カテゴリー「丹後の神社」の記事

豊受大神社の復興

2018年12月5日 / 丹後の神社, 神社・歴史

今年、福知山市大江町にある豊受大神社本殿の
茅葺の屋根が風雨の被害を受けずり落ちるという
事がありました。

 

 


京都新聞社さんよりおかりしてます)

 

 

 

 

甚大な被害でしたが本殿の茅葺葺き替え工事が
終わった様です。豊受大神社は僕が好きな地元の
神社の一つです。丹後でも珍しい黒木鳥居や
本殿裏手にある灯篭の杉、立派な神楽殿とても
雰囲気のある素晴らしい歴史ある神社です。
ちなみにこの神楽殿でさとうみつろうさんが
チャリティコンサートを行い、多額の寄付が集まったそうです。
玉垣や摂社などの修繕もされるそうで、
新しくなった豊受大神社へまた参拝に伺いたく
思います。皆様も是非、足を運んでみて下さい。

 

 

丹後へ来られる際には
豊受大神社(外宮)皇大神社(内宮)天岩戸神社(奥宮)
元伊勢三社へ是非、お参りください。ちゃんと五十鈴川も
猿田彦神社もあります。大江町の元伊勢をお楽しみください。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

 

タグ: ,

『行きたくなる神社』比沼麻奈爲神社

2018年10月25日 / 丹後の古墳・史跡, 丹後の神社, 神社・歴史

 

自分の事を見て下さっている神様がいる神社に
『産土神社』『氏神神社』ああります。産土神とは
産土神とは自分が生まれてから一生をずっと見守って
くれる自分が生まれた近くの神社にいらっしゃる神です。

 

 

 

そして、氏神とは自分の一族を守って下さる神様です。
昔は一族が同じ場所に固まって住んでおりましたが
今は地域をお守り下さる神様というかんじでしょうか?
同じ氏神様の周辺の住む人たちを氏子と言いますので
氏子となっている神様が氏神様だと僕は認識しておりますが
新興住宅地などで神社が無い場合などは神社庁に
問い合わせれば教えてくれるそうです。

 

 

 

そして、鎮守神。氏神や産土神とほぼ同じ様な意味合いの
様ですがある特定の場所や地域を御守りする神様で
荘園や領国を守る鎮守神祀られておりました。

 

 

 

 

余談ですが鎮守神を祀る神社を囲むようにある森を鎮守の杜なんて
言ったりしますよね。ちなみにここは京丹後市弥栄町にある穂曾長神社で
この鎮守の杜そのものが古墳です。

 

 

 

 

話は飛びましたが僕は氏神、産土神、鎮守神とそれぞれ
一つづつ自分の神社があり、それぞれの神社はよく参拝に
行きます。鎮守神が祀られる比沼麻奈爲神社です。

 

 

 

 

比沼麻奈爲神社の主祭神は豊受大神です。
伊勢の外宮に祀られる神様。元々はここに御鎮座されていて
雄略天皇の時代、478年に伊勢の外宮へ遷宮されます。
豊受大神は丹後を御守り下さる五穀豊穣の神様です。
僕はココへ凄く惹かれるんです。何故かわかりませんが
境内は常に綺麗にされており

 

 

 

 

 

何とも言えない幻想な雰囲気が漂っています。
丹後へお越しの際には一度、参拝されてみては
如何でしょうか?鳥居をくぐればそこは空気が
変わり、背中がピンと伸びる気分になります。

 

 

 

御祭神:豊受大神
京都府京丹後市峰山町久次宮谷510

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

 

タグ: , , , ,

『磐座探訪。斬り付けられた跡』村岳神社

2018年7月5日 / 丹後の神社, 神社・歴史

配達の帰りにまだ見ていない磐座を見に行こうと
久美浜町奥馬地へ行ってきました。

 

 

ここ村岳神社には面白い伝承があります。

 

 

四道将軍丹波道主命の山陰巡見にあたり前途の
武運を祈らんがため、出雲国より大国主命勧請
する社地の選定を四道将軍丹波道主命(だと思います)が
臣下の村岳神に任したのだが良地を教えず、他の地を
教えた事が後に露見し、逆鱗に触れ、太刀を抜き
村岳神を負う、小字イシボトケにある大石の陰に隠れ
その時に斬れたのがこの伝説の磐座『剣岩』

 

 

 

大石と言うほど大きいものではありません。
しかし綺麗に亀裂が入っています。その剣は
ルパン三世の石川五右衛門が持つ斬鉄剣
だったのでしょうか。

 

 

その後、仲直りがされ毎年、太刀宮(神谷神社)の
祭礼の際には必ず大根が奉納されるのだとか。

 

 

これで気になっていた丹後の磐座も一つ
見ることが出来ました。

 

 

御祭神:思兼神
京都府京丹後市久美浜町奥馬地小字村岳  村岳神社

 

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

タグ: , , , ,

『沓掛とは?』久津方神社

2018年6月28日 / 丹後の神社, 神社・歴史

久しぶりの神社のお話です。
ほぼ、毎朝、ちかくのとある神社へは
参拝に行っていますがそれ以外の
神社へは忙しくてなかなかお参りできず…。

 

 

 

今日は峰山町の神社のご紹介です。
峰山町菅にあるパチンコ店マルハンの隣に
ある久津方神社。

 

 

 

 

 

 

ネットで検索してみましたが
久津方神社という名前の神社はココ以外
見つかりませんでした。この神社に
祀られる 久津日方命という神様もココだけに
祀られている様です。『日本新祇由来辞典』が
今手元にないのですがひょっとしたら載っているの
かもしれませんが…。

 

 

 

 

 

峯山郷土史を見てみると”履掛明神”と出てきます。
覆掛(くつかけ)とは沓掛の事でしょう。
日本各地にある地名です。有名なのは中山道の
宿場町。今の軽井沢にあります。近くでいえば
京都縦貫道を走ると丹後側から見て京都の入り口の
沓掛ICがあります。

 

 

目からウロコの地名由来 さんが面白い事を
書かれていました。”くつかけ”とは
”くつ”とは屈するとか朽ちるという意味
”かけ”崖などの端っこ、河川などの欠けた
様な場所を指し、街道沿いでは町の外れなどを
指すそうだ。しかし、どちらの字もあまり
良いイメージが無い訳で沓(履物の一種)と
使いたい訳です。旅人が沓を脱いで掛けておく

場所を念頭に沓掛となったそうです。沓は
履物の一種なので履となったのかな?

 

 

 

この峰山町菅の久津方神社の場所で
考えると神社の前は川です。癒し何処ですよね。
峯山郷土史によると旅人が足を傷めない様に
ここで足を洗い草鞋を履き替え社前に供えて
旅の安全を祈願したと言い伝えがあります。

 

 

 

目からウロコの地名由来 さんが
書かれている話に戻りますが沓掛宿は
あてはまりませんが日本全国の沓掛の殆どは…。
宿場ではなく小休憩の場だそうです。
峰山の久津方神社、小休憩の場です。
こんかい久津方神社の事が気になり調べて
みましたら興味深い事が知る事が出来ました。(^^)

 

 

 

 

ちなみに峯山藩主の参勤交代の送迎は
この付近であったらしい。。。

 

 

 

御祭神:久津日方命
京都府京丹後市峰山町菅小字大門崎943-6  久津方神社

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: ,

地元の神様への参拝のススメ。

2018年6月4日 / えびすやにあるもの, 不思議な話, 丹後の神社, 日々の話, 神社・歴史

今朝は僕が良く行く地元の神社
比沼麻奈為神社と金刀比羅神社へ参拝してきました。

 

 

 

何故、神社へ行くと気分が良いのか?

 

 

自分なりに何故、人は神社へ行くのだろうか?
最近は御朱印を集めておられる女性の方が
増えているのだと思いますが書店でも販売されて
いたりします。(丹後では淀徳書店さんにあります)

 

 

”イヤシロチ”と言う言葉をご存知でしょうか?
これは静電三法と言う僕には理解しきれない
難しい事を発表された楢崎博士と言う方の著書に
出てくる言葉です。

 

 

簡単に言いますとイヤシロチに居ると気分が
良くなったり、健康になったり、そこに
工場があれば事故が起きず、従業員も穏やか
そういうとても良い場所だと思ってください。

 

 

ではこのイヤシロチはどんなところにあるのか?
調べて行くとなんと神社は殆どイヤシロチに
あるそうです。そういう場所に神社は建てられた
のでしょう。気分がなんとなく良いというのは
そういう事が関係しているかもしれません。

 

 

 

 

また、神社は何かの法則によって建てられている
様な気がします。というよりそういう場が信仰の
場であり後々から神社が建てられたのだと思いますが

 

一度、Googleで神社、レイライン、五芒星と検索
してみて下さい。興味深い画像が沢山出てきます。(^^)
地元の神社をGoogleマップにポイントをつけて
行けば何か面白い発見があるかもしれませんね!

 

 

 

産土神様・氏神様へもお参りしましょう!

 

 

 

それとついつい、神社は一宮さんが良いとか
大きいとか、有名なところへ参拝するのが良いとか
思いがちですが忘れていませんか?

 

 

自分たちが住んでいる地域を守ってくださる
氏神様やあなたが生まれた場所をお守りされている
産土神を大切にしましょう。まずは日頃の感謝を
意を常日頃お守りくださる氏神様・産土神様へ
お伝えしましょう。

 

 

僕の産土神様、氏神様である金刀比羅神社、
丹後の五穀豊穣、繁栄の神様である豊受大神が
祀られる比沼麻奈為神社へはよく参拝へ行きます。
忘れがちな産土神様、氏神様へ是非、ご参拝下さい。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , ,

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご連絡をいただけると幸いです。
不定休、諸都合等で休みの場合がございます。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK