本的な解決が
難しくなってきます。枕を合わせるうえで
そういった事、お伝えする事も大事な事なんですね。

 

 

今回もその点はお話させて頂き
暫く様子をみて眠り難さがあればご相談くださいと
お伝えしております。

 

 

えびすやのオーダー枕は11,800円~です。

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

 

タグ:

寝具制作事例No.84『羽毛肌掛けふとんのリフレッシュ』

2018年11月4日 / えびすやにあるもの, お知らせ, 寝具制作事例, 掛ふとん, 羽毛製品

 

一昨日、丹後圏に折込がされました地域コミュニティー紙
『ねこじゃらし』さんにお世話になり広告掲載をして頂いています。

 

 

えびすやの羽毛ふとんに対する考えを簡単にまとめて
おります。えびすやが絶対に守りたいルール。
側地は基本、綿100%です。(基本というのは
自然素材をベースにした素材であれば選択肢と
して考えられますので)ポリエステル生地の羽毛ふとんが
最近、増えてきてますがえびすやは扱いません。
羽毛の持つ吸湿発散の良さが損なわれるからです。
そして、縫製一つで保温力を高めたり損なったり
する大事な要素です。ここも大事にしたいですね。

 

 

さて

 

 

最近、徐々に寒くなってきましたが今年は
どうやら例年よりも寒くなるペースが緩やかなのでしょうか?
羽毛ふとんのリフレッシュのご依頼が続いております。
例年であればもう依頼は止まるのですが今年は
まだ続いています。

 

 

通常、ご依頼を受けるケースとして多いのは
本掛けの

 

◎シングルロングサイズ→シングルロングサイズ
◎ダブルロングサイズ→シングルログサイズ
◎ダブルロングサイズ→ダブルロングサイズ

 

 

この3パターンで殆どを占めます。
しかし、基本的にはどんなサイズでも
肌掛け、合い掛け、本掛け、どんな厚みでも
問題ありませんのでご相談ください。

 

今回のケースは

 

その1

 

羽毛肌掛けふとん(シングルロングサイズ)3枚を
羽毛本掛けふとん(シングルロングサイズ)1枚へ統合する
ご依頼でした。F社製のマザーグースクラスの羽毛
がとても良い状態でしたのでとてもよい本掛けふとんが
仕上がると判断させて頂きました。

 

その2

 

羽毛肌かけふとん(セミダブルロング)1枚を
羽毛合い掛けふとん(シングルロング)へ作り変える
ご依頼でした。K社製の状態の良い肌掛けふとん
でしたので洗浄・除塵を行っても量が残り、ある程度の
充填で合い掛け出来ると判断しました。
また、出来る限り軽くしてほしいとのご依頼も
ありましたので超軽量生地でマス目を多めに取り
フィット感を高め、より軽い合い掛けふとんへと
生まれ変わる予定になっています。

 

 

透けて下の文字が映ってますよね。
細い糸を使った出来る限り羽毛の良さを活かす
通気性の良い生地です。通気性が良いので
質の悪い羽毛には使えません。吹き出しやすく
なりますので

 

 

今回、お預かりした2件の羽毛ふとん共に
大粒でいい羽毛でしたのでこの生地を使い
軽くお仕立てします。

 

 

 

合い上がりが楽しみですね!(^^)

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

 

タグ: , , ,

仕事道具が壊れた…(><)

2018年10月30日 / 日々の話

他所のふとん屋さんは上皿秤を工夫して
綿を沢山載せられる様にして綿の重さを
はかって
おられるようですがえびすやは…。

 

 

恐らく、戦前から?使われてるであろう
一貫目秤で綿の重さを量っております。
今時、そんな店は恐らく無いかと…ハハハ(^^;

 


通常、重さはKgで考えるのが一般的なのですが
綿のふとんに関してはえびすやが未だに尺貫法で
計算しています。(一貫目=3.75㎏)それもこれも
先代がこれを使ってて、当たり前の様に
僕もこれを使いだしたのでこれに慣れきって
しまっているからです(^^;

 

 

何時もの様に綿を打ち直すときに
いくら綿を預かったかを確認するために
一貫目秤で重さをはかっていると

 

 

ぶちッ!

 

 

 

はかりの持ち手の皮が切れてしまいました(><)
これをずっと使っていた親父も僕と同じ経験した様で
(持ち手は二か所あり、はかる重さによって使い分ける)
後ろにうっすら見える青い紐あれは実はPPバンドです。(笑)

適当にそこらへんにあったもので代用したのでしょう。

 

 

 

 

同じ様にそこら辺にあったPPバンドで
適当に結んでみました。流石に荷造り用だけあって
丈夫なのですが…。

 

 

 

これくらいの重さ(約9㌔)をはかるとなると
PPバンドが手に食い込んで痛いのです。
やっぱり皮の方が優しくて良いんですね(^^;

 

 

今時、一貫目秤なんか作ってるところないし
送って日数を掛けるのもそれはそれで秤が
無くて困りますし、車で行ける距離でチャッチャッと
皮を付け替えてくれるところがあると有難いのですが…。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

 

タグ: ,

『行きたくなる神社』比沼麻奈爲神社

2018年10月25日 / 丹後の古墳・史跡, 丹後の神社, 神社・歴史

 

自分の事を見て下さっている神様がいる神社に
『産土神社』『氏神神社』ああります。産土神とは
産土神とは自分が生まれてから一生をずっと見守って
くれる自分が生まれた近くの神社にいらっしゃる神です。

 

 

 

そして、氏神とは自分の一族を守って下さる神様です。
昔は一族が同じ場所に固まって住んでおりましたが
今は地域をお守り下さる神様というかんじでしょうか?
同じ氏神様の周辺の住む人たちを氏子と言いますので
氏子となっている神様が氏神様だと僕は認識しておりますが
新興住宅地などで神社が無い場合などは神社庁に
問い合わせれば教えてくれるそうです。

 

 

 

そして、鎮守神。氏神や産土神とほぼ同じ様な意味合いの
様ですがある特定の場所や地域を御守りする神様で
荘園や領国を守る鎮守神祀られておりました。

 

 

 

 

余談ですが鎮守神を祀る神社を囲むようにある森を鎮守の杜なんて
言ったりしますよね。ちなみにここは京丹後市弥栄町にある穂曾長神社で
この鎮守の杜そのものが古墳です。

 

 

 

 

話は飛びましたが僕は氏神、産土神、鎮守神とそれぞれ
一つづつ自分の神社があり、それぞれの神社はよく参拝に
行きます。鎮守神が祀られる比沼麻奈爲神社です。

 

 

 

 

比沼麻奈爲神社の主祭神は豊受大神です。
伊勢の外宮に祀られる神様。元々はここに御鎮座されていて
雄略天皇の時代、478年に伊勢の外宮へ遷宮されます。
豊受大神は丹後を御守り下さる五穀豊穣の神様です。
僕はココへ凄く惹かれるんです。何故かわかりませんが
境内は常に綺麗にされており

 

 

 

 

 

何とも言えない幻想な雰囲気が漂っています。
丹後へお越しの際には一度、参拝されてみては
如何でしょうか?鳥居をくぐればそこは空気が
変わり、背中がピンと伸びる気分になります。

 

 

 

御祭神:豊受大神
京都府京丹後市峰山町久次宮谷510

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

 

タグ: , , , ,

寝具制作事例No.83『リーズナブルオリジナル羽毛ふとん』

2018年10月25日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 掛ふとん, 羽毛製品

 

現在、原毛の相場がかなり上昇しています。
主にダックダウンが上昇しており、お手頃に
いい羽毛ふとんを買うというのは段々と難しく
なってきています。

 

 

 

 

 

かと言って闇雲に値段優先で羽毛ふとんの仕入れは
したくありません。品質がちゃんとしているものを
扱いたい訳です。一枚試しに…。それが案外よくて(^^)

 

 

えびすやの定番羽毛ふとんは本来、無地で
仕立てているのですが今回はスポットで柄物になります。
かと言ってゴワゴワの硬い生地ではなくサテン地です。
ポリエステル混の生地ではなく綿100%。マス目も
身体にフィットしやすい様に細かめにとっています。
ダウンもハンガリー産のマスコビー種ホワイトダックダウン90%。
価格から見れば結構いい出来ですね。一番よく分かるのは
お店に来て頂いて実際に羽毛ふとんを広げて
自分の目で確認してみるのが良いと思います。
羽毛ふとんに関するお話も詳しくお話もさせて頂きます。

 

 

 

安価な羽毛ふとんの特徴というか問題なのは…
側地がポリエステル、又はポリエステル混であること!
これが一番の問題でして

 

 

 

 

◎通気性に乏しく蒸れる
◎なので羽毛の吸湿発散の良さが活かされない

 

 

 

羽毛の良さが活かされている点は軽いという点だけです。
原毛価格が上昇してくると何処で価格を抑えるかと
いうと側生地を従来の『綿→ポリエステル・ポリエステル混』に
することで原毛の上昇分を抑え込む事が出来ます。また
生地が軽いので羽毛の量も少なめに充填しても膨らみが出ます。

 

 

 

えびすやの扱う羽毛ふとんは綿100%です。
ココは専門店として譲れないですね。ちなみに
この羽毛ふとんはギリギリ40,000円台に収める
予定しております。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

 

タグ: ,

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご連絡をいただけると幸いです。
不定休、諸都合等で休みの場合がございます。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK