カテゴリー「丹後の神社」の記事

須勢理毘売命に会えない天羽槌雄神『倭文神社』

2014年4月12日 / 丹後の神社, 神社・歴史

与謝野町三河内というところに丹後建国(分国)
よりも古い和銅三年(710年)創建の神社があります。

境内には古墳まであります。

狛犬がかなり立派で高さは1mくらいあります。
ちょっとした大型犬くらいですね。丹後では
結構大きい部類にはいるかと思います。

本殿、拝殿共にかなり立派です。流石、歴史と由緒の
ある神社ということを十分に醸し出しています。

この倭文神社に祀られている天羽槌雄神(あめのはづちのおの
かみ)は織物神です。天照大神を天の岩戸から誘い出すために、
文布(あや)を織ったとされる。文布は倭文布とも倭文とも
書きます、別名、倭文神そこから『倭文神社』と名前が付けら
れているのでしょう。丹後の絹織物へと繋がるのかもしれません。

川を挟んで須代神社と言うのがあります。ここに祀られている
のが須勢理毘売命。須勢理毘売命は須佐之男命の娘であり、
天羽槌雄神の妻でありました。ところが古事記にも出てくる
話ですが須勢理毘売命は大国主命の妻となります。天羽槌雄神
は離別してしまいます。倭文神社の祭礼は離別した須勢理毘売命を
恋しく思い、天羽槌雄神が須勢理毘売命が休憩されるとされる
松の木に向かって『お~い、お~い、お~い!』
と声を掛け呼び戻しに行く祭りのようです。

天羽槌雄神と須勢理毘売命が引き裂かれてしまった理由は
何なのでしょう?

同じ丹後でも京丹後市の竹野川流域と言うのは豊受大神の
祀られる神社が多いのですが山を超え与謝野町の野田川や
加悦に来ると大国主を始めとする出雲色が濃くなります。
(大虫神社は大国主命、小虫神社は少彦名命、須代神社は
須勢理毘売命など)

これも僕の勝手な妄想ですが出雲系の勢力と権力闘争で
あったり民族の融合があったのでは?ないかと。この
倭文神社の祭礼はその一片を物語る伝承なのかもしれませんね。

御祭神 天羽槌雄神 
京都府与謝郡与謝野町三河内1453  倭文神社

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

祭りのあと『金刀比羅神社』

2014年4月10日 / 丹後の神社, 日々の話, 神社・歴史

昨日、金刀比羅神社では春季大祭が行われました。
境内には夜店がズラリとならび、僕たちは子供の頃から
この祭りをとても楽しみにしておりました(^^)

 

子供らを祭りに連れて行ってやろうと思っておりましたが
仕事の手が離せず、おじいちゃんに連れて行って貰う事に…。

 

 

でも、僕自身がどうしても参拝に行きたかったので
今朝ほど、子供を保育園に送り届けた後に行ってきました。

 

 

 

今日はもう後片付け。昨晩とはガラリと様子が違います。
金比羅神社は1811年に峯山藩7代藩主京極高備公が金刀比羅宮の
ある同族の京極家が治めていた丸亀藩、多度津藩の斡旋により
御分霊を勧請することができ建立された神社です。金毘羅権現は
日本一社の掟があり、掟を破っての特別の御分霊だそうです。

 

 

 

金毘羅権現と言うのは元々、インドのガンジス川に棲む鰐が
神格化したクンビーラという水神であるとされています。
ガンジス川の女神ガンガーがクンビーラに乗っていたことから
クンビーラは海上交通の守り神として信仰されてきました。

 

 

 

この金刀比羅神社にも漁師さんからの信仰が厚いのには
そう言った意味があるからだと思います。

 

 

 

神社の歴史としては浅いかもしれませんがこの地にこんなに
大きな神社が建てられたのには無意味なのではなく何か深い
意味があるような気がします。

 

 

長い階段を登ると立派な社殿があります。丹後内の神社で
ここまで大きい物はそう数はありません。金刀比羅神社の
境内図を見るとその規模の大きさがよく解ります。

 

 

そして、この裏手の細道を登って行くと愛宕神社があります。
その近辺からは石棺や土器、鏡、鋤、鍬、鉄器、珠…。
古墳が色々とある訳です。きっとココに金刀毘羅神社が
しつこいようですが建てられたのは何か意味があるような
気がします。妄想ですが(笑)

 

 

 

お賽銭の一円玉が水に浮いておりました(^^)

 

御祭神  大物主大神
京都府京丹後市峰山町泉1165-2   金刀比羅神社(旧府社)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

 

 

<

p style=”text-align: center;”> 

タグ: ,

丹後屈指の磐座がある『神谷神社』

2014年4月6日 / 丹後の神社, 神社・歴史

この近くに用事がありますと必ずと言っていい程
この『神谷神社』に足を運びます。と言っても
本殿の方ではありません。道を挟んで摂社、八幡神社
の裏手にある磐座がお目当てです。

だからと言って本殿が大したことが無いかといえば
決してそんなことありません。本殿の神社彫刻は
必見です!これには目を見張る凄さがあります!
京都府指定の貴重な文化財でもあります。

崇神天皇十年九月、四道将軍・丹波道主命が
勅命を受けて山陰地方を巡視された時、 武運
長久を祈願して、久美浜の地に社地を定めて
出雲国・八千矛神・天神玉命・天種子命を
祀ったのが 当社の創祀。式内社・神谷神社に
比定されている古社。

もとは、神谷小字明神谷に祀られていたが
中世の頃、戦乱にため社屋が破壊されたので
現在地の太刀宮に合祀された。

玄松子の記憶様のHPより一部抜粋させて頂きました。

といういう事はこの場所では磐座の方が先に祀られ
ていたのではないかと思います。

八幡神社の脇から細い石段を登って行くと
どんつきには小さな祠があります(どんな
神様が祀られているかはわかりませんが)

更にそこを右に折れると

磐が真っ二つに割れておりその間を通る事が
出来、ぐるりと一周することが出来ます。
僕はココを通る時が一番、ゾクゾクっときます。
そして、規模も丹後で屈指の磐座ではないかと
思います。

ココは古代祭祀場であり、近年まで女人禁制の地でした。
修験場の様に女性が立入ることの許されない信仰が
あったのでしょうか?

僕の周りでは女性がココへ行くと写真のシャッターが
切ることが出来なかったり、うちの娘が固まって動けなく
なったりするなど不思議な話を聞くことがあります。

御祭神 丹波道主命

京都府京丹後市久美浜町久美浜小谷   神谷神社

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

『日本最古の羽衣天女伝説』乙女神社

2014年4月3日 / 丹後の歴史, 丹後の神社, 神社・歴史

誰もが子供の頃、一度は聞いたことのある羽衣天女の
話。日本各地に羽衣天女の話があります。三保の松原
などが有名ですが中でも丹後に伝わる羽衣天女の話が
文書で残されたものとして最も古いそうです。

丹後には少し異なる羽衣伝説が2つあるのです。
そのうちの一つで丹後風土記に書かれているものとは
少し話が異なります。

乙女神社の天女伝説

むかしむかし比治(ひじ)の山の頂き近くに大きな美しい池があり、
その池に八人の天女が舞い降りて水浴びをしていました。  それを
見ていた三右衛門(さんねも)という里の狩人が、 一枚の羽衣を
隠してしまいまったために、天女のひとりは天に帰れなくなっ て
しまいました。天女は三右衛門と一緒に暮らすことになり、三人の
美しい女児をもうけました。  天女は農業、養蚕、機織り、酒造り
が上手で、三右衛門の家はもとより比治の里はすっかり豊かになり
ましたが、天恋しさに耐えかねた天女は三右衛門の留守中に、「お
父様は毎朝何処を拝んで出かけていくの?」と娘達に尋ねました。
娘達は家の大黒柱を指さしました。大黒柱の穴に隠してあった羽衣を
見つけた天女は、羽衣を身に着けると、駆け戻った三右衛門に「七日
七日に会いましょう」と云い残して天に帰っていきました。  しかし
その様子を伺っていた天の邪鬼(あまのじゃく)が「『七月七日に会い
ましょう』と言っていた」と三右衛門に伝えました。一年に一度しか
会えないと思いこんだ三右衛門は、天女が残していった夕顔(ゆうごう)
の種を庭に蒔いて、天女が天に帰ったことを嘆き悲しんでいました。  
するとどうでしょう。夕顔は天に向かってぐんぐん伸び始めました。
この蔓を登っていけば天に行けるかも知れないと思った三右衛門は、
夕顔の蔓を懸命に登っていき、ついに天上に辿り着きました。天上で
三右衛門は天女に会うことができました。  天上で天女と暮らしたい
三右衛門は、天帝に天上界で暮らしたいと願い出ました。天帝は天の
川への架橋を条件に出し、無事橋が架けられたら一緒に天上界で暮ら
すことを認めるとしました。  仕事を請け負った際に天帝と、橋が
完成するまでは天女を思い出さないと約束していた三右衛門でしたが、
天女恋しさのあまりついついその約束を破ってしまいます。約束を
破った途端天の川は大洪水になってしまい、三右衛門は下界へ流され
てしまいました。

凡海郷様のHPより抜粋させて頂いています。

この神社のある地域には三右衛門の末裔である
安達家には三右衛門が使っていた矢と矢筒や
羽衣伝説にちなむ掛け軸などが今でも残っています。
そそて、天女はこの安達家の庭から昇ったとも
言われているそうです。

この乙女神社には三右衛門の長女が祀られています。

さて、話は少し変わりますが川上順子さんが1995年に
書かれた『古事記と女性祭祀伝承』と言う本を一部抜粋しますと

丹波道主のこの八乙女には天から降りた天女のイメージが
重なっている。そしてまた、この乙女たちは垂仁天皇の御世に
宮中に招請された丹波道主王の女たちの末裔であったと考える
事もできるのである。すなわち、垂仁天皇の御世丹波道主王と
垂仁天皇の后妃となる道主王の女達は『神道五分書』に登場
する丹波の道主とそのこの八乙女たちの祖先であったという
考え方がなされていたのである。

8人の乙女と言うのは豊受大神を祀る女性祭祀集団では
無いのか?としています。道主王と言うの名も代々襲名
される祭祀集団の長だとも書かれています。

そして、垂仁天皇の妃としてまた神を祀る祭祀者として
宮中に喚上されています。その中で、故郷に返された女性が
存在します円野比売、歌凝比売、そして、竹野神社の齋宮に
祀られている竹野媛。

読んでみたものの対して詳しくない僕にはちゃんと理解は
出来ていませんが(もっと勉強せなあかんですね)・・・
羽衣天女の話が何処か知られざる歴史に繋がりそうな
気がしてきます。

羽衣天女伝説は一体、どんな出来事をモチーフとした
話なのでしょうか?それに加え、丹波国とは一体どんな
国だったのでしょうか?

御祭神 豊宇賀能賣神、大山祇神

京都府京丹後市峰山町鱒留蛭子堂433  乙女神社

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

海部氏の本拠地久美浜『蛭児神社』

2014年3月28日 / 丹後の神社, 神社・歴史

丹後国一宮『籠神社』の摂社に『恵比寿神社』が
あるのをご存知でしょうか?恵比寿神社とくれば
事代主命(大国主命の息子)を祀る所が多いと
思いますが籠神社の摂社『恵美寿神社』には
彦火火出見命(山幸彦)が祀られています。

一方、この『蛭子神社』にも火遠理命、
天津日高日子穂々手見尊(山幸彦)が祀られて
います。事代主命ではありません。蛭子神社のある
場所と言うのは久美浜湾の入り口、小天橋にあります。

久美浜と言えば82代続く籠神社の社家海部氏の
元々の本拠地です。籠神社は天橋立、別名大天橋の
直ぐ側に建立されています。

この2つの神社が無関係の様にはとても思えません。
籠神社の摂社である恵比寿神社の元宮はここだった
のかもしれません。あくまでも僕のかってな推測ですが(^^;

拝殿がとても綺麗です。鏡も輝いています。

おや?元々この場所に鎮座していたのでは
ないんですね!

調べてみると四神ヶ獄と言うのは西にある
日村岳という173.5mの小さな山だそうです。
そこから建暦年間(1211年~1213年)に遷座。
四神ヶ嶽にはいつ祀られたかは不明ですが…

神風や 朝日の宮の宮移し 影のどかなる世にこそありかれ

この歌は遷座をした時に鎌倉右大臣源実朝のうたった歌。


久美浜はとても興味深いところなのでもっと
色んな場所に足を運んでみると面白いかもしれません!

 

御祭神 火遠理命、豊玉比賣命

京都府京丹後市久美浜町湊宮1662  蛭子神社


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご連絡をいただけると幸いです。
不定休、諸都合等で休みの場合がございます。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK