寝具制作事例No.70『出来るだけ元の状態に。そしてよりよく』

2018年7月25日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 掛ふとん, 羽毛製品

皆さん、暑い日が続きます。
夏休みって結構、大人が忙しいですよね(^^;
子供の行事の送り迎えや一緒に参加、地域行事…。
せめてもう少し涼しけりゃいいのですねけどね。

 

 

 

 

こども科学教室の帰りによった
コンビニで発見したホームランバー!
子供の頃は一本30円でよく食べました。
値段もお手頃ですね。

 

 

 

息子は長風呂派なので
一緒に風呂に入るとよく話をします。
その時にした話で

 

『今まで食べた中で一番おいしかったアイスは何?』

 

 

 

そう聞かれた時に思わず口から出たのが
ホームランバー。これよりもおいしいアイスは
沢山あると思いますが暑い夏の日に友達と食べた
アイスは上手いもんなのです。

 

 

 

さて、7月も終わりが近づいてきました。
羽毛リフレッシュのご注文、今年は多いですね。

 

 

 

 

 

えびすやのリフレッシュの考え方ですが

 

 

 

『出来るだけ元の状態に。そしてよりよく』

 

 

 

 

これが一番良いんじゃないかな?と思います。
価格を抑えようとすればするほど、元の状態から
かけ離れ、凄く安価になると
側生地が
ポリエステル混になりますし、綿100%でも

生地が硬くて重いものになったりします。
今、お使いの羽毛ふとんが良いモノであれば
どうリフレッシュするかの選択によっては
しない方がマシだったり、使い心地が悪くなる
事もあります。

 

 

 

 

 

 

今の状態、元の羽毛の品質を把握するには
中を開けてどういう状態なのかを見なくちゃなりません。
開けた時にはビックリ!品質タグに完全に
負けてしまっている羽毛もあります。(^^;

 

 

 

そのうえで、今の状態で何処まで回復できるのかを
考えて行きます。中を見た状態で劣化が進み過ぎて
全然ダメな場合、リフレッシュ可能でも状態を良く
すればコストが掛かり過ぎる場合など新しいものを
買った方が良いのです。

 

 

 

そこそこ質の良いものをお使いであり
十分、リフレッシュ可能であればほぼ良くなって
帰ってきます。その場合、同等の品質のものを
新たに買う事を考えるとかなり安くなります。
特にここ数年、羽毛の相場が上がってますので
以前よりももっと実感出来るかと思います。
(ただし、羽毛は新品ではありませんのでその分を
考慮する必要がありますが)

 

 

 

 

 

今回、お預かりした羽毛は縫製の仕方などを見ると
高級品に多い仕上げであり、中身もそれなりの劣化は
あるものの十分に良い羽毛でした。

 

 

お預かりした羽毛ふとんの生地と同様の
平織で通気性の良い生地でお仕立てしています。
平織りは硬いと思われがちですがえびすやが
おススメする平織生地は柔らかく仕上げてあり
特有のガシガシとした感じはありません。

 

 

 

 

従来よりもマス目を増やしております。
お預かりした羽毛ふとんのキルトはマス目が大きく
マス目の中で羽毛が動き過ぎる上、フィット感も
悪かったのでそれを改善しました。

 

 

 

リフレッシュ前の羽毛ふとんよりもフィット感が
あり保温性もUPした作りになっております。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

タグ: , ,

男性よりも女性の方が眠りにくい?

2018年7月24日 / 睡眠改善, 神社・歴史

先日、京都へ睡眠改善協議会の研修に参加してきました。
今年の研修も為になりました( ̄ー ̄)ニヤリ
男性に比べて女性の方が眠りが不安定である。
これは凡そ知っていた事ですが子供から
高齢者になるまでそれぞれの年代において
色んな面に眠りにくい局面に合います。それを
細かく丁寧に再認識する事が出来た有意義な研修でした。

 

 

 

出産、育児、更年期障害…。当店へ相談へ
来られる方の7~8割、いやもう少し多いでしょうか?
女性がとても多いです。体型的にも男性以上に
寝具を合わせてあげないと眠り難そうなケースも
よく見受けられます。

 

 

 

眠りにくい原因は寝具だけではありませんし
心意的原因、生活リズムや生活環境だけの原因だけでも
ありません。両方あります。寝具店としても寝具面
だけではなく学術的な事もある程度、知っておく
必要があります。

 

 

 

さて、

 

 

 

会場へ向かう途中、ちょっと自然の涼を求めて
滝へ行ってきました。京丹波町にある琴滝です。

 

 

 

 

う~ん。あまり涼しくありません(^^;
暑い日が続いてるので水量が少ないのか?
池で溜まった水が滝として流れてる様なので
元々水量が少ないのか??

 

 

視界にこんなものがチラッと入ってきました。

 

 

 

 

 

 

須知城!須知城跡まで直ぐなのか?
遠いのか?行くまでが険しいのか?
行きたいな?でも研修あるし…。

 

 

 

結局考えが及んだのは山城なんだから
直ぐに行ける訳もないし、キツイに
決まっている。却下ですね!(^^;

 

 

 

須知城とは?

 

 

南北朝時代から続く須知氏の居城。
しかし、南朝方に付いてしまい丹波守護の
荻野氏に攻め立てられ
須知氏は衰退してしまいますが丹波の
有力国人衆として勢力を盛り返します。
明智光秀の丹波侵攻では協力的に明智方に
付きますが何故か、明智方に攻められ
城は明智方に。(須知氏は明智氏の傘下に)
その後、城は明智秀満により改修され
石垣が多用された山城好きにとっては見所のある
城へと変貌しています。google検索『須知城

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

タグ: ,

寝具調整事例No.13『オーダー枕の前に…』

2018年7月23日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 寝具調整事例,

 

娘さんからお母さんへの枕のプレゼントと
という事で枕をお作りすることになりました。

 

 

 

しかし、いざ調整をするにあたり
今使っておられる寝具が相当硬く
身体と全く合っていないのです。合って
いないから横向き寝ばかりで首の突っ張りや
凝り、枕の下に腕を入れたり(枕も合ってません)

 

 

お話を伺っていくと敷寝具が相当硬く
寝難かったのでテレビ等でよく売れている
薄手の低反発ウレタンのマットレスを
娘さんからプレゼントされたたの事。
(優しい娘さんです!)それを重ねると
それで楽に寝れるようになったものの…。

これは低反発ウレタンのマットレス共通の
欠点です。吸湿性・通気性などが乏しく

 

 

 

夏場使うとムレムレで
        暑くてとても使えません。

 

 

しかし、使用方法は薄いシーツやカバーを
一枚重ねての使用が推奨されます。これは
辛いです。夏用の敷パットを敷いたとしても
ポリエステル綿のモノやジェルパットでは
汗を吸収する事が殆ど出来ません…。

 

 

 

で今回は体型に比較的合い、耐圧が
分散できているのでこの低反発ウレタンの
マットレスを使い枕を調整してお作りしました。
ただし、従来通りのシーツ一枚での使用は
とても無理ですのでマットレスの上は吸湿性や
吸収した汗の発散性の良い素材のパットなどを
併用して使います。

 

 

このマットレスの使用はあまり推奨しません。
眠るときに発汗しているという事が考慮
されていない作りになっています。
ですのでゆくゆくは自然素材の身体にあう
シッカリ目の敷パットを扱い頂きたく思います。

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

タグ: , ,

寝具調整事例No.12『綿のふとんに拘り過ぎず補い合う』

2018年7月20日 / えびすやにあるもの, ベッド・マットレス, 寝具調整事例, 敷ふとん, 睡眠改善

僕はふとんを作る職人をしておりますが…。

 

 

『辛さから解放されて助かったわ~!
 綿の敷ふとんで
寝る事が一番!硬い事が
 身体に良いと思ってました…』

 

 

誤解の多いお話なのですが

 

 

『敷ふとんは硬い方が良い!』
『綿の敷ふとん一枚で寝るのが身体に良い!』
『煎餅布団は身体の為に良い!』

 

 

これ、間違いです。この神話にはまって
しまい非常につらい目をされてる方多いのです。
問題は硬いのか?柔らかいのか?そういう事では
ありません。問題は

 

 

『身体に合っているかどうか?』

 

 

これが大事なのです。ですので綿ふとんがダメと
いう話でもありません。綿素材は優れた素晴らしいですから!
合っているかどうかが問題です。逆にウールが絶対的に
良い訳でもありません。その人の身体に合わせる事、
使う環境を考える必要があります。

 

 

綿もウールもキャメルも羽毛もシルクも麻…も
いろんな事を考えて是々非々でえびすやは
考えております。

 

 

 

今回はベッドのマットレスがヘタリ過ぎて
腰が痛く、撤去して直接、綿の敷ふとんを
敷くもこれも腰が痛いとのご相談。現場で
確認をさせて頂き、綿のふとんはまだ使えると
判断をしました。

 

 

しかし…。ベッドの底板がすのこ状ではなく
通気の確保が出来ない底板でしたので、
ダイレクトに敷くと結露してしまいます。
そこでロールすのこで通気性を確保しその上に湿度の高い
丹後の気候を考慮した湿気に強いマットレスに
その上に利用中の綿の敷ふとんで二枚敷の
状態で身体に合う硬さ、粘りで調整しております。
その上にパシーマパットシーツを敷きます。
これで吸湿性がさらにグッ!UPします。

 

 

これは綿ふとん一枚では良さが活きなくとも
他で補い合い、寝心地、機能性をUP。そして
元々、使っていた綿の敷ふとんの良さを引き出しました。
ふとん単体で何とかしようとせず使う環境や
使う人の身体に合う様に組み合わせる事がポイントです。

 

 

”和を以て貴しとなす”

 

 

俺が俺が!と一つのモノだけが前へ出るのではなく
お互いが理解し合い、協調することで更なる大きな
力を発揮する事。こんな感じでしょうか?違うかな?(^^;

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

タグ: , ,

昼も夜も変わらない気温

2018年7月19日 / えびすやにあるもの, 綿製品

あまりにも暑いので
おふとんのお仕立ては夜、気温が少し下がって
からする事がよくあるのですがここ最近の
お天気は…。

 

 

『夜も昼並みの気温!(><)』

 

 

仕事場が西日で温められているというのも
影響してるのですが、これじゃ一日中、
真夏日よりじゃないですか?(笑)

 

 

 

 

それならば…。
昼やっても同じと思い( ̄ー ̄)ニヤリ
お茶をガブガブ飲みながら気張っとります!

 

 

暑い中でお仕事される皆様
熱中症には十分気を付けましょう!

 

 

綿ふとんのお仕立ては一枚一枚手作りです。
(ふとん成型機で量産した和ふとんはおススメしません)
お作りするのに時間が掛かりますので夏の間に
準備し、秋冬には快適なおふとんが手元にある
様にされるのが良いかと思います。ご注文を
お待ちしております(^^)

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

タグ: ,

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK