『かつての栄華は・・・』上山寺と三社権現社

2017年1月28日 / 丹後の古墳・史跡, 丹後の歴史, 神社・歴史

以前からずっと行かなくてはと思いながらなかなか足を運べなかった
丹後町宇川にあるの吉野の里をずーっと奥に登り上山の集落にある寺院

 

1985

 

真言宗上山寺。寺院前が土砂崩れをお越しましたが
今はきれいに整備されています。

 

1986

 

この寺院は今でこそ本堂の一部のみが残るだけのかつての栄華は
感じられない状況になっています。

 

1988

 

詳しいことは解りませんが今は廃寺になっているのでしょうか?

 

この寺院は丹後の中でも相当古いもので天応元年(781年)に
奈良時代末期に隠岐国から来た佐々木隠岐守弘成によって建立されました。
隠岐で佐々木氏といえば丹後国の守護に任じられた京極家と
同じ流れをくむ近江佐々木氏が元で承久の乱の功績により
出雲と隠岐の2カ国の守護に任じられたのが隠岐の佐々木氏の
始まりなのでこの佐々木隠岐守とは年代がずれてしまいますので
同じ佐々木氏ではないのでしょうか?

 

この佐々木隠岐守弘成によって建立された上山寺は
大きく発展し28坊もあり、上山という集落は恐らく門前町として
相当栄えたのではないかと思います。

 

現在はこの本堂の一部と石塔

1987

 

そして、三社権現社を残すのみとなりました。

 

1989

 

残念ながら、覆屋に鍵がかかっており本殿へ参拝することは出来ませんでした。

 

その当時の栄華をタイムスリップして覗いてみたいものです。
残念ながら今はそれを感じさせるものはありません。丹後には巨大寺院が
沢山ありましたが細川忠興の丹後攻め、その後の真言倒し(1593年)に
真言宗四十八ヵ寺を廃し、僧侶を追放しています。それらによって
衰退していきました。この上山寺はその時に寺領を召し上げられたことが
衰退の原因だとか・・・。

 

京都府京丹後市丹後町上山小字城  上山寺

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ
※携帯電話キャリアメールからのメールはえびすやからの返信が届かない場合があります。


タグ: ,

戦わずして勝つ

2017年1月27日 / 日々の暮らし

1984

 

お正月休みに妹が来てました。
その時に『お兄ちゃんが独り占めしてゲームを貸してくれない』
どうしたらいい?と娘が相談しておりました。

 

その時の答は『戦わない。スキを狙う』
まともにやりあうと勝てないので宿題をしてる時や
叱られてる最中にそっと持っていくとか娘なりに
好きを狙って妖怪ウオッチをしております(笑)
さすが同じ妹の立場として的確なアドバイス!

 

今日はしこたまゲームをしてゴロゴロしてます。
だって・・・。ほぼ元気に近いのに

 

『ズル休み』

 

してますから!

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ
※携帯電話キャリアメールからのメールはえびすやからの返信が届かない場合があります。


タグ:

制作事例No.2『インド綿100%仕立て直し』

2017年1月26日 / えびすやにあるもの, 制作事例, 綿製品

インド綿100%の敷ふとんをお預かりし仕立て直しました。
若干、薄めの敷ふとんでしたのでお預かりのインド綿に少しだけ
太エステルを混ぜ打綿しております。不足分はインド綿ベースの
オリジナルの新綿を足して6.0kgお仕立してです。

 

1983

 

生地はうちの在庫の中では結構、良いものを選んで頂きました。
綿を綴じている時、仕立て場に差し込む光で綺麗な艶が出るような
感じで美しい生地でした。

当店では出来るだけ良い状態に仕立て直しをしお返しをしたいと
思っていますので打ち直し綿100%で仕立てずに綿の質や状態を見ながら
新しい綿を足してお仕立しております。また、状態が悪い時は
新調されることもオススメする場合もあります。

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ
※携帯電話キャリアメールからのメールはえびすやからの返信が届かない場合があります。


タグ:

京丹波の美滝

2017年1月26日 / 日々の暮らし

以前は京都縦貫道が繋がっておらず
京都へ行くときはいったん下道を走って丹波ICから
再び高速道に乗るのが常でした。それがつながってしまうと
丹波ICから乗ることがなくなってしまいました。

 

丹波ICの登り口の脇の道から京丹波の名勝である
『琴滝』に行けるのですが何年間もずーっと無視しておりました・・・。
それをやっと決心して行ってきました!

 

1982

 

ここから250mほど山道を歩くと水の音が聞こえ美しい滝が

 

1975

 

美しいですね~!
どうして日本人って滝に惹かれてしまうのでしょうか?
滝といえば修験道者が修行をする場のイメージがあり
自然に対する信仰の場であったような気がします。
なにか惹かれるDNAが日本人には組み込まれてるのかもしれません。

 

この日は雪深かったので上には登れませんでしたが
池があるようです。そしてここは城跡で須知城という山城がありました。
南北朝時代に須知景光に気付かれた古城です。須知氏は
丹波の有力国人衆として勢力を保っていたようですが明智光秀の
侵攻により滅びます・・・。この城跡には石垣が残ってるのも見てみたい
一つの理由なんです。春になったらもい一度!

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ
※携帯電話キャリアメールからのメールはえびすやからの返信が届かない場合があります。


タグ: ,

制作事例No.1『大阪生まれのふとん?』

2017年1月25日 / えびすやにあるもの, 制作事例, 綿製品

敷ふとんを仕立て直しをさせて頂きました。
生地がドンスでしたので婚礼時に持ってこられたものと思います。
中は状態の良いメキシコ綿100%のものでした。一般的には
敷ふとんはインド綿を使いますが、大阪のふとん屋さんに
教えていただいたのは大阪ではメキシコ綿100%で作ることが
よくあるそうです。大阪のおふとん屋さんが仕立てられたものだった
のかもしれませんね。メキシコ綿は一般的には掛ふとんに使いますが
綿が締まるとシッカリします。お預かりした時の状態がまさにそんな感じでした。

 

1980

 

太エステルを少し混ぜ打ち直し、新綿も足し6.0kgで仕立てております。
生地はレトロ感のある綿サテン。シッカリとした仕上がりになりました

 

ふとんが重いので軽めに仕立てるケースがよくありますが
単に中綿の量を少なくして軽くすると底づきをしてしまいます。
軽くするのであれば二枚敷でマットレスを併用したり、小柄な
人でしたら判を少し小さめにする事をオススメします。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ
※携帯電話キャリアメールからのメールはえびすやからの返信が届かない場合があります。


タグ: ,

えびすやの自然素材寝具


 


ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
不定休(ほぼ無休)

AM9:00~PM7:00

ランキングに参加しています


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK

 

 

follow me!


follow us in feedly

アーカイブ

今年も蚊帳はじめました。

北近畿の情報満載!

まねきねこ.com 北近畿
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。