カテゴリー「神社・歴史」の記事

『麻呂子親王の二人目の皇弟』松枝神社

2016年4月5日 / 丹後の神社, 神社・歴史

丹後町是安の集落のはずれに

1443

 

松枝神社があります。この神社の御祭神は大己貴命となっておりますが
松枝大明神が実際の所、お祭りされている神様ではないでしょうか?

 

松枝大明神でどんな神様なのか?
先日、ご紹介した丹後町大山にある志布比神社に祀られている
塩干大明神との兄弟にあたる神様で麻呂子親王とともに
鬼退治にやってきた松干皇子の事です。同じ、集落内には
丹後七薬師の一つ神宮寺(廃寺)の境内に小さな円墳があり
麻呂子親王の墓と言われている場所があります。

 

竹野神社を中心としてこの付近の集落には
麻呂子親王の鬼伝説に纏わる神社や史跡があります。

 

1444

1445

 

社日塔がありました

 

1446

 

神社の裏の方に行くと五角柱の石碑を見かけることがあるかと思います。
そこには天照大神、少彦名神、埴安媛命(土の神)倉稲魂命(五穀豊穣の神)、大巳貴命
五柱の名が刻まれています。また、庚申塔なんてのもあったりしますので
神社もくまなくみてみると面白いかと思います。

 

御祭神:大己貴命
京都府京丹後市是安松枝  村社 松枝神社

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

タグ: , ,

『鬼退治の功労者達』志布比神社

2016年4月1日 / 丹後の神社, 神社・歴史

3月は暖冬の反動のか?
肌寒い日がようやく終わり、蕾も多くなり
開花し始めるところもちらほらみかる様になりました(^^)

 

1424

 

 

数日前。竹野神社さんで撮影した桜の蕾ですがきっと
今頃は美しく咲いていることでしょう。暖かくなるとついつい、
神社へ行きたくなります。

 

京丹後市内竹野川流域の神社には特徴があります。
峰山町は完全に豊受大神に因む神社が多く、丹後町内に
入ると今度は鬼伝説に因む神社が多くなります。

 

先日、参拝してきた神社

1436

 

志布比神社。網野町浜詰にも同名の志布比神社があります。
志布比神社は式内社で論社になります。さてこの神社の面白いところは

志布比神社なのですが本殿に行くと額には・・・

 

1435

 

名前が違うわけです。???と思い調べてみますと。
それは祀られている神様の影響でした。
志布比(しふい)神社と呼ばれるのは御祭神が志夫美宿禰命(しぶみのすくねのみこと)
日子坐王の子に当たります。丹後の一番古い鬼伝説で陸耳御笠を倒した人物です。
塩干(しおほし)神社と呼ばれるのは塩干大明神(しふみすくねのみこと)から来ており
麻呂子親王の弟にあたります。この”塩干”に因む伝承として丹後の地名様のWeb
興味深いことが書かれていましたのでご紹介します。

 

 

大昔この付近の村々はみな高い山中にあり、竹野川の流域は海の底であったという。
その頃大山(志布比神社の裏山)に神様がいて、海水を飲み干し田圃をつくろうと考え、
一口飲むと中郡の、二口目に現弥栄町の、三口目に現丹後町の田圃が開かれた。
しかし海水があまりに塩辛かったので飲み干すことがでさず、水溜りが残ってしまった。
里の人々は神に感謝し、飲み残された水溜りの傍らに宮を建てた。
この社がのちに式内志布比神社となり、里人たちは「しおほっさん」と称し崇敬した。
水溜りは小さくなり、今では境内の一部にその跡が残るだけになったが、
明治の初年頃までは水が溜っていて塩辛かったという。

 

今でこそ、竹野川沿いには田園が広がりますが昔、竹野川の
河口付近は大きな潟湖だったと入れています。

 

話が飛びましたがタイトルの通りこの2柱は時代を挟んで
鬼退治に功績をあげた人物です。竹野神社も時代を挟んで鬼退治に
関わった人物が祀られていますがこの志布比神社に祀られている
2柱は当の本人ではないと言うことです。子と弟なのです。
それは何かを意味してるのでしょうかね??

 

御祭神 志夫美宿禰命
京都府京丹後市丹後町大山922  式内社 志布比神社

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

タグ: ,

巫女達が暮らした跡

2016年3月29日 / 丹後の歴史, 神社・歴史

竹野神社の近くに『巫女屋敷跡』と呼ばれる場所があります。

 

1428

 

と言いましても特になんら珍しい事もない空き地なのですが
ここに竹野神社の巫女さん達が住んでいたのです。

 

その巫女さんと言うのは何故か久美浜の市場の娘と決まってのです。
それを表すかのように市場には『斎宮大明神』という祠が大事に祀られています。

 

しかもその巫女は日下部氏の中から選ばれる。日下部氏です。
日下部氏といえば浦島太郎こと浦嶋子も日下部氏です。

 

竹野神社では”日子坐王命”が御祭神として祀られていますが
日子坐王命は開化天皇の第三皇子であり日下部氏の始祖と言われる人物。
四道将軍、丹波道主命の父にあたります。

 

また、どういう因果なのか解りませんが日子坐王命は丹後の最初の
鬼伝説で土蜘蛛倒します。次の鬼伝説では麻呂子親王が土熊を
立岩に封じ込めます。この鬼を倒した2人英雄がココに揃って祀られています。

 

話が脱線しましたが
日下部氏の中から巫女が選ばれていたということは竹野神社と
日下部氏の関係性が深いということだと思うのですが古事記でみると
日子坐王命は竹野媛の実子ではないので何故?とも思うのですが(^^;
日本書紀においては丹波道主命の娘で日葉酢媛命と竹野媛は姉妹に・・・。
そのあたりのことはよく解りませんが日下部氏と竹野神社の関係性が
少し見えるような気がします。

 

京都府京丹後市丹後町宮  巫女屋敷跡

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

タグ: , , ,

『一気に纏めて戦国武将の墓参り』金剛峯寺奥之院

2016年3月17日 / 神社・歴史, 紀伊の神社

いつもは神社ばかりでお寺には殆ど行きませんが
一度でいいから高野山に行きたいと思っておりました。
時間が殆ど無かったので強行軍ではありましたが行ってまいりました。

 

目的はなんといっても奥之院!

 

1382

 

ここからスタートしたのですが僕は結構な
方向音痴でしてただまっすぐの2kmの道のりなのに
道に迷ってしまいました(><)

 

1383

 

伊達家は一族で固まってるようで隣には宇和島藩がありました。

1384

 

加賀百万石の前田家。

 

1385

 

薩摩島津家の墓所。別に島津家久・光久の墓所は別に有ります

 

1387

 

日向秋月家の墓所。秋月家は秋月氏の祖は、平安時代に伊予で反乱を
起こした藤原純友を討伐した事により九州に所領を与えられたのが始まりです。

 

1388

 

武田氏最後の当主、武田勝頼の墓所です。綺麗に手入れがされてます

 

1389

 

石田三成墓所

 

1390

 

戦国武将ではありませんが”東の渋沢””西の松本”と呼ばれた政商です。
松本重太郎翁は京丹後市丹後町間人の出身です。京都の呉服商に丁稚奉公に
そこで修行で力をつけ大人物になりました。

 

ここにあるように南海電鉄の創始者だけでなく名だたる企業の立ち上げています。

1391

 

途中、姿見の井戸というのがあるのですが
井戸を覗いて自身の姿が映らなければ3年以内に死ぬとか・・・(゜o゜;
一応、移りましたので3年間は大丈夫のようです(^^;

 

1392

 

意外や意外!信長公の墓がこんなに小さいとは・・・。
各地の大名の墓所に比べて遥かに小さいです。信長の
紀州攻めが尾を引いているのでしょうか??

隣の筒井順慶の墓と大きさが変わりません。筒井順慶は
本能寺の変後、親交の厚かった明智光秀は順慶の加勢を
期待して洞ヶ峠に陣取るが順慶は静観。
洞ヶ峠=日和見主義の語源となった人物です。

 

 

1393

 

一番凄かったのは徳川秀忠の石廟でした。完全に石の家と行って良いくらいですね!

 

 

1395

 

ここから先の御廟は写真撮影は✕です。空海が今でも瞑想をしていると言われる
神聖な場所です。

 

不思議に思ったのですが大半の大名家の墓所には何故か鳥居があります。
なんででしょうね??

 

滞在時間1時間半でしたらから奥之院くらいしか行くことが出来ず
奥之院も半ば早歩きで・・・。ホントはまる一日くらい掛けてジックリと
周りたいそんな場所ですよね。高野山

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

&nbsp

タグ: , , ,

『新選組の礎を作った男』大虫神社

2016年3月14日 / 丹後の古墳・史跡, 丹後の神社,

 

1378

 

明治維新の火付け役であり新選組の基礎を作った人物で
清河八郎という人物がいます。頭も切れ昌平坂学問所で学び
後に清河塾を開く、そこには山岡鉄舟をはじめ各地から憂国の士が
彼のもとに集まります。文武両道で北辰一刀流の免許皆伝の腕前でもあります。

詳しいことは覚えてませんが小説?の影響なのでしょうか?どうも僕の
イメージが良くないんです(^^;変節漢的な扱いをされてたんじゃないかと・・・

 

でも清河神社と言う清河八郎が祀られる神社が出身地にあるくらいで
ホントは人々に尊敬されるに値する素晴らしい人物ではなかったのか?
と思い藤沢周平の清河八郎を描いた回天の門という本を買ってみました。

 

この本に出てくるのかどうかは解りませんが清河八郎は
安政二年(1855年)に母を連れて諸国を漫遊しています。その時に
丹後の地にも足を運んでいます。その事が彼の残した
記録『西遊草』に出てきます。

 

1377

 

1379

 

与謝郡の温江に母を連れて大江山まで来ているそうです。
この温江で大きな神社といえば大虫神社です。大己貴命と少彦名命の伝承
麻呂子親王を助けた白い犬が持つ鏡がここ大虫神社にあった言われています。
丹後でもとても古い神社で様々な伝承がある神社ですから清河八郎が
素通りしたとも思えず、また、大江山に登った際に元々、大虫神社が
あった池ケ成にも行ってるのかもしれません。

 

清河八郎は丹後へ来た際に誰に会ったのでしょうね?

 

 

御祭神 大己貴命

京都府与謝郡与謝野町温江字虫本1821  式内名神大社・旧府社 大虫神社

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

 

タグ: , ,

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK