カテゴリー「丹後の神社」の記事

『磐に何を感じますか?』大命神社

2017年5月8日 / 丹後の神社, 神社・歴史

皆さん、磐座を見ると何を感じられますか?
僕には何かを感じる力はありませんので神秘的な事は
ありませんがあるイメージをします。

 

昔の人が自然信仰の対象として磐座を大切に
しているシーンを。昔の人は山であり磐であり木であり
そういった自然に対して崇敬の念を持ってたのだと思います。

 

僕が仲良くさせて頂いている神職さんにご紹介
して頂いた神社は僕が全くのノーマークで存在すら
知らない神社でした。与謝野町石川にある他の神社は
行ってるのにここだけは。。。そして、とても
素晴らしい神社だったのです。

 

3067

 

森の中に伸びる参道。とても清々しく

 

3068

 

150mくらいでしょうか?
歩き続けると鳥居がみえてきます。

 

3072

 

お社が見えてきましたがこの後ろに何かが…

 

3073

 

大きな磐座が!これが御神体なのでしょう?
詳しい社伝や言い伝えはは分からないので詳細は不明ですが
何かあるんじゃないかな?と思います

 

3071

 

社伝にこんなものが。恐らくおみくじかと

 

3069

 

狛犬はかっこいい構え獅子!

 

この神社のご祭神は何故か用明天皇。丹後とどんな縁があるのか?
詳しい方に教えてもらうと用明天皇の第三皇子が金丸親王らしい。
金丸親王は別名麻呂子親王。麻呂子親王と言えば丹後の鬼退治伝説。
用明天皇と丹後がつながりましたね!

 

 

御祭神:橘豊日命(用明天皇)
京都府与謝郡与謝野町石川小字慈観寺 大命(オオメイ)神社

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

タグ: ,

『元々は九丹大明神』九柱神社

2017年4月25日 / 丹後の神社, 神社・歴史

峰山町新治に佇むとても雰囲気のよい神社で氏子さん達に
大切にされているのがよく伝わってきます。
境内は決して広いわけではありませんが三の鳥居まであります。

 

3049

 

神社の名の通り、九柱ですから神様が九柱祀られています。

 

4051

 

拝殿を覗いてみると九柱の神の名前が
綿津見神の三柱と住吉三神に禍を祓う神が三柱に
計九柱が祀られていますが元々の祭神は九丹大明神だそうです。
こちらの神社の血を引くかたに教えて頂きましたが
何故、九丹大明神なのかは不明とのこと。ここにだけ
祀られる新治の神様なのでしょう。

 

峰山郷土誌によると
この神社は長徳4年にはこの神社の境内社として祀られる
水無月大神と九丹大明神は既に祀られていたらしく
古くから続く歴史ある神社です。
祀られていた九柱も今の名の神様ではなく
近隣の神社の神様から御霊分けされ祀られています。
明治期に御祭神が入れ替わったのかもしれませんね。

 

4050

 

御祭神:底津少童命、底筒男命、大直日神、中津少童命、中筒男命、神直日神、表津少童命、表筒男命、八十柱津日神
京都府京丹後市峰山町新治21  旧村社 九柱神社

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

タグ: ,

こういのうの好きです

2017年4月13日 / 丹後の神社, 日々の話, 神社・歴史

最近、なかなか神社めぐりが出来てないのですが
こういう、お祭りの幟をみるとホッコリします(^^)
神社にお祀りされてる神様が大切にされてるんだと
思うと何故か嬉しいです

 

3029

 

先週の写真なのでちょっと古いのですが峰山町の荒山にあります。
ホントはお参りさせて頂きたく思ったのですが細い農道を通って
行かなくちゃなりませんので畑仕事が始動してますので
ご迷惑をお掛けしそうなので遠慮させていただきました。

 

また農繁期が過ぎたら参拝に伺いたく思います。

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

タグ:

出張

2017年3月18日 / 丹後の神社, , 神社・歴史

出張と言いましても遠方ではなく隣町。

 

2057

 

 

外へ出た時の僕の楽しみです(^^)
仕事の帰りには寄っちゃいますね。与謝野町幾地の中村神社で
見つけた宮津市の山王宮の分詞。山王宮同様に土俵があります。
土俵の有る神社、僕は好きです。なんたって相撲は神事ですから!

 

 

ねこじゃらしさんでこんな感じで広告を入れさせて頂き、

 

2036

 
かれこれ枕のことに首を突っ込み始めて時間も経ち
その間にあれこれと改良を重ねてきているお陰でしょうか?
段々と枕に関するお問合わせが増えてきております。

 

基本的にはお店に来て頂いて、現在の眠り難い、枕の合わない
原因が何処にあるのかを会話や実際にベッドに寝て、
枕を合わせながら探っていき、眠りやすい方向へと
導き出した上で枕をお作りしております。

 

枕というのは奥が深いです。
たかが枕ですが枕だけで眠りの質が変わってしまいますが
枕は寝具の一部でもありますので他の寝具の影響を
大きく受けます。特に敷寝具。ココがダメだと
枕もちゃんと合わないのです。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

タグ: , ,

『田辺城下の総産土社』朝代神社

2017年3月5日 / 丹後の神社, 神社・歴史

672年9月に伊弉諾神宮より勧請して創建されたと伝わる古社である。
元々は他の地にあり遷宮してきているようです。

 

2041

 

一ノ鳥居を抜け、登っていくと本殿があります。

 

2042

 

朝代神社の狛犬はかなり大きめで立派です。
おっ!と思ったのは本殿の屋根が茅葺きなのです。
最近は胴葺きが増えてきましたが茅葺きの味にはかないません。

 

2043

 

写真には撮り忘れたのですが
主祭神は伝承どおり、伊邪那美命なのですが摂社に
工匠神社というのがあり、手置帆負命(たおきほおいのみこと)が
祀られています。この辺りの神社では見かけない神様です。
知らない神様でしたので調べてみますと、
天孫降臨の際、瓊瓊杵尊に付き従った五伴緒神の一柱に
太玉命がいます。太玉命自身もまた五神を従えておりました。
その中の一柱が手置帆負命になります。

 

では何の神様なのか?
木造建築の守護神とされ棟上式などにおいて祭神とされるそうだ。

 

朝代神社の隣には円隆寺という古い寺院があります。
かつては院坊が70を超える巨大寺院だったようです。その面影は
見ることが出来ます。

 

2044

2045

 
本堂、多宝塔が見ることが出来ますし裏手には不動明王の滝があります。
舞鶴はまだまだ未開拓ですので時間があればジックリと回ってみたいですね。

 

御祭神:伊邪那美命
京都府舞鶴市朝代13  旧府社 朝代神社

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

タグ: ,

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK