カテゴリー「寝具のこと」の記事

入荷しましたがもう無くなりました。(^^;

2014年3月31日 / えびすやにあるもの, ベッド・マットレス, 寝具のこと

丹後での睡眠時の湿気には頭を悩ませる所。
当店で扱うマットレス類は全般的に湿気(結露)対策を
考慮して扱っております。その中へ最近、仲間として
加わったのが『結露防止用”スイトルマット”』です。

嫁さんのふとんで敷っぱなしにして実験してみました。
一番下に敷きその上に敷ふとんを載せて使うと敷ふとんが
サラリとしており、なかなかよい感じです(^^)

すのこベッドの上に敷いてからマットレスや敷き寝具を
敷くのもオススメです。

とは言いましても敷きっぱなしはよくありませんので、
朝起きた時にチェックしたりこんな感じで空気に晒しましょう。

昨日、入荷したばかりだったのですが湿度の高い丹後では
我家の様に困っていらっしゃる方もたくさんいらっしゃる様で

『完売致しました』

急いで発注をかけましたので今、暫くお待ち下さい(^^;

より快適な眠りが出来るようにこれからも眠りの創造を
して行きたいと思っておりますので今後とも”ふとんのえびすや”を
末永くご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

タグ: , ,

いつまでたっても動かない時計

2014年3月29日 / 寝具のこと, 日々の話, 睡眠改善

娘が保育園から帰ってくるといつも
ジッ~と眺めているものがあります。
先日、遂にシビレを切らして僕に尋ねました。

『お父ちゃん、この時計は今、何時?いつになったら動くん?』

娘はずっとこれを時計だと思ってたんですね(^^)
言う事が可愛いもんですね(笑)

温湿度計です。今年の冬に自分の寝ている寝室の
温湿度を計測する為に購入したものです。今は店に
置いてあるのですが同じ敷地であっても全然、違います。

我が家の寝室は日当たりが悪く、1階の北側。10年程前
リフォーム工事をする時、埋炭をすると良い聞き、クズの
竹炭をたくさん買ってきて自分で掘って埋めようとしたら
水がジュワ~…。そう、湿気地なんですね(^^;

だから乾燥するはずの冬場でも湿度が80~90%なんて
ザラでした。そもそも、丹後ちりめんが育まれてきた
丹後は湿度の高い地域なのですが。

寝室内の湿度に合わせて人間は毎晩200cc以上の汗を
かきます。もし、寝床内の湿気(汗)を吸収しなければ
とても眠りにくい状態になります。冬はその水分で冷やされ
夏はその水分で背中がムンムンムレムレになるでしょう。

特に汗の70%は敷寝具へと向かいます。敷寝具が汗を吸収
してくれない素材だったら眠りにくいことは想像がつくと
思います。

枕やマットレスを自分に合ったモノにすることは勿論大事な
事ですが睡眠時の汗、湿気を吸収しまたそれを放湿する事が
出来る自然素材で出来た寝具を使うことが大切なんです。

日本は湿度も高く、四季があり、冬は氷点下になれば夏は40度
近くまで上昇するようなお国柄です。南国のように年中、タオルケット
1枚とは行きません。

ですからポリエステルやアクリル、ウレタンなどの化学的な素材では
なく吸湿・放湿に優れた自然素材の使って頂きたいんです。そして
自然素材に包まれる心地よさ。これも快適な眠りに誘ってくれるのです(^^)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

現場に足を運び、自分の目で見る

2014年3月27日 / えびすやにあるもの, 寝具のこと, 羽毛製品

先日、当店のオリジナル羽毛ふとんや羽毛ふとんの
リフレッシュをお世話になっている工場へ伺って
きました。僕は機会があれば出来る限り、製造して
いる場所へ伺う様にしております。

と言うのも紙面であったり、話ではなかなか理解
出来ないこともひと目見れば簡単に理解出来てしまう
事はよくあるのです。『一件は百聞に如かず』です。

羽毛ふとんと言うのは使っていくうちに段々とカサが
無くなり、ペチャっとしてきます。ペチャっとして
くるのは汗や脂により羽毛が絡まったり、ダウンの
劣化により壊れてくるからです。

それを『ふかっ!』と元の様な状態に戻してやる
のが羽毛ふとんのリフレッシュという訳です。

今の工場へお世話になるまで4~5回、リフレッシュを
お願いする先を変えております。と言うのは仕事が
上手い下手、丁寧にしているかどうか?設備の程度など

『何処に出しても同じと言うわけではありません。』

ですから、お願いする先を失敗してしまうと
仕上がりも悪くなってしまうかもしれません。

よくあるのが袋に入れてから、羽毛ふとんの
ままで大型洗濯機で入れて乾燥させるやり方が
ありますが狭い袋の中では洗浄が不十分、乾燥も
不十分で羽毛がふっくらと開きません。

工場での作業工程を簡単に説明しますと



羽毛ふとんを解体し羽毛を取り出します。 洗浄前に
除塵ををし壊れた羽毛(ファイバー) やゴミを取り
除きます。羽毛専用の洗浄機で 洗浄・脱水を行います。
1枚づつの個別管理をしています。

洗浄完了。



乾燥室で高温乾燥をします。この時に
羽毛を舞い舞いにして乾燥させると羽毛が
よく広がりふっくらとします。乾燥後は
もう一度、除塵を行います。

この乾燥の仕方で羽毛の水分が奪われすぎると
壊れやすくなり、乾燥が不十分だとベタッと
した感じになります。乾燥は仕上がり具合や
羽毛へのダメージ等、かなり重要なポイントだと
思います。

最後に新し側地に羽毛を充填します。その時に
目減りした不足分を足します(新しい羽毛)

質、状態の良い羽毛ふとんをリフレッシュすると
見事に生き返ります。ただし質、状態の悪い場合は
リフレッシュしても回復の具合が芳しくない場合が
あります。ですから、質の良い羽毛ふとんをお使い
いになられて、こういった形で長く大事に使われる
事をおすすめ致します。

朝、9時半くらいに工場へ着き、工場を出たのが
夜の7時半頃。ホントに楽しかったです(^^)色んな
発見も出来、新しい製品のアイデアも浮かんで
きましたのでまた、試作品を作ってみたいと思います。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

残念ながら”枕”お売り出来ません。

2014年3月23日 / えびすやにあるもの, 寝具のこと, , 睡眠改善

楽に上向き寝が出来、深い眠りが出来る様に
各々に身体に合った敷寝具や枕などを調整し、
ご提案するのがえびすやが得意とするところです。

自分に合った枕を求めてご来店されるお客様も
段々と増えてきております。

しかし、中には枕をお売り(お作り)出来ない
ケースもあります。それは枕を新しくしたからと
行って眠りが改善できない場合。枕が原因でない
場合も多々としてあるのです。

そういう場合は誠に申し訳ございませんがお断り
させて頂いております。

以前、こんなケースが御座いました。

奥様にイビキが酷いと言われ、枕に原因があるのでは
と思われてのご来店でした。

確かに枕が高過ぎる場合などは気道を閉塞して
しまい、イビキの原因になります。そこで高い
枕を疑いましたがどうもそうではなさそうです。
実際に調整をしてみると普段、使っている枕と
高さはあまり変わらないとの事…。

会話を重ねているとこんなことを仰られました。

『途中に目が覚めたり、朝早くに目が覚めるんです…。』

イビキと中途覚醒・早朝覚醒が起こるケースと
言うのは”寝酒”をしている場合に多いのです。
お尋ねしますと入浴後から就寝までの間に飲酒を
される事がココ最近、続いているとの事でした。

そこで枕を作られる前に一度、入浴後から就寝までの
間の飲酒を控えて頂く様にお願いをしました。枕は
その次のお話になるからです。

就寝前の飲酒は眠気を誘い、寝付きはよくなります。
ただし、アルコールの影響で気道が狭くなりイビキを
かきやすくなり、睡眠の後半部分の睡眠段階3~4を
(睡眠段階3~4は深い眠りの部分にあたります)
減少させてしまい、アルコール血中濃度が下がる時に
覚醒しやすくなります。

と言う事は睡眠の質と量ともに悪くなってしまうのです。
また、睡眠時無呼吸症候群を生じやすくなったり、
寝酒を習慣としているとアルコール依存症にかかる原因に
なりかねません。日本睡眠学会も警鐘をならしています。

眠りにくい場合、枕に原因を持って行ってしまう場合が
ありますが必ずしも枕だけに原因がある訳ではありません。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

う~ん。ふとんのサイズどうする?

2014年3月21日 / 寝具のこと, 睡眠改善

『う~ん。ふとんのサイズどうする?』

ご婚礼の寝具を買われるお客様がよく口にされる
言葉ですよね(^^)

シングルサイズで別々に眠るのか?それとも
ダブルサイズで一緒に眠るのか?それともゆったりと?

眠りの観点から見ますと
ダブルサイズよりもシングルサイズで別々に寝た
方が絶対に良いです。と言うのは

『どちらかに合わせるとどちらかが犠牲になる』

ご夫婦揃って同じ様な体型、同じ様な体質という事は
稀です。旦那さんは寸胴ぽっちゃり、奥さんは細身の
スレンダーだったとします。恐らく、同じ敷寝具に眠る
事は難しいでしょう。体型が合わないからです。また
暑がり、寒がりこういった体質も左右されます。

そして、1人あたりのスペースが70cmと大変狭く、
寝返りがし難い、真ん中に隙間ができやすく寒いなど
思っている以上に眠りにくいかと思います。

ただし、利点もあります。

◯経済的である。
◯省スペース
◯夫婦仲良くなる?(笑)

結論として、眠りの質を優先させるなら(優先して下さいね)
シングルで各々の寝具で寝た方が良いと思います。

あと、サイズでよくご相談があるケース。

『セミダブルの敷寝具(ベッド)に対して掛ふとんもセミダブルが必要なのか?』

僕はこういったご相談を受けた場合はほぼ、セミダブルサイズ
ではなくシングルサイズをおすすめしています。セミダブルは
通常、1人で寝ます。ですからシングルサイズで十分なのです。
無駄にでかくする必要はないと思います。

セミダブルサイズ(羽毛ならセミダブルロング)のベッドで
シングルサイズのふとんを掛けるとベッド幅120cmに対して
掛ふとんの幅150cmですので下に引っ張られませんので使い
やすいかと思います。

これから何十年で続くであろう結婚生活。その内の1/3は
睡眠時間であり寝具を使うわけですから快適に眠れる寝具
選びをして頂けらと思います(^^)

ちなみに写真に写り込んでいるのは座敷わらしではなく
僕の娘です。(^^;

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

 

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK