カテゴリー「丹後の神社」の記事

『神宿るカツラの木』有徳神社(福知山市)

2017年7月24日 / 丹後の神社, 神社・歴史

先日、中学生・高校生の頃の同級生がお店に
来てくれました。20年ぶり以上に会った彼は随分と
心も体も丸みを帯びた優しい雰囲気の良き父になっていた。
僕も負けずに丸みを帯びて腹が出てますが…(^^;

そんな彼が地元の歴史の事をネットで調べててここへ
辿り着いたらしい。面白い事があるもんです。
ただ、僕の情報は大したことがないのでキッチリと
調べてるのならそれが申し訳ないのですが(^^;

 

神社に行くと色々とみるものがあります。
鳥居、社殿、灯篭、狛犬…。これらは人間の作り上げた
ものでありそれはそれで美しかったり圧倒したりと
面白いものなのですが

 

『御神木』

 

これは生きているので生を感じる事が出来、
より一層、迫ってくるものがあります。

 

 

生命の力強さを感じます。根本は朽ちているのにも
関わらずえだばえ力強く生きている。しかも夫婦になってます。
この力強さに僕は圧倒されてしまいました。写真では
その雰囲気は伝わりにくいかと思いますが実際に
見てみると凄さを感じることが出来ます。

 

この神社がある『天座』という集落は天照大御神が
降臨したと言われ、御座磐と言う磐があるらしい。
集落自体がそういう場所なのかもしれませんね。

 

 

社殿の彫り物も細やかで素晴らしい。

 

気になるのが御祭神ですが詳しいことはわかりませんでしたが
鎌倉権五郎景政とも言われているようです。鎌倉時代に片目を
射られながらも奮戦した桓武平氏の武士です。片目と言うのが
キーワードで御祭神は天目一箇神や金山彦神などの鉱山神や製鉄神と
重ね合わさってるのではないでしょうか?天座は大江山の麓の
集落です。大江山周辺には鉱山が点在しています。

 

御祭神:不明
京都府福知山市天座  有徳神社

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , , ,

『意地悪老夫婦は何者?』藤社神社内摂社和奈佐夫婦祠

2017年5月27日 / 丹後の神社, 神社・歴史

このブログで一番最初に紹介した神社『藤社神社』の
本殿の裏には一般的には見かけない御社といいますか
祠があります。

 

2070

 

和奈佐夫婦。この夫婦は日本最古の書物に残る
丹後国風土記逸文にある羽衣伝説に出てくる
老夫婦だ。この老夫婦は天女の羽衣を隠し、
天女に我が子になることを懇願し一緒に暮らす
事になる。天女の織る織物、作る酒によって
富を築くが天女を追い出してしまいます。

 

この伝説の中に描かれる和奈佐夫婦はそのまま
受け取ればとんでもない悪者なのだ…(^^;
しかし、そこは額面通りに受け取ることは
出来ません。この老夫婦は一体何者なのか?

 

和奈佐の和奈は『罠』『網』と言った鳥獣を
捕る仕掛けであったりそれに長けたものを指すそうだ。
京丹後市で言えば『網』という地名が付くのは
網野ですね。「網野神社明細帳」に、白鳥を
捕らえようと網を張った地を以後「網野」と
いったとあります。

 

日本書紀や古事記に出てくるのですが
垂仁天皇の皇子である誉津別皇子は言葉を話す
事ができなかったのですが白鳥(コウノトリとも)を
みて「あれは何という鳥か?」と言葉を発しました。
それを喜んだ垂仁天皇は喜んでこの鳥を捕まえる事を
命じます。それが先ほどの網野の地名の由来だ。
和奈佐はそういったことを関連性があるのかもしれない。

 

また、先日買った『日本新祇由来辞典』を調べてみると
和奈佐というのは豊宇賀能売神を奉斎していた神人集団の
事で彼らが丹後へやってきたとも書いてある。

 

ハッキリとしたことは判りませんが和奈佐とは一体
何者であったかということが分かれば日本最古の
羽衣伝説の事がより判るのかもしれませんね。

 

 

御祭神:和奈佐夫婦
京都府京丹後市峰山町鱒留540  藤社神社内摂社和奈佐夫婦祠

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

タグ: , ,

『狛魚?狛鯛?』八幡神社(与謝野町四辻)

2017年5月17日 / 丹後の神社, 神社・歴史

仕事の帰りにいつもの悪い癖で神社へとふらりと
立ち寄ってみました。そこは子供の頃、親父に連れられて
祭りの夜店に行ったきり。30年以上行ったことが
ありません。その記憶も華やかな出店の灯り。僕らが
子供の頃の祭りの夜店は今と比べても出店数が随分
多かったんです。

 

3092

 

この石垣の建物が社務所か神職さんのご自宅かと
思っていましたら曹洞宗八幡山宝泉寺。お寺なんですね。
江戸期までは住職が八幡神社の別当職だったようです。

 

一の鳥居の横の狛犬。相当大きいです。
丹後の中でも倭文神社、竹野神社が大きいですが
それと同じくらいそれよりも大きいかもしれませんね。

3093

 

構え獅子です。献納は明治期でした。これは四辻がその当時
反映していた証でもあるかと思われるくらいに大きく立派です

 

3095

 

この石灯籠は国指定重要文化財の石灯籠。
南北朝時代のもので大宮売神社や溝谷神社の石灯籠より
若干新しいですが丹後の中でも古い石灯籠に数えられる
のではないでしょうか。

 

さて…。
ここからが興味深いところ

 

3094

 

犬ではありません!魚です!!台座には波頭まであります。
摂社の蛭子神社ですのでこれは鯛なのじゃ??と思うと
なんとなく鯛に見えてきます。(´艸`*)

 

3096

 

それがまたなかなか立派な彫り物で
赤鬼まで居てます。丹後っぽくないお社です。

 

3097

 

当然、八幡神社本殿もなかなかの作りです。
四辻の当時の勢いを感じます!

 

ちなみに戦国期、八幡神社の裏手の山には四辻城があり丹波一大勢力を
築く”丹波の赤鬼”と言われた荻野悪衛門一族の居城だったようだ。
丹波の勢力がここまで出っ張っていたという事なのでしょう。

 

御祭神:誉田別命、神功皇后、武内宿禰
京都府与謝郡与謝野町小字上谷 村社 八幡神社

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

タグ: , ,

『磐に何を感じますか?』大命神社

2017年5月8日 / 丹後の神社, 神社・歴史

皆さん、磐座を見ると何を感じられますか?
僕には何かを感じる力はありませんので神秘的な事は
ありませんがあるイメージをします。

 

昔の人が自然信仰の対象として磐座を大切に
しているシーンを。昔の人は山であり磐であり木であり
そういった自然に対して崇敬の念を持ってたのだと思います。

 

僕が仲良くさせて頂いている神職さんにご紹介
して頂いた神社は僕が全くのノーマークで存在すら
知らない神社でした。与謝野町石川にある他の神社は
行ってるのにここだけは。。。そして、とても
素晴らしい神社だったのです。

 

3067

 

森の中に伸びる参道。とても清々しく

 

3068

 

150mくらいでしょうか?
歩き続けると鳥居がみえてきます。

 

3072

 

お社が見えてきましたがこの後ろに何かが…

 

3073

 

大きな磐座が!これが御神体なのでしょう?
詳しい社伝や言い伝えはは分からないので詳細は不明ですが
何かあるんじゃないかな?と思います

 

3071

 

社伝にこんなものが。恐らくおみくじかと

 

3069

 

狛犬はかっこいい構え獅子!

 

この神社のご祭神は何故か用明天皇。丹後とどんな縁があるのか?
詳しい方に教えてもらうと用明天皇の第三皇子が金丸親王らしい。
金丸親王は別名麻呂子親王。麻呂子親王と言えば丹後の鬼退治伝説。
用明天皇と丹後がつながりましたね!

 

 

御祭神:橘豊日命(用明天皇)
京都府与謝郡与謝野町石川小字慈観寺 大命(オオメイ)神社

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

タグ: ,

『元々は九丹大明神』九柱神社

2017年4月25日 / 丹後の神社, 神社・歴史

峰山町新治に佇むとても雰囲気のよい神社で氏子さん達に
大切にされているのがよく伝わってきます。
境内は決して広いわけではありませんが三の鳥居まであります。

 

3049

 

神社の名の通り、九柱ですから神様が九柱祀られています。

 

4051

 

拝殿を覗いてみると九柱の神の名前が
綿津見神の三柱と住吉三神に禍を祓う神が三柱に
計九柱が祀られていますが元々の祭神は九丹大明神だそうです。
こちらの神社の血を引くかたに教えて頂きましたが
何故、九丹大明神なのかは不明とのこと。ここにだけ
祀られる新治の神様なのでしょう。

 

峰山郷土誌によると
この神社は長徳4年にはこの神社の境内社として祀られる
水無月大神と九丹大明神は既に祀られていたらしく
古くから続く歴史ある神社です。
祀られていた九柱も今の名の神様ではなく
近隣の神社の神様から御霊分けされ祀られています。
明治期に御祭神が入れ替わったのかもしれませんね。

 

4050

 

御祭神:底津少童命、底筒男命、大直日神、中津少童命、中筒男命、神直日神、表津少童命、表筒男命、八十柱津日神
京都府京丹後市峰山町新治21  旧村社 九柱神社

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

タグ: ,

2 / 161234...1015...最後 »
ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK