カテゴリー「神社・歴史」の記事

丹後六大社の1つ『大川神社』

2014年10月26日 / 丹後の神社, 神社・歴史

舞鶴市の由良川のほとり一際、大きな神社があります。

一番最初に目に飛び込んでくるのはやはり
この茅葺きの社務所?それとも宮司さんの
お住まいなのかは解りませんがこれは素晴らしいです。
屋根のコケの生え具合など最高ですね(^^)

一の鳥居から本殿までの道のりは微妙に
ジグザグ形になっており、石垣でガッチリと
固められている様な感じがします。まるで
城塞のようです。

この朱塗りの両部鳥居(二の鳥居)も威厳があります。

神社の裏手は山。そりゃ、猪、熊、鹿だっています。
秋の野山はスズメバチにも気をつけなくちゃなりません。
田舎の神社へ行くには命がけ!(^^;

御神木、大ケヤキ必見です!素晴らしいです。

いつも気になるのですがとんでもない場所に
貼ってある”千社札”どうやって貼るのでしょう?
真夜中こっそりとはしごを持ち込んではるんでしょうか?

拝殿も流石、規模が大きいです。神社彫刻は大原神社っぽい?
丹後には大社が七座あります。籠神社(一宮)大宮売神社二座(二宮)
大虫神社、小虫神社、竹野神社、そして大川神社。で竹野神社以外は
名神大社でその中の1つに当たる神社です。当然、歴史も古い神社です。

おもしろいのが大川神社の社伝。凡海郷様のHPより抜粋させて頂きます。

顕宗天皇の元年三月に、由良川域の漁師野々四郎が漁を営んでいたところに、
『金色の鮭に乗り、右手に五穀の種、左手に蚕を携えた神』が川下から現れて、
野々四郎に「当地に鎮座したいので社殿を造営せよ」と託宣したのが大川神社
の起こりだそうです。

神社の創建は485年とかなり古いです。右に五穀の種、
左に蚕を携えた神が海(由良川河口)からやってきたとなります。
五穀豊穣、養蚕、だから主祭神が保食神(豊受大神)なのでしょうね。
ですから、この辺りの由良川流域の丹後・丹波地域では鮭を捕獲して
食することを禁じている地域があるそうです。

その鮭に乗ってやってきた神様というのが
なんと冠島からだそうで・・・!興味深いですね!

冠島といえば籠神社の御祭神、彦火明命降臨の地です。
徐福上陸の地、新井崎神社も冠島の方を向いている様に
見えます。また出口王仁三郎の修行の地です。ここには
何か丹後の秘密が隠されているのでしょうか?

御祭神 保食神
相殿  句句廼馳神(木神)、軻遇突智神(火神)、埴山姫神(土神)、金山彦神(金神)、罔象水神(水神)
京都府舞鶴市大川徹光山169-1 名神大社 大川神社

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

神聖なる稲刈り『月の輪田』

2014年10月18日 / 丹後の古墳・史跡, 神社・歴史

今朝、早くに たなち~母ちゃん から連絡を貰いました。

『知ってる?今日は月の輪田の稲刈りやで!』

子供を保育園に送ったら急いで月の輪田に向かいました。
丹後には色んなスポットがありますがその中でも月の輪田は
特に好きな場所でもあります。

月の輪田に向かう前に比沼麻奈為神社の豊受大神の所へ
行ってから月の輪田に向かいました。

新しく石碑が出来てますね。ここは豊受大神が元々、鎮座されてた
神社と言われております。

そして、月の輪田へ!もう、稲刈りが始まっておりました。

古代米がたわわに実っております。
これも五穀豊穣の神、豊受大神のお陰でしょう!
今年は日本各地、豊作のようですね(^^)

こちらは月の輪田。
先程の隣の田との違いにお気づきになられました?
お話を聞くと稲の穂の育ち方が全然違い、完全に稲が
寝てしまってるそうです。月の輪田の稲の方が高く
伸びてるのです。畦を1つ挟んでるだけなのにこの違い…
これも神がかり的な力なのでしょうか?

僕はそう合って欲しいな!と思っております(^^)

月の輪田の隣から二本松稲荷神社に祀られる
稲荷大明神がそっと見守っております。

やっぱし、神聖なるお米は稲木干しですよね!
今年も伊勢の内宮におられる豊受大神の元へこのお米が
届けられるのかどうかはわかりませんが豊受大神は
きっと故郷の美味しいお米を食べたがっているんじゃ
ないかと思います(^^)

月の輪田の事は書いておりませんが月の輪田復活の取り組み
ついてはこちらのHPにて紹介されていますので是非、ご覧ください。

京都府京丹後市峰山町二箇小字二本松   月の輪田

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

雲海の名勝『大江山鬼嶽稲荷神社』

2014年10月12日 / 丹後の神社, 神社・歴史

雲海といえば竹田城。天空の城なんて言われておりますが
ココ大江山鬼嶽稲荷神社から見下ろす雲海も最高ですが・・・

残念な事に行ったのは先月の早朝…。行くなら今頃ですよね(^^;

社殿はとても立派です。ココの神社は19世紀に
伏見稲荷神社より分霊を勧請して鬼嶽(おたけ)稲荷神社と
名前が変わりました。元々は御嶽(おたけ)神社という名前
だったのです。社伝ではによると四道将軍として当地へ来た
丹波道主命が、父、日子坐王の旧蹟に神祠を建立した と伝えている。
(土蜘蛛を討った日子坐王を崇め建立。)では元々の祭神は
なんだったのでしょう?摂社には大国主命、事代主命が祀られているようですが
与謝郡には大国主命などの出雲系の祭神が祀られる神社が
結構ありますのでそういったこととも関係があるのか・・・?

大江山は修験道の場でそういった遺跡も残っているようです。

鬼の洞窟にも行きたかったのですが履いていた靴が
よく滑り、谷に落ちてしまいそうだったの途中で引き返しました(><)

ココは大江山の八合目。ここから千丈ヶ嶽を目指すことが出来ます。
また鬼嶽不動尊など滝、坂田金時の逆さ杉。見どころ満載なのです。
ハイキングには持って来いですね!近くには元伊勢皇大神社、元伊勢豊受大神社
天岩戸神社と神社スポットが集まっていますので合わせて参拝されるといいですよ(^^)

与謝野町与謝の与謝峠に登る直前の信号の所で
こんな鳥居を見たことがありませんか?ここは神社の様な感じですが
肝心のお社がありません。鬼嶽稲荷神社の一の鳥居、遥拝所とも
言われています。

この大江山は丹後の歴史において重要な3つの鬼伝説があります。

①日子坐王が陸耳御笠を討った伝説(丹後風土記残欠)
②麻呂子親王伝説、麻呂子親王が英胡・軽足・土蜘蛛の鬼を討った伝説
③源頼光が酒天童子を討った伝説(坂田金時は源頼光の家来)

悪さをする鬼を退治したという話なのですが実際のところは
時の調停の言う事を聞かない抵抗をした丹後の民を攻め滅ぼした話です。
『たたら』製鉄技術の奪取と大江山は丹後と丹波を繋ぐ交通の要衝でもあります。
元々は丹波・丹後・但馬は1つの国、大丹波王国。大陸の優れた
文化を取り入れ独自に発展をしてきた地域だったのです。

何時の時代の歴史も負けたものは悪となってしまうわけです。

御祭神 宇迦之御魂神
京都府福知山市大江町北原  大江山鬼嶽稲荷神社

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

ちょっとドキドキ・・・『稲荷神社』

2014年10月4日 / 丹後の歴史, 神社・歴史

今日は宮津でお仕事。宮津にやってくる時に
ちょくちょく寄らせて貰う僕のお気に入りの神社です。

スピリチュアルだとか
歴史的に何かあるとか
そういう事ではありません。

参道をKTR宮津線の線路が横切ってるので
参拝をするには線路をまたがないといけません。
それがなんだか入ってはいけない所に入る
感じがしてちょっとドキドキするからです(笑)

線路と神社なかなか良いロケーションじゃないですか!(^^)
神社からは宮津の町並みを見ることが出来ます。

まだ、一度も車両が目の前を走るのを見たことは
ありませんが一度見てみたいですね。1時間に1本ですから
滅多にお目にかかることが出来ませんね。

この稲荷神社、頭に◯◯稲荷神社と名前が付いていると
思いますがリサーチ不足で解りません。由緒や名前が
ご存知の方がいらしたらお教え下さい(^^)

御祭神 宇迦之御魂神?
京都府宮津市川向1449-9   稲荷神社

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

土蜘蛛が眠る場所でゴミ拾い『立岩』

2014年9月29日 / 丹後の古墳・史跡, 神社・歴史

昨日は京丹後市商工会青年部主催のイベントで
京丹後市内の小学生たちと海岸清掃をしてきました。
砂の上というのはなんと歩きにくい事でしょう…(^^;

疲れますね。そして日差しもつよいし…。
帰ってから仕事をするつもりが居眠りしてしまいました。

先日の台風の影響なのでしょうか?
例年に比べて目立ったゴミが少なめのようです。

休憩中の一コマ。
地元の少年野球チームのみんながユニフォームで
参加してくれました(^^)我ながら良い写真かと

これが『立岩』です。丹後の歴史的名勝ですね。

何故なのか?ここには『土蜘蛛』と言う鬼が封じ込められ
眠っている場所です。土蜘蛛は丹後の鬼伝説の鬼にあたります。
表向きには鬼は里に降りてきて悪さをする悪の象徴の様に
言われますがそうではありません。鬼は製鉄技術集団の事を
指しています。鬼の顔が赤いのは製鉄に火を使うからです。
丹後の製鉄技術を奪いに来たのです。

鉄の民。製鉄集団です。鬼が金棒をもってますね。
鉄を持ってるって事なのでしょう。

伝説上は…

大江山に、英胡(エイコ)・軽足(カルアシ)、土蜘蛛(ツチグモ)の
三鬼を首領とする多くの鬼が棲み、丹後はむちゃくちゃに
なっていた。そこへ聖徳太子の異母弟、麻呂子親王が鬼退治に
やってきたわけです。

土蜘蛛以外の鬼は討ち取られてしまいました。土蜘蛛は生け
捕りに…土蜘蛛は他の仲間の助命を懇願した。そこで出された条件。
一晩のうちに七体の薬師如来像を安置する寺を立てたら命を
助けるという。土蜘蛛は7つの寺を建て、その後この岩に封じ
込められたのです。

立岩のある丹後町間人(たいざ)。穴穂部間人皇女にちなむ地名です。
この皇女は聖徳太子の母です。蘇我氏と物部氏との対立を避けて
ここへやってきたとも言われています。丹後というのは物部氏が
繁栄していた土地。麻呂子親王が攻めてきて薬師如来像を安置
する寺を建てさせました。鬼退治伝説の側面には仏教を巡る
攻防戦もあったのかもしれませんね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご連絡をいただけると幸いです。
不定休、諸都合等で休みの場合がございます。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK