寝具製作事例No.167『シルク混の側地の羽毛ふとん』

2021年8月4日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 掛ふとん, 羽毛製品

よくある事例です。

 

 

『カバーを交換した時に羽毛が舞ってるんです』

 

 

同じ羽毛が舞っていると言っても理由は様々です。
側生地が破れている。破れていると言っても
干したときに引っかけてしまう。生地の経年劣化
過度の汚れによる劣化…。今回のケースは生地の
経年劣化による生地の裂けでしたが…。

 

 

シルク混(シルクと綿の混紡)の生地でした。
このシルク混の生地の良さは軽い、触りが滑らか
吸湿発散性の良さです。でも唯一の欠点。。。
綿100%の生地に比べ劣化が早いのです。
そのせいか、最近はあまり見かけなくなりました。

 

 

その欠点を補うべく
軽くて滑らかで肌触りの良い120番手サテンの
綿100%の生地でお作りさせて頂きました。

 

 

 

このクラスになりますと
掛けた時に肌への吸い付きがよく
そらだけフィット感も高いのです。
当然ですがカバーリングも生地同様の
質の良いものを使った方が良いですね。

 

 

今使っている羽毛ふとんの
素材レベルが高いものをお使いであるならば
下手に予算をケチらない事をお勧めします。
ランクを落とすとそれに比例して寝心地がガクッと
落ちます。特に生地は肌への当たりが全然違います
のでよく解ります。

リフレッシュですので新品を買う様な
値段には全然及びませんし、中の羽毛の
状態が良ければ良いほど足し羽毛も少なく
すみますので予算も抑えられます。
羽毛リフレッシュは安易に安さで
選ばない事です。

 

 

えびすやの得意な仕事

 

羽毛ふとん・枕・綿ふとん、オリジナル寝具オーダー等の製作事例は⇒こちら
1人1人の身体に合わせ寝易くする寝具調整の事例は⇒こちら
ムートン職人が目利きをした価値あるお値打ちのムートンとメンテナンス⇒こちら

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

タグ: , ,

柔らかいマットレスが良いのか?硬いマットレスが良いのか?

2021年8月3日 / えびすやにあるもの, ベッド・マットレス, 寝具のこと, 寝具調整事例, 敷ふとん

この質問、よく受けます。
みなさん、どちらが良いと思いますか?
柔らかいマットレスは腰痛になる。とか
硬いマットレスは健康に良い。煎餅ふとんは
身体にとって良い。そんな事を耳にしますが
果たしてそうなのでしょうか?

 

 

 

 

そう単純ではありません。体系は十人十色ですので
ある人には合うものもある人には合わない。それが
普通だと思います。ですのでむちゃくちゃハードなものが
合う人もいれば、身体が痛くて眠れない人もいます。

 

 

ですので単純に硬い柔らかいだけでは良い悪いは
言えません。そして、硬い柔らかい以外にも身体の
支え感、粘り具合、反発力こういった要素が
寝返りがしやすかったり、楽に眠れたり、寝心地に
大きく影響します。

 

 

という事は身体に合う敷ふとんやマットレスは
人それぞれですので一概にコレが良いとは言えません。
(あからさまにダメなものもたくさんありますが)
どんなにテレビや雑誌でべた褒めで取り上げられて
むちゃくちゃ売れているマットレスを買ったから
と言っても貴方に合うとは限らないのです。

 

自分に合ったものを欲しいのであれば
実際に寝てみるのに限ります。マットレスは基本的に
自然素材ではなく金属や石油由来のもので出来ています。
なので蒸れやすかったり断熱しないと寒いので
シッカリと吸湿発散してくれる自然素材の敷寝具と
併用する必要があります。その組み合わせで貴方に
合うものを選びましょう。できればご自身よりも
敷寝具を身体に合う様に調整してくれるフィッティング技術が
あり自然素材寝具の事を解っているお店で見て貰うのが
自分の身体に合う寝具を見つけやすいと思います。

 

 

ネットやカタログを見て買うのは自分に合うものを
見つけるのはなかなか難しいです。弊店ではカタログで
お客様に選んで貰って販売する事はまずありません。
スペックを見たところでそれがお客様に合うかどうかなど
判断がつかないからです。なのでえびすやのマットレス
サンプルはどんどん増えていきます。実際に寝てみて
そして合わせてみるのが一番だからです。

 

 

結論

 

柔らかいマットレスが良いのか?硬いマットレスが良いのか?
ではなく自分の身体に合っているかどうかがポイントです。
なのでよく言われている『硬い方が身体によい』と言うのは嘘です。
人によります。それを信じ込んで身体に全く合っていない
硬い寝具で『身体が痛い。寝られません。』と相談を頂く事が
あります。

 

 

 

そうそう
腰の部分が凹んでるような

 

『へタッている寝具はOUT!』

 

 

です。腰を傷めますし、眠りやすい寝姿勢が
維持できません。自分の身体と合っていない寝具で
寝るのと同じで上向き寝が出来ません。同じと
言うよりももっとダメですね!

 

 

えびすやの得意な仕事

 

羽毛ふとん・枕・綿ふとん、オリジナル寝具オーダー等の製作事例は⇒こちら
1人1人の身体に合わせ寝易くする寝具調整の事例は⇒こちら
ムートン職人が目利きをした価値あるお値打ちのムートンとメンテナンス⇒こちら

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

タグ: , , , ,

寝具製作事例No.166『今あるものの良さを引き出す』

2021年7月30日 / えびすやにあるもの, 掛ふとん, 羽毛製品

今回の事案は8~9年前に買って頂いた
羽毛ふとんのリフレッシュです。
8~9年でリフレッシュとはちょっと早く感じますが
それは年中、休みなくフルに使い続けていたからです。
2年前にクリーニングをし、今年クリーニングの依頼で
再び、お預かりすると2年前よりも羽毛が弱って
いるのが解りましたので今回はクリーニングよりも
リフレッシュをおススメさせて頂きました。
劣化が進みだした状態で丸洗いをすると劣化が
劣化が更に進むのであまりお勧めしません。

 

 

 

通常、リフレッシュをする場合側生地は
同等のものをお勧めしますが今回は敢えて
ダウングレードしました。それは綿100%の
ウオッシャブル対応の生地を使用していましたが
お客様は洗いたいのは洗いたいがそこまで頻繁に
洗わない事が使用期間中に実感されたとの事ですので

 

 

 

 

 

 

従来の生地と比べて軽くてしなやかけれども
比較的洗いに強い生地をご提案。弊店が気に入ってるので
敢えてメーカーさんに在庫してもらっているそんな生地です。

 

 

 

 

 

元々はシルバーグース93%のものを使用していましたが
今回はマザーダックダウン93%ですがそのグースよりも
スペックの高いマザーダックを使用し、保温力をUP
させるために元量よりも7~8%重量を増やしています。

 

 

 

こういうことはあらかじめコース設定が決められている
会社の羽毛リフレッシュではこういう事はで出来ません。
決められた生地に決められた種類の決められた量だけ
足し羽毛をする。決められた対応しか出来ません。

 

 

 

良さを引き出すにはお預かりした羽毛の品質や
状態、お客様の希望に合わせて個別に対応した方が
良いと思っています。その為にえびすやでは
中の羽毛を取り出し、今の状態を説明し
どういった希望があるのかどうするのが使いやすく
快適なのか?長持ちするのか?そんなことを
お話しながら見積もっていきます。

 

 

 

えびすやの得意な仕事

 

羽毛ふとん・枕・綿ふとん、オリジナル寝具オーダー等の製作事例は⇒こちら
1人1人の身体に合わせ寝易くする寝具調整の事例は⇒こちら
ムートン職人が目利きをした価値あるお値打ちのムートンとメンテナンス⇒こちら

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

タグ: ,

各種クレジットカード・PayPay対応

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
※御来店前に連絡を頂けると幸いです
営業時間:AM9:00~PM7:00

 

フォローしてね

LINK

 

 

過去の記事はこちらで

クリックしてね!


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ