カテゴリー「丹後の神社」の記事

天に向かう八岐の龍『霧宮神社』

2014年3月22日 / 丹後の神社, 神社・歴史

京丹後市大宮町に五十河(いかが)という集落が
あります。ここにビックリするような御神木がある
神社があります。

環境省巨樹巨木林データベース(そんなのがあるのにもビックリ)
にも登録されているそうです。単に大きさだけの話であれば
もっと大きな御神木があるかと思いますがこの杉が凄いことろは

複数に枝分かれしている所です。『八岐杉』と呼ばれる
くらいですから8本に分かれているのでしょうね?
(確認するのを忘れていて数えてないんです(^^;)

丹後の神社にも立派な御神木は沢山ありますがその
中でもこれはかなり凄いと思います。僕はこれを
見た時に素盞鳴尊がヤマタノオロチを退治するくだりを
思い出しました。御神木フェチの方がいらしたら是非
見て頂きたいと思います。


境内の中には三柱神社があります。この神社は元々、
ココから3km程奥に昔、『内山』という集落があり、
そこに鎮座しておりました。残念ながら今は廃村に
なってしまいましたが豊かな自然が残る素晴らしい
場所です。(内山のブナ林が有名です)その内山という
集落には五十日真黒人と言う長者が住んでたと言う
長者屋敷跡があるらしい。そこに雄略天皇に命を狙われ、
丹後に逃げてきた億計・弘計の二王子(後の顕宗天皇・
仁賢天皇)が匿われていたという伝説があります。
もっと暖かくなれば長者屋敷跡へリサーチに行って
みたいと思います。

話は霧宮神社から脱線しましたがこの霧宮神社には
丹後ではあまり祀られていない神が祀られています。
古事記の神産みにおいて伊邪那美命・伊邪那岐命の
間に生まれた風の神、志那都比古神(シナツヒコノカミ)
と志那都比売神(シナツヒメノカミ)。

風とくると鍛冶を想像してしまいます。製鉄には
風が必要です。高尾山の麓の集落ですから薪は
たくさんあるでしょうから、この辺りにもそう言った
伝承や遺跡などがあるのかもしれませんね。想像ですが

御祭神 級長津彦命、級長津姫命

京都府京丹後市大宮町五十河小字背戸道  霧宮神社(村社)


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

丹後屈指の古社!『竹野神社』

2014年3月8日 / 丹後の歴史, 丹後の神社, 神社・歴史

雪がちらつく中、仕事の合間に参拝してきました。
初詣依頼今年2回目の参拝になります。

この竹野神社は丹後の中でも屈指の古社です。
この木々がかぶさるように参道を覆います。

ココが一番、竹野神社で好きな場所で趣も感じます(^^)

丹後でよく見かけるタイプの狛犬です。
出雲丹後の『構え獅子』と呼ばれる形ですね。

丹後半島の竹野川流域の神社では豊受大神が主祭神
として祀られることが多いのですがココ竹野神社は
天照大御神です。天照大御神が祀られている理由は
開化天皇の后だった竹野媛(大県主由碁理の娘)が
晩年、天照大御神を祀ったのが始まりと言い伝え
られています。(鬼退治伝説の麻呂子親王とも)

面白いサイトがありましたのでリンクさせて頂きました。

勘注系図より建諸隅命(たけもろずみのみこと)

以下リンク先より一部抜粋させて頂きますと

『勘注系図』はこの竹野媛の父親である由碁理を
建諸隅命とするのである。 開化の妃になった竹野姫が、
丹波の大縣主由碁理の娘であるということは、『古事記』が
伝えるところである。 だとすれば丹波の支配者の系譜に、
由碁理が登場したとしても不思議はない。またこの
建諸隅命は開化に仕えたとするから、開化時代の人である。
『勘注系図』の注記は開化の時代に、丹波国の丹波郡
(たんばのこおり)と余社郡(よさのこおり)を割いて、
竹野姫の屯倉(みやけ)を置い たとする。そして建諸隅命は
開化に仕えたとする。 建諸隅のまたの名を竹野別といい、
後に竹野が郡(こおり)の名前になったとする。和名抄に
記載される竹野郡(たかのこおり)は、現在の京丹後市
網野町、弥栄町、丹後町あたりでその中心は丹後町とされる。
ここは由碁理が国府を置いたと言う伝承を持つ。 開化の
妃に成った竹野媛(竹野姫)というその名前は、竹野別
(たけのわけ)という父親の名に由来するものである。
この竹野姫のもとの名は天豊姫である。建諸隅命
(たけもろずみのみこと)の又の名は由碁理(ゆごり)である。

『古事記』第九代、開化天皇記より 若倭根子日子大毘毘命
坐春日之伊邪河宮 治天下也  此天皇 娶旦波之大縣主
名由碁理之女 竹野比賣

 

勘注系図と古事記に記載される事を元にすると開化天皇の妃
だった竹野媛の父は丹波大県主由碁理であり、丹波大県主由碁理は
建諸隅命である。建諸隅命は開化天皇に使えていた。竹野媛の
元々の名は天豊姫であり、そして天豊姫はまた”台与”であると
いう説もあります。

この時代、丹波は相当な力を持っていたはずです。しかし、
歴史舞台から消されてしまったかのように残念なことに
丹後の繁栄は語られる事がありませんよね…。

ちゃんと勉強していないと調べても理解しきれず難しいですね(><)

そうそう!竹野神社にて3月23日に行われる初午祭があります。
面白いイベントもあるようですので皆さんも是非、行ってみて下さい(^^)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

御祭神 天照大御神 (斎宮:竹野媛命、 建豊波豆羅和氣命、日子坐王命)

京都府京丹後市丹後町宮宮ノ谷245 竹野神社

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ


 

タグ: , ,

もう立入る事の出来ない神域『真名井神社』

2014年3月2日 / 丹後の神社, 神社・歴史


丹後では知る人ぞ知る参拝者の絶えない神社です。
家族みんなで参拝してきました。(^^)

 

有名人もお忍びでやってくるそでう。ココに来れば
御神水を汲んでいらっしゃる方、参拝者、駐車スペース
には遠方のナンバーの車が停まっています。先程、地元
では知れたと書きましたがそんなレベルは超えているかも
しれませんね。

僕が初めてやってきた時、境内一番奥に祀られている
磐座(確か塩土老翁の石碑があり祀られてたと思います)
の周り梵字の書かれた小石が撒かれていたり、また
真名井ヶ原に入ってウロウロとする人がいたり、社殿の
屋根に登る人とかもいたとか…。

その結果が

本殿より奥には入れない様に玉垣が出来、また撮影禁止
になりました。残念ながらもう御神木や磐座を近くで見たり
撮影することは出来なくなりました。

残念な気持ちもありますが神域に入ってウロウロと出来る方が
不思議なくらいで玉垣を作り立ち入りが出来ないようにして
良かったような気がします。今では白い大きな玉砂利が敷かれ
まるで伊勢神宮の様になっています。そして、より霊験あらたか
な雰囲気も醸しだされたのではないでしょうか(^^)


さて、手すりの所に三つ巴の紋がついていますが真名井神社の
紋は六芒星です。一時期は表に出していたのですが三つ巴に
戻ってしまいました。この六芒星の紋は伊勢神宮の奥宮と言われる
伊雑宮(いぞうぐう)志摩国一宮もこの六芒星の紋だそうです。

真名井神社が阿吽の『あ』伊雑宮が阿吽の『ん』事の始まりと
終わりを表している関係性だとか…。そしてこの2つの神社を
直線で結ぶと伊勢の内宮、外宮も直線上にあります。そして
京都の貴船神社、鞍馬寺、京丹後市丹後町の竹野神社も並ぶとか。

さてはて、一体どういうことなんでしょうね??

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ


 

タグ: , ,

松井康之の立身は丹後から始まった。『城山稲荷神社』

2014年2月19日 / 丹後の歴史, 丹後の神社, 神社・歴史

僕の好きな神社めぐりですがじっくり巡ると
なるとなかなか時間がありません。なので
仕事など用事がある時にその近くの神社に
出来る限り参拝するようにしています。

が…。残念なことに今回は鳥居のみ(^^;
字の如く”城山”そう、山城跡に建立されている
神社なのです。なので登っている時間が無い
ので今回は残念ながら断念…(T_T)

先程、山城と書きましたがここは『松倉城(久美浜城』
という丹後一色家の熊野郡の拠点でありました。1582年
織田信長の命を受けた細川藤孝による丹後侵攻が始まりました。

ウィキペディア:松井康之より

その時に松井康之は松倉周防守が守るこの松倉城を
攻め落としています。のちに細川藤孝に久美浜の地に
1万3000石の知行を与えられ細川家家老となります。

それからの出世は目覚ましく武将として名を馳せ、
主君の細川藤孝や忠興に認められるのではなく
豊臣秀吉や徳川家康の信頼も大変厚かったようです。

最終的には2万8000石、熊本藩筆頭家老家となり一国
一城の唯一の例外として八代城主として封じられました。

その立身の始まりはここ久美浜の松倉城から始まったと
言っても過言ではないかと思います。今回は登城出来ません
でしたが次回は松井康之が見たであろう、久美浜の海と
町並みを眺めてみたいものです。

場所も分かりやすく久美浜小学校の裏山です。遠くから
でも山の中腹に朱塗りの鳥居が見えます。お時間が
御座いましたら歴史を偲び、久美浜の美しい景色を
お楽しみ下さい。(^^)

京都府京丹後市久美浜町  城山稲荷神社(松倉城跡)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

ここはホントの聖域だ!『天岩戸神社』

2014年2月8日 / 丹後の神社, 神社・歴史

 

福知山市大江町には元伊勢皇大神社(内宮)と
元伊勢豊受神社(外宮)があります。その奥宮
として天岩戸神社があります。この3つを
元伊勢三社といいます。

天岩戸と言うのは古事記などで出てくる天照大御神が
お隠れになられた岩戸隠れの伝説の場所です。
日本各地に比定地がありますがその中の一つです。

 

元伊勢皇大神社の裏手の道を下って行くとあります。
すぐ近くですので元伊勢皇大神社を一緒にご参拝されると
良いかと思います。

ここに参拝されるときに2つご注意して頂きたい事があります。
一つ目は谷に降りて行きますので足場が悪いのでヒールの様な
歩きにくい履物で行くと危険です。

二つ目はココは”神域”です。そして京都府歴史自然環境保全地域に
指定されています。石、草木など全てのものをココから
持ち去ってはいけません。

手付かずで自然がそのまま残っているような
雰囲気でとても厳かな気持ちになってきます。
ちなみに社殿の前を流れるこの川は”宮川”と言い
途中から”五十鈴川”と名前が変わります。伊勢と
全く同じですね。そして内宮、外宮、猿田彦神社…。
元伊勢と言われるだけはあると思います。

僕、個人的な感覚ですが丹後の神社の中でも特に
背筋がピンと伸びるような、そして清々しい気分に
なれる神社だと思います。ひょっとしたらココに
天照大神がお隠れになったのかも?と思えてくる
くらいです。機会がございましたら皆様も是非、
一度は参拝して頂きたいなと思う神社です。

御祭神 櫛岩窓戸命、豊岩窓戸命

京都府福知山市大江町佛性寺字日浦ケ嶽206-1 天岩戸神社

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご連絡をいただけると幸いです。
不定休、諸都合等で休みの場合がございます。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK