カテゴリー「寝具のはなし」の記事

夏休みの宿題、間に合うのか?

2016年8月17日 / 寝具のはなし, 日々の暮らし, 睡眠改善

お盆休みも終わりました。。。
子どもたちにとっては宿題のラストスパート!
息子は前もって後のことを考えるようなタイプでは
まったくございません(><)お尻に火がつきかけてます。

 

1724

1725

 

本人の構想では豆電球と乾電池を使って何かを作りたい
と言うのは決めてあったらしく図書館まで本を借りてきてました。
ただ電球を光らすのも何なので割り箸を柿渋染めにして行灯を
作ることに。ただ・・・。豆球で明かりを灯すだけの明るさがあるのか(^^;

 

この熱帯夜が続く中体臭・多汗研究所所長を務める
五味常明先生が面白い事を仰られていました。

 

『ふかふかなベッドに寝ている方が汗をかきやすい』

 

この汗というのも無駄な汗なのです。身体には半側発汗と
いう仕組みが備わっています。身体の一部が圧迫されると
その反対側に汗をかき、圧迫側の汗を抑制します。ウィキペディアで
調べてみると芸者さんは帯を胸の高い位置で結ぶことで顔からの
発汗を抑制し、化粧が落ちないようにしているそうです。

 

 

睡眠時に使う寝具が柔らかいと背中にたくさん寝汗をかき
眠りにくくなるということです。柔らかい上に、吸湿性や通気性の
乏しい寝具を使うと更に輪をかけて蒸れが酷くなります。
低反発マットレスは通気性・吸湿発散性が乏しく身体が沈み込むので
夏場は群れ群れになるのですが半側発汗の作用が働かずに
余計に汗をたくさんかいているのかもしれません。販促発汗作用が
働いていれば本来、かかなくてすむ汗にだと言えます。

 

昔、使われてた寝ござなどはそう言った働きをも上手く
使っています。また、身体との密着を避けることも通気を確保しています。
また、昔から使われている夏の寝具の素材、麻はヒンヤリ感
優れた吸湿発散、そういった要素を持ち、日本の気候風土に
適した寝具じゃないでしょうか?

 

1672

(この麻パットは寝ござの様な感じのシッカリさがあります)

 

 

最先端の技術も良いのですが昔から使われ続けているものには
それなりにちゃんとした訳があるという事ですね。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します
                   ※携帯電話キャリアメールからのメールは返信が届かない場合があります。

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

ふとんつくりの勉強に行ってきました。

2016年5月28日 / えびすやにあるもの, 寝具のはなし, 綿製品

先日、大阪へ勉強に行ってきました。
少し前に敷ふとんの講習会をするという連絡を頂きました。
ところがです・・・。そこに持っていく綿の発注が間に合わず

 

1607

 

巻綿を本畳綿に畳み直しました。みなさんには全く馴染みのない
話なのですが綿はシート状になっています。その綿の畳み方には
2種類あるのです。関西北部では一般的には”巻綿”という畳み方
なのですが関西南部は本畳綿が一般的な様です。僕は本畳綿で
教えを受けたので本畳の方がやりやすいのです。

 

ところがうちの親父は巻綿でふとんを作るものですから巻綿しか在庫が
無かったのでいったん綿を広げて畳み直した訳です(^^;
けっこう面倒臭かったです(笑)

 

寝具製作グランプリ、優勝者が何人も指導者で教えてくれる
まぁ贅沢過ぎる勉強会でした。( ̄ー ̄)ニヤリ
お陰様でなかなかいい感じの敷ふとんが出来上がりました。

 

1606

 

この敷ふとんは技能士会メンバーのみんなで
各々が作り数をまとめて熊本の被災地に送る段取りになっているようです。
もちろん、このお布団の熊本へおくります(^^)気持よく使ってくれると嬉しいです。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

新しく作ってみた羽毛ふとん

2016年5月17日 / えびすやにあるもの, 寝具のはなし, 羽毛製品

先日の事件直前に発注をしていた羽毛ふとんが入荷しました。

 

1580

1581

 

いい感じです。パワーもあります。
入荷したのは中国産ホワイトグース93%
とてもよいグースダウンです。今回の事件の報道で誤解を招いている
かもしれませんが『中国産=質が悪い・安い』のではありません。
『質の悪い中国産=安い』と言うより単に『質が悪い=安い』

 

質の悪いダウンというのは生育期間が短い鳥から採取された
羽毛です。粒も小さく、壊れてファイバーになりやすいんです。
こういうダウンを使えば値段は安く出来るわけです。何処の産地で
あっても育成期間が短いと品質は落ちてしまいます。

 

まだ、値段は決めてませんがこの羽毛ふとんよりも遥かに
安いポーランド産マザーグースのふとん、ネット上でたくさん
販売されています。(^^;欧州産に比べれば安価ではありますが
中国産だからと言って極端に安いなんて事はなく質に応じて
良いものはそれなりに値段がします。

 

えびすやの扱うオリジナル羽毛ふとんの大半は産地直輸入で第三国を経由
していません。そしてIDFL(国際的な羽毛の検査機関)で検査を
した羽毛を使っています。(組成混合率、ダウンパワーグース含有率などの検査)
羽毛の原産国が品質を決めるのではのではありません。フラットな
目で良い物は良いとダウンそのものを見ていきたいものです。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ:

敷ふとんは思っている以上に大事です

2016年5月10日 / 寝具のはなし

1551

 
先程、敷ふとんを求めてお客様がご来店下さいましたので
今日は敷寝具の話をしたいと思います。

 

敷ふとん(敷寝具)には大きく3つの役目があります。

 

①寝姿勢を維持する事
②汗を吸湿・発散させる事
③保温性

 

これらが欠けてしまうととても眠りにくいのです。
①は上向き寝が出来るかどうかを考えてみてください。
マットレスや敷ふとんが柔らかすぎる・ヘタっているとなると
上向き寝はしにくくなります(自分に合ってない場合も)
うつぶせ寝は呼吸時に肺が広がらず浅くなり眠りが浅くなり
横向き寝は腕のしびれ、首や肩の凝り・・・。身体の歪みの
原因にになります。楽に上向き寝が出来る事が理想です。

 

②寝床内に汗がこもることは「蒸れ」に繋がります。
汗がこもるとその水分が寒さを引き起こします。
低反発ウレタン、ポリエステル、アクリル、こういった
石油系の素材は殆ど吸湿しませんので蒸れます。
自然素材であれば吸湿しますし、ウールなどの動物系
繊維であれば放湿にも優れます。

 

③背中は温度を感じ取る敏感なセンサーです。
背中が冷たいと眠れません。蒸れても眠れません。
かと言って電気毛布は自律神経を乱し、人間が
本来持っている体温調節機能を低下させてしまいます。
保温性の高い素材、作りの自然素材の寝具を使いましょう。

 

そしてもう一つ注意しないといけないのが

 

湿気

 

日本自体が四季があり高温多湿です。その中でも丹後は湿度が高い。
以前、近畿各地のふとん屋仲間で冬季に2週間、各々の寝室の湿度を
計測したことがあるのです丹後がダントツ。(^^;
安定して80%をほぼ超えていました。

 

 

フローリングに直に敷くのは間違いなく結露しますし
ベッドだからと行って安心できるとは言い切れません。結露やカビの
ご相談は多いのです。えびすやもこの点は苦慮するところで
耐久性とならび大事な要素でそういう点を考慮し製品を扱っています。

 

 

敷寝具は家で言う「基礎」にあたる部分です。ココは特に
シッカリとしておかないと行けませんのでお客様には出来るだけ
丁寧に説明をさせて頂きますし、各々の環境や体型に合うように
ご提案もします。それだけ重要な部分なのです。

 

 

敷ふとんは思っている以上に大事ですよ

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , , ,

5/7朝日新聞朝刊にて『羽毛産地偽装』

2016年5月7日 / 寝具のはなし

ショッキングな記事が朝日新聞の一面を飾ってしまいました。
業界に属するものとしては辛くて残念な事です・・・。以前よりこういう事が
問題となっており遅かれ早かれ、こういう日はやってくると思っておりました。

 

1539

 

これらの記事を見ると中国産が悪いとイメージしてしまいますが
そうではありません。産地が何処であろうと品質はピンキリのはずです。
中国羽毛工業協会の会長が紙面で言われてたのは
『中国産は劣ると差別を受けてきたが高品質のものもある』と。
生育期間が短く未熟で粗悪なダウンがある反面、『おっ!』と
思うような質の良いダウンもあるわけです。どちらも存在するんです。
それはポーランド産であろうとハンガリー産であろうと同じです。

 

品質が良ければえびすやでは中国産の羽毛は使用しています。
実際、良いものはホントに質が良いんです。

 

1540

 

日本国内で産地偽装された羽毛が出回っているのは
日本の買い手が中国(中国は世界の羽毛が集まる加工集積地)に
対して価格の安さばかりを求めた結果(産地偽装されたもの)です。
そういったものを望み、買い求める日本企業に責任があります。

 

 

僕自身、産地は重要だとは思います。ポーランドなんかは品質が安定しています。
しかし、それ以上に大事なのはダウンそのもの質です。産地だけで
良し悪しは判断は出来ません。

 

そして、質は大事という事を前提として、もっと俯瞰して
見るのであれば側生地や縫製の仕方、
充填量など他にも羽毛ふとんの
良し悪しを決める要素がもあります。産地というのは全体で見た場合
一部の話に過ぎないのです。今回の出来事は多くの中の1つの基準に
とらわれ過ぎて本質を見ていない事に原因があるように思います。

 

食品にしろ、先日の自動車やビルの免震・・・。
デフレの価格競争に晒され、本来、大切にしないといけない事が
ないがしろにされてしまってるのではないでしょうか?
これは負のスパイラルに巻き込まれてしまってます。
経済を優先しすぎるあまり自身が作ったもの、販売するものに
対してみんな何か忘れてしまっているような気がします。
今回の事で業界全体、背筋を伸ばさなくてはなりませし
自分自身も肝に銘じなくてはなりません・・・。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

10 / 29« 先頭...5...9101112...152025...最後 »


 


ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
不定休(ほぼ無休)

AM9:00~PM7:00


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK

 

 

follow me!


follow us in feedly

アーカイブ

今年も蚊帳はじめました。

北近畿の情報満載!

まねきねこ.com 北近畿