カテゴリー「寝具のこと」の記事

なんかシットリしとるで!

2014年12月31日 / えびすやにあるもの, ベッド・マットレス, 寝具のこと, 睡眠改善

『なんかしっとりしとるで!』

と嫁さんが言うじゃないですか!
敷ふとんをめくってみるとマットレスのカバーが
湿ってます。皆さんもそんな経験はないでしょうか?
シットリを越してベッチベチャやカビなんて事も…

結露はこの時期の1つの悩みじゃないかと
思います。我家の隣に背の高いビルがあるので
日が当たりにくく、平屋の北側に寝室が
あるのでかなり湿度が高いんです。(^^;

その部屋に去年から湿気に強いマットレスを
敷いて実験をしておりますが流石に長期間
敷きっぱなしにしてると…気温が低いことも
あって(^^;マットレスのカバーがシットリしてます。

しかし、中は触ってもサラサラしてて
湿気を全く感じさせません。強いです。(^^)
このマットレスなかなか優秀です。

教訓として、基本的に敷きっぱなしにしないことです。
マットレスと床や畳との接地面の結露やカビはこの時期
起こしやしすいです。立て掛けるなど、またこんな感じで

マットレスの裏面を空気に晒す様に
折りたたむだけでも変わりますのでオススメです。

下がスノコと言えども敷きっぱなしですと
結露やカビの可能性が出てきます。

また、ウレタン素材のマットレスや硬綿ポリエステルの
敷ふとんなんかは結露しやすいです。そして、敷寝具は
2枚敷がオススメです。1枚敷よりも湿気が抜けてくれます。

湿気を吸湿するには自然素材の寝具を使いましょう!
ウールや羽毛などの動物性繊維の寝具は放湿性にも優れます

この時期、ホントに多いふとんの悩みの1つですので
先程、書いたような事を頭の隅に意識して頂いて
結露には気をつけて快適な眠りをして下さい(^^)

ご挨拶が最後になりますが
皆様、良いお年をお迎えください。(^^)
そして、来年もどうぞえびすやをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

今年もあと残す所、1週間

2014年12月23日 / 寝具のこと

今年の後残す所、一週間になりました。
当店は31日まで営業をしていますので急遽、
必要な物がありましたらお越しください。

ただし、えびすやオリジナル制品や別注品は
年内の入荷にはもう間に合いませんので店頭在庫
のみの対応となりますがご了承下さい。

さて、最近よく受けるご相談。

『ふとんの結露・カビを生やしてしまった』

 

なんて事を経験されたことがあるかと思います。 この時期、
よくやってしまうことなのです。 身体から発した汗(水分)の
約70%は敷ふとんへと 向かいます。表面は体温で暖めらて気に
なりませんが 床に近い部分ほど温度が低く、結露してしまうのです。
特にフローリングの上での直敷は危険です。

そこで気をつけていただきたいポイントが幾つかあります。

①敷きっぱなしにはしないこと(フローリングは特に危険)

②朝起きた時は裏面をチェック(すのこベッドでも過信しない)
スノコを敷いていても敷きっぱなしでいるとシマウマ状に
カビを生やしてしまうことも…。


③敷きっぱなしにしてる場合は上半身側のマットレスの
接地面を空気に晒すようにする

④除湿マットを敷く。
ふとんの下に湿気を吸収してくれる除湿マットを
敷くと結露を防げますが飽和状態になってしまうので
定期的に干さなくてはなりません。

⑤1枚敷よりも2枚敷
2枚敷の方が良く湿気を逃します。下に敷くマットレスも
湿気の逃げやすいものにしましょう。


例えばこのマットレスは通気性がよく湿気をよく逃がしてくれます。
体積の約95%は空気で軽く、クッション性の良いマットレスです。
万が一があっても洗えます。

⑥ふとん乾燥機を使う
冬場は中々、干せませんのでふとん乾燥機がオススメ。
ふとん乾燥機の使い方をまとめてます

えびすやがある丹後は冬といえども湿度が高いです。
そのせいか結露のご相談が多く、当店で扱うマットレスや
ベッドは出来るだけ湿気を考慮して取り扱いをしています。

すのこよりも更にふとんとの接地面を減らし
通気性を確保したベッドです。総桐ですので調湿にも
優れいています。

⑦マットレスに乗せる敷寝具は自然素材のものにしましょう!
自然素材の綿は汗を吸収してくれます。また、特に動物繊維は
調湿に優れます。

いろいろと方法や対策はありますが必ずしもコレだけすれば
良い ということは言えません。と言いますのも人によって
使っている 寝具や寝室の環境も異なります。もっと言えば
家の立地でも 湿度が全然変わってきます。

纏まりのない下手な文章になってしまい分かり
難いと思いますが…(^^;
もし、こういった事でどうしたら良いのかお困りでしたら
当店へお気軽にお尋ねください。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

枕なしで寝ています。その2

2014年12月14日 / 寝具のこと, 睡眠改善

先日の記事。枕なしで寝ています。とよく似た
お話になります。

枕を作りに来られたお客様と会話をしていますと
このまま、枕をお作りをしても合わない様な気が
するもののイマイチ、把握しきれない事があり
お客様の使っている寝具を拝見させて頂くことに
なりました。

原因は低反発素材のマットレスでした。
身体が沈み込みすぎ、お客様の身体に合っていないのです。

手で押して後ですが圧を掛けるとじわ~っと
沈むのが特徴です。それにより身体が沈み込み、
変に枕があるよりも無い方がマシだったりするわけです。

でも枕なしが良い訳ではありません。首の頚椎の弧を
埋めて支えてやるのが枕の役目ですので枕がないと
首を支えてきれてないので首に負担がかかります。

他にも身体が沈み込み過ぎる事によって寝返りが
しにくくなったり、吸湿・通気が悪いので特に夏場は
蒸れやすく、冬場は結露しやすくなります。元々、
こういった素材の発祥は北欧ですから春夏秋冬が
ハッキリとし、湿度も高いですから使用環境というのが
異なります。寝具の素材としては日本では合いにくく
眠りのメカニズムにも合わないのではないか?と
思いますのでえびすやでは販売をしておりません。

これからの時期、湿度は低いようで案外高いのが
丹後の気候。結露に気をつけましょうね!そういった
ご相談が増えてくる時期であります。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

枕なしで寝ています。

2014年12月11日 / 寝具のこと,

お陰様で枕のご相談の機会を頂く時間が
多くなりました。当店ではお客様と色んな
お話をしながらその中で何処に問題があるのかを
導き出し、改善策をご提案する様にしております。

その中でお客様からよく耳にするフレーズ
いろんな枕を買ってみても結局は…。

『枕なしで寝る方がまだまし…』

こんな事をよく聞きます。この場合、
枕そのものが原因ではなく他にあります。
それは『敷寝具が合っていない』と言う事。

不思議なことに、お店に来て頂いてお客様に
合うように店にあるサンプルで敷寝具と枕を
同時に調整していくと

『枕が無しではしんどいです』

と仰られます。枕なしで眠れれていた原因は
敷寝具が柔らかすぎるか、ヘタってきている事が
原因です。でも、自分に合う枕なんていくら見て
触ったところでは解りませんし、ましてや枕以外に
原因があるとなると余計に解りません。

たかが寝具ではありますが実は想像以上にとても
奥が深いのです。これは僕自身、ふとん屋を
しなけりゃ全く気が付かなかったことです(^^;

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

今日のボード

2014年12月8日 / お知らせ, 寝具のこと

今日のボードと言いましても毎日書き換えてる
訳ではありません。サボり気味で2~3週間に
一度くらいでしょうか(^^;店頭に掛けてあります。

汚い字ですがご了承下さい(^^;

お客様との会話の中でよくある話なのですが
掛ふとんさえ、整えたら暖かくなると誤解されている
場合があります。お年寄りの方でよくあるのが

掛ふとんを4枚も5枚も重ねている場合…。

保温性が
高まるというよりも重くて寝返りが出来なくなります。
身体への負担が大きくなるだけで効果は薄いです(^^;

今度は掛けはシッカリと整えていい羽毛ふとんを使い
カシミアの毛布なんか使っているのに寒い…。
そんなケースもあります。お話をよくよく聞いてみると
ベッドを買う時にサービスに貰った

薄いパット1枚で寝てます。

なんて事もあります。

ポイントは掛ふとんも勿論大事なのですが
敷ふとんの保温性が全然足らない事が原因です。
敷ふとんに保温性が無いと横向き寝をして縮まって
眠りませんか?横を向くのは背中の接地面積を
減らして冷たさを少しでも回避したいからです。

とは言いましても電気毛布はオススメできません
睡眠の質が悪くなり、身体にも良いとは言えないからです。

アクリルやポリエステル系の寝具もオススメできません。
蒸れて余計に冷えてしまいやすいからです。
出来るだけ自然素材のシッカリとした敷寝具を
使いましょう。背中が冷えることが無ければ寝心地も
快適になります(^^)

ちなみにボードに書いてある何年も使った綿のおふとんと
言うのはヘタったせんべいふとんの事です。
いくら自然素材といえどもヘタっていると暖かい
空気を含むことが出来ませんし、湿気を含むと更に
寒くなります。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK