カテゴリー「神社・歴史」の記事

女の子が神社へ詣ると美人になります。

2015年1月29日 / 神社・歴史

これ、間違いありませんで!
だって神様が言うとんなる様なので間違いおまへん!
昨日、ふらりと寄った神社で見つけちゃいました。


厳島神社の宗像三女神が言うとんなるんですから
皆さん、神社へ行きましょ!(^^)神社へ行ったら
御朱印帳を持った神社女子いっぱいおんなります。

その中に混ざって僕も御朱印を頂くわけですが…。

宗像三女神と言うのは天照大御神と素盞嗚命との
宇気比(古代日本で行われた占い)で素盞嗚命の
十拳剣から生まれた多紀理毘売命(タギリヒメノミコト)
奥津島比売命(オキツシマヒメ)市寸島比売命(イチキシマヒメ)の
三女神を指します。

さぁ!皆さん美人になりましょう!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

『赤ちゃんの初土俵入り』山王宮日吉神社

2015年1月24日 / 丹後の神社, 神社・歴史

毎年、体育の日になれば必ずテレビのニュースを賑わすのが
山王宮日吉神社の『初土俵入り』相撲とはスポーツではなく
神事です。初土俵は目に見えない神様と相撲を取る事だそうだ。

実際に取られているかどうかはわかりませんが丹後の神社でも
土俵をちょくちょく見かける事があります。

土俵に掲げられた案内板に書かれていたのですが初土俵の祭礼は
杉末神社の祭礼だそうで。この杉末神社というのは延喜式神名帳に
記載される式内社としては宮津市街地辺りでは唯一にな古社です。

今は山王宮日吉神社の摂社として小ぢんまりとお社が建っていますが
丹後州宮津府志によると敏達天皇元年(538年)に大和の三輪山より
与謝郡の杉末に降った。今は山王社の傍らに摂社としてあるが元は
杉末神社を祀っていた地だと書かれています。降ったというのは
恐らく、大物主命のことでしょうね。山王宮よりも杉末神社の方が
文献通りだとすれば古いことになります。

山王宮日吉神社は境内の真ん中に

拝殿は銅葺きですが本殿は茅葺きでとても立派です(^^)

拝殿の”武神”の文字お見事ですね!
この神社の主祭神は大己貴命。この神様は大国主命が
もっとも有名な名ですがたくさんの名前を持ちます。その1つに
八千矛命(ヤチホコノミコト)矛は武力の象徴であり武神として
の性格を表しています。

山王宮日吉神社と隣り合わせに如願寺があります。




素晴らしい本堂です。如願寺が鎮守として近江坂本の日吉大社から
山王権現を勧請したとする説があり、その後山王社の勢いが増し、
杉末神社が追いやられたとも…。山王権現は天台宗と神道が
結びついたものですが如願寺は真言宗なのはなぜでしょ?

その後、明治期の神仏分離により、山王社は日吉神社と名前を改め
仏教色は排されましたが山王社の名は今までずっと残っております。

御祭神 大山咋神、大己貴神
京都府宮津市宮町1376  宮津山王宮日吉神社

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

『心和む光景』和貴宮神社

2015年1月22日 / 丹後の歴史, 丹後の神社, 神社・歴史

宮津の街なかに佇む和貴宮神社へ
久しぶりに参拝に行ってきました。

そこには心和む光景が

子供たちの自転車があるじゃありませんか?
僕らが小学校低学年の頃はよく外で遊びました。
近くの神社の境内が遊び場でこんな感じに自転車を
停めて遊んでた事を思い出しました。

今から思うとファミコンの登場とともに
こういう事をあまりしなくなったような…。
今の子供達の外遊び事情はどうなのでしょうか?

本殿の隣には大きな磐座があります。
磐座フェチの僕にとっては萌え萌えですね(*^^*)
これは和貴宮神社の御神体です。

これは波越磐と言われ和貴宮神社の社殿が建立された
当時、ココが海岸線だったんです。今は埋め立てもあり
ミップルが海岸線ですが当時はココが海岸線だったわけです。

和貴宮神社にはたくさんの御祭神が祀られています。しかも
大物が多いです。それは何故だろうと思っておりましたが
それは丹後国一宮籠神社の総社だからですね。

丹後国一宮別宮総社とあります。だから別名『分宮神社』
それが和貴宮神社となったんでしょうね。以前、ある方に
教えてもらったのですが国司が派遣されてやってくる時、
一宮、二宮…と国内の神社を全て詣でていたそうです。
しかし、それを回るのは結構な労力。なのでその国の主要な
神様を集めて国府の近くに祀っているのが総社だそうです。
と考えたたら波越磐があるのも解る様な気がします。
船で横付けして参拝できます(^^;

あと一つ気になるのが最後の我野姫命(カヤノヒメノミコト)
伊邪那美命と伊邪那岐命との間にうまれ草(萱)の神、とされますが
イマイチ誰ピンときません。この我野姫命との関係性も…。
以前、参拝した時に宮司さんに教えていただいたのですが神社に
残る書物によると神社はこの地へ遷宮してきたそうで歴史は500年代に遡るとか。

ハッキリとしていないのですが与謝郡には延喜式神名帳に
記載される式内社に吾野神社と言うのがありますがこれが
何処なのかがハッキリとしない…。同名の神社は加悦町の
天満神社に摂社として吾野神社があります。その祭神に…。

我野姫命がいるわけです。元を辿れば加悦に繋がりそうですね。
もっと辿れば朝鮮半島の古代国家『伽耶』からやってきた姫かも
しれません…。

さてこの和貴宮神社はいったいどんな神社なのでしょう。
単に総社だけとは考えにくいですよね。面白い神社です。
そうそう、御朱印も頂くことが出来る神社なので是非、
頂いて下さい。ダイナミックなたくましい字です(^^)

御祭神:豊受毘売神、國常立尊、天水分神、天照大神、伊邪那岐神、伊邪那美神 、天御中主神、海津見命、猿田彦神、我野姫命

京都府宮津市宮本428  丹後国分宮総社 和貴宮神社

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

行きたい神社『サムハラ神社』

2015年1月16日 / 摂津の神社, 神社・歴史

この字で『サムハラ』とはなかなか読めませんよね?
読めたら凄すぎますよ。だって、神代文字ですから(^^;

歴史的な経緯はよくわかりませんが
元々、岡山県の津山にあった小さな荒れてる祠を嘆いた
田中富三郎という業界の先駆者が復活させて、
やがてそれが大阪の立売堀へやってきました。
今でも岡山に元宮があるそうですが何故、大阪へやってきたんでしょうね?
立売堀といえばネジ屋さんが立ち並ぶ下町的な雰囲気を残す雑多な街です。

そのサムハラという字は何を指しているのか?
語源はサンスクリット語の三跋羅(サンバラ)で戒律を意味する
言葉だそうです。この言葉には身を守ると言われており
これによって救われた人間が多数いるそうです。

戦国武将の加藤清正の刀には”サムハラ”の彫り刻みその言葉を
信じていた為、絶体絶命の朝鮮出兵でで命をおとさずに済んだとも…。

この神社は背中を押されて行った様な感じがします(^^)
皆さんもこちらへ来る機会がありましたら立ち寄ってみては如何でしょうか?
なんか、普通の神社と少し違った感じがします。
それが何処なのかはよくわかりませんが(^^;

参拝の証に御朱印もいただいてきました。

御祭神:天御中主大神、高産巣日大神、神産巣日大神
大阪市西区立売堀2-5-26   サムハラ神社

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ:

『偶然に見つけたパワースポット』兵主神社

2015年1月13日 / 丹波の神社, 神社・歴史

最近、遠出の時は意識して早く出発し
下道を走るようにしています。何故なら…

『高速道路には神社がないから』

下道を走っているといろんな神社が
おいで~おいで~してくるので時間が足りません(><)

そんな出会から、近くへ来るたびに参拝している
兵主神社。いやぁ~!参道も長くて本殿もいい!
こんな珍しい摂社もあります。

酪農神社なんてココ以外では見た事がありません。
社務所の前を過ぎ更に行くと珍しいものが!


杉玉があります。杉玉といえば酒蔵をイメージするのですが
何故、神社に酒蔵なのでしょうか?その疑問を宮司さんに
お尋ねすると祭神である少彦名神は薬の神と言われています。
与謝郡にある少彦名神が祀られる小虫神社に伝わる話からも
少彦名が薬に関わる所以が見えてきます。

昔の言葉に『酒は百薬の長』という言葉がありますが
少量の酒は薬になります。酒と薬の関係で杉玉が昔から
飾られているそうです。

参拝が終わると本殿の脇を通り、裏手へ向かいます。


神社の裏というのはとても大事な場所です。
神社の裏手には鎮守の杜的な神域であったり
小さな祠や摂社、末社があったりします。

神社は歴史に翻弄されながら過去に祭神を
変えている事があります。古い神社ほど
その回数も多いんじゃないでしょうか?

神社の裏の方にある小さなお社や祠には
元々、祀られていた神様や昔からこの地に
祀られていた神、一族の先祖が祀られている
事があります。

裏の森のなかに入って行くと!

これが兵主神社の御神体です!
兵主神社がこの地にやってくるずーっと昔から
自然崇拝といったような形で信仰され大切に
されてきたのでしょう!シャーマンが居てここで
祭祀が行われていたのかもしれません。

この磐座を見たくて僕はココへちょくちょく来ます(^^)

大国主神や少彦名神が祀られているので
出雲と何らかの縁があるのでは?と思っていたのですが
奈良の大神神社と縁が濃いそうです。また、近衛家との
繋がりも深く、近衛家からの献上品が多数あるそうです。

オススメの神社ですので是非どうぞ!場所は氷上高校を
目指すと隣にありますので解りやすいかと思います。

主祭神 大名持大神(大国主神)、少名持大神(少彦名神)、天香山大神、恵比須大神
兵庫県丹波市春日町黒井2967  式内社 兵主神社

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK