カテゴリー「えびすやにあるもの」の記事

家族は…。

2015年5月3日 / えびすやにあるもの, 丹後の歴史, 寝具のこと, , 神社・歴史

『僕を放って、BBQ(T_T)』

お店に居なくてはなりませんので仕方ありません。
で、今日は柿渋染めをしながら読書です。

今日は店に置いてある展示品の麻のシーツを染めてみました。?
麻は何故、夏に使うのか?えびすやも夏季は麻素材をオススメします。

その訳は、


①吸湿発散性に優れる 。汗を吸収しても素早く放湿するのでサラリとします
②ヒンヤリ感がある。肌に触れると心地よい涼しさがあります。
③肌に密着しにくい。通気性がある。

なので 古来より麻は重宝されてきてるんです。で柿渋染めをしてみると
生地がザラッとしますので生地の感触の好き嫌いは別として、僕の感覚としては
より夏向きに感じます(^^)それに柿渋の持つ、消臭効果や抗菌作用も 期待出来ると思います。
昔は釣り糸や漁網を柿渋で染めてたそうですよ。?

染めの様子を見ながら今日はこの本を読んでます。

古本で買った

『西丹波秘境の旅』著者:澤潔(かもがわ出版)

澤潔氏は京丹後市峰山町出身の同郷の大先輩です。
丹後の地名を研究されたり、民族学的な伝承などの目線から
古代史の話を書かれていて、澤潔氏の本は面白いですね。

その中で丹後の浦島伝説がどの様に広がったのか?それが
書かれておりました。丹後に伝わる浦島伝説は日本で最古と
言われています。(文献として残るものとして:丹後国風土記逸文)

逸文を現代訳で要約すると、時代は雄略天皇22年(神代478年)の時、
雲龍山の麓、筒川庄水の江の里に住む青年、浦嶋子は一人舟で釣りに
出て、3日3晩の後に五色の亀を釣りあげる。青年がうたた寝をしている間に
亀は絶世の美女に変身し、嶋子は誘われるままに常世へと連れられる。
美女の名は亀姫。嶋子は常世で姫と結婚し夢のような3年間を過ごすが、
やがて望郷の念にかられて一人帰郷する。亀姫はその別れ際に、
決して開けてはならないと注意して玉櫛笥[たまくしげ]を渡す。
嶋子が戻ったのはなんと300年後。すでに知る人もなく呆然として
つい玉手箱を開けると、若々しい肉体は瞬く間に天空に飛び散った…。
この話を耳にした淳和天皇(在位823~833年)が勅使に命じて嶋子を
祀ったのが宇良神社という。

JR西日本Blue Sigunal 様のサイトより抜粋

ちなみに雄略天皇22年と言うのは豊受大神が丹後(丹波)から伊勢へ向かわれた
時でもあります。?

浦島伝説が伊根の筒川から発したものであるとするのであればそれが伝播
していったルートは由良川をさかのぼったのではないか? 由良川沿いで気になるのが
大川神社の伝承。

社伝によれば、顕宗天皇の元年三月に、由良川域の漁師野々四郎が
漁を営んでいたところに、『金色の鮭に乗り、右手に五穀の種、左手に
蚕を携えた神』が川下から現れて、野々四郎に「当地に鎮座したいので
社殿を造営せよ」と託宣したのが大川神社の起こりだそうです。
『金色の鮭に乗り、右手に五穀の種、左手に蚕を携えた神』 は
保食神を連想させますが、丹後の地に於いて『五穀と桑蚕の種を持つ神』とは
本来、豊受大神を指します。大川神社の主祭神はさしずめ「豊受稲荷大明神」と
いったところでしょうか?

 

凡海郷様のサイトより抜粋
なんだか浦島伝説の亀と羽衣伝説の豊受姫神が混ざったような
感じがしてきますね。

福知山の戸田という地域に行くと浦嶋神社があります。この神社じたいは
古くありませんが浦島太郎に纏わる伝説が古くからあるそうです。由良川を
遡上した伝承が畿内へと広まって行ったのではないか?という事だそうだ。

丹後の人間として贔屓目込みで丹後の浦島伝説が元となってると思ってます( ̄ー ̄)ニヤリ
突っ込まないでくださいね。だってそう思い込んでるんですから・・・。(笑)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

この暑さはいつまで続くのか?

2015年4月28日 / えびすやにあるもの, 日々の話

ここんところ一気に暑くなりましたね。
先日、舞鶴では30度超えだとか・・・(-_-;)真夏日ですね。
ただ、このお天気は何時まで続くのかが疑問符ですので
多少無理してでも一気にやってしまいましょう!

お客様から預かってる麻パットをお洗濯。冬にお世話になった
ダウンパットを手洗い。どちらも掛けふとんと異なり敷くものですから
汗の染み込み方が掛に比べて多いんです。(汗の70%は敷へ行きます)
なのでこういう洗いやすいものはシーズンの終わりに洗われる事を
オススメいたします。と言いましてもこれらは自分で洗えることが
解っていて洗ってますので何でもかんでもとは…。

空気をシッカリと抜くのがコツですね。使うのは勿論
シャボン玉石けんです( ̄ー ̄)ニヤリ

柿渋染めも一気にしちゃいましょう!

柿渋は陽にあたり、水分が蒸発するときに一気に
発色します。ムラができる事を前提にしていますので
こんな感じで干してます。どんな感じに発色するのでしょうか?
楽しみです(^^) 何回か染を繰り返すと徐々に濃くなり
よい色合いになってきます 。

今日はグッタリとして早く眠れそうです・・・(笑)

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

そろそろ、衣替えかな?

2015年4月26日 / えびすやにあるもの, ナチュラル石けん, 寝具のこと, 羽毛製品

ここ数日お天気の良い日が続いております。
そうするとショウウインドウも羽毛ふとんという気分ではなくなってしまい・・・。
気分を一転させてみました。

枕カバー、座布団カバー、シーツ。Full柿渋です(^^)?
折角、染めたんだからと飾ってみることにしました。

今日もお天気が良いので柿渋染めをしたいと思います。
少しずつですが柿渋の染まり方というか癖というのか解りかけて
来たような気がします(^^)

店頭のボードも書き換えてみました。

冬の間にお世話になったおふとんのお手入れは
長く快適に使うためにもとても必要です。

えびすやの羽毛ふとんのリフレッシュにはこだわりがあります。
それはまず、工場へ依頼する前にえびすやでチェックします。
というのはどんな羽毛ふとんでも可能という訳ではありません。
また、出来たとしても仕上がりが悪く新品を買った方が良い場合もあります。
チェックすることで中身の羽毛がどんなものが使われているのか
また、状態はどうなのか?また、側地をどうするのか?そういう事を
考慮しないとドテッとした重くなったり、身体にフィットしなかったり
膨らみが無かったり…。見極めが必要です。

そして、どこの工場へ依頼するのかも大事です。
えびすやは過去、依頼先を3回は変えています。それは仕上がりがう~ん。
だったからです。

例えば、ふとんのまま、袋に入れて洗い、後から中身を取り出すケースが
ありますがそれでは汚れもちゃんと落ちませんし、乾燥させてもしっかり
膨らみません。また、スチームをあてるだけの場合もあります。

今、お世話になってる所は専用の機械でシッカリと洗浄し、乾燥も上手に
しています。乾かしすぎると羽毛が壊れやすくなり、甘いとベチャッと
なります。また、状況に合わせてサイズは勿論、中身の量やキルトなどを
変えられます。

 

おふとんのお手入れは秋口までに!オススメいたします。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

これから少しづつ暖かくなる

2015年4月20日 / えびすやにあるもの, 羽毛製品

僕はまだ冬仕様(1.2kgのホワイトグースの羽毛ふとんにパシーマ)で寝ておりますが
夜も大分、暖かくなってきましたので少し薄くしたいな~なんて思う今日このごろです。

羽毛ふとんは掛ふとん、肌掛けふとん、合いふとんと大まかに三種類の厚みがあります。?
主に掛ふとんは秋~冬~春、肌ふとんは冬に掛けふとんと重ねたり夏場、単体で
使います。合いふとんは春、秋がメインになる掛ふとんと肌ふとんの間の厚みです。

昨年、思いっ切り軽くて合いふとんよりももう少し薄い。だけど暖かい、冷え性や
夏場、エアコンを使う場合になんか持って来いのふとんを作りたいと思って作ったのが

正直、見た目、何処が違うかなんてわからないくらい普通です。
ふとんは基本的に長方形。◯も△も☆の形をしたふとんはありません(^^;
ですが、この長方形のふとんには細やかな工夫を重ねてます。

生地は通常の羽毛ふとんの生地よりも40%軽くしています。
通気性もかなり良い生地です。通気が良いので粒が大きく熟成した
シッカリとした羽毛しか使えません。通気が良いので羽毛の調湿機能が
十分に発揮されます。生地が軽いので羽毛がよく膨らみ空気層に
厚みが出来る事と身体によくフィットするように仕立ててあります。?
このふとんを肌に掛けてみると・・・。

『むちゃくちゃ軽い!』

 

ビックリするほど軽いです。これに軽量タイプのカバーリングを掛ければ
とてもいい感じになります。軽いので身体に負担もかかりにくく、ベッドで
使用しても下へ引っ張らられません。なかなか宜しい感じです(^^)

えびすやの羽毛ふとんはオリジナルです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

百聞は一見にしかず。オーダーです

2015年4月11日 / えびすやにあるもの,

先日、介護用に枕を作って欲しいとご要望を頂き
ご自宅にお伺いしてあれこれと考えお話をしながら
作らせてもらった枕です。

2つ有るのは用途によって使い分けるためです。
介護を受けるおばあちゃんの身体の状態に合わせてます。
最近は色々と寝具や眠りに関するご相談を受ける事が
増えており、使う寝具も誰もが一律に『コレがオススメ!』と
言うわけではなく一人一人の身体や環境等に合わせて
オススメするものは変わります。場合によっては別注で
作ったりもします。眠りは一人一人異なりますから(^^)

ちなみにカバーリングは敢えて、汚れが目立つ白を使っております。
えびすやではベビー用寝具のカバーも綿100%の白を推奨しています。
ついつい、赤ちゃんだからとキャラクターもののカバーを
掛けたくなってしまうかもしれませんが…

それは万が一、嘔吐などが合った場合に色が白だと
汚れが目立ち、異変に気が付きやすいからです。色が濃い
柄物だったりすると汚れ目が柄に埋もれてしまい分かり難いんです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご連絡をいただけると幸いです。
不定休、諸都合等で休みの場合がございます。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK