元伊勢伝承と茅葺き神明造り『豊受大神社』

2016年10月1日 / 丹後の神社, 神社・歴史

丹後には元伊勢伝承が残る古社があちらこちらにあります。
その中の1つ『豊受大神社』に行ってきました。福知山市大江町には
元伊勢三社と言われる皇大神社、豊受大神社、天岩戸神社が
あり京都府の自然200選に加えられる自然豊かな場所にあります。
その中の1つにあたります。

 

1799

 

伊勢の外宮と同じように黒木鳥居には榊が掛けられています。
加佐郡誌によると豊受大神が伊勢へ向かう途中、ここで暫く遷座され
そこに社が建立されたと言われています。豊受大神が鎮座された比治真名井だと
してそこから伊勢へ向かうとしたらここはそのルートに当たるのかもしれませんね。
ここは普甲峠という大江山を抜ける主要街道があり、そのルートで伊勢へ
向かったのかもしれませんね。

 

 

1803

 

社殿裏手には龍燈の杉というのがあります。樹齢は1500年。
同様の杉の巨木が皇大神社にもあります。(皇大神社は2000年)

 

1802

 

茅葺きの神明造りです。宮司さんが仰るには(他の参拝者がいらしたので
話が尻切れになりちゃんと聞けませんでしたが)同じ様式で茅葺きの社殿が
残っているのは伊勢の外宮とここ豊受大神社だけだそうです。

その立派な茅葺きもかなり老朽化しており雨漏りもするとか

 

只今、屋根の葺替えの為に寄付を募っておられます。
葺替える職人さんはこの辺りでは美山町にいらっしゃいます。
一昨年は宇良神社で葺替え工事がありました。茅葺きの
社殿や家はどんどん減ってますので職人さんの数も減ってきて
いるようです。

 

1800

とても立派な神楽殿ですね。

 

ここ皇大神社には本殿を囲むように37の末社があり
それぞれの社には社家がありその社家は参拝者を家へ宿泊させたり
神社の参拝案内をしたりしていたそうです。僕の想像ですが
お伊勢詣が盛んだった頃、伊勢までは行けなくとも元伊勢三社で
あればお伊勢詣に行ける人たちが多く参拝してたのではないでしょうか?
そう言った家が37もあったというのは当時の賑わいぶりを表しているのかも??

 

御祭神 豊受姫命
京都府福知山市天田内字東平178-2 旧府社 豊受大神社

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ
※携帯電話キャリアメールからのメールはえびすやからの返信が届かない場合があります。

タグ:

“元伊勢伝承と茅葺き神明造り『豊受大神社』” への2件のフィードバック

  1. 印刷ヨメ より:

    近くはちょいちょい通って看板は見てたんですが、
    中はこんな立派やったんですねえ。
    八幡には石清水八幡宮があるんですが、神社のつくりもそれぞれ様式が違って
    面白いですよねえ。

    • ふとん屋@五代目 より:

      印刷ヨメさん

      なかなかの素晴らしい神社んですよ(^^)また、寄ってみて下さい。
      僕は仁和寺の法師で有名な石清水八幡宮にいってみたいです(><)

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

 

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK