カテゴリー「寝具のこと」の記事

眠る時に身に纏うのは化学じゃなく自然で

2015年2月10日 / 寝具のこと

お客様とお話をしていますと発熱をする化繊系のアンダーウエアを
着てる方がとても多くいらっしゃいます。うちの家族も
しょっちゅう着てるわけじゃないですが数枚は持ってるようです。

僕は化繊が肌に触れるのがどうしても嫌で
そういった類のものは今は持っていません。綿100%ばかりです。

確かに暖かいよんですね。上手く使えばいい防寒着に
なるんじゃないかと思いますが化繊ですので一気に発汗すると
吸湿が追いつかずムレムレになり、残った水分が
身体を冷やしてしまう事になります。今の時期ですと雪かき
なんかしたら一気に汗をかきこんな状態になりますね。

それと似たような事が睡眠時にも起こりうるのです。
冬であっても少なくとも200ccは一晩で発汗します。
特に寝入りで大半の汗を一気にかく為、素早く汗を
吸収できる素材でないと水分が残り蒸れてしまいます。
これが寝汗で水分が温度を奪い冷えてしまうんです。

なので日中はともかく、睡眠時にこういった素材の
インナーを身につけて寝ると汗がこもり身体を冷やす結果に
なりかねません。

こういった素材は凝縮熱といい水分が気体から液体に
変わって熱を発する事で暖かいのですがこれはなにも
こういった特別な素材の話ではなく

自然素材なら当然持っている働きなんです。

でも水分が発生しても化繊系の素材は吸湿性が
殆どありませんので汗がこもってしまい、その水分が
熱を奪っていくのです。

これはインナーだけの話ではなくフリースのパジャマ、
アクリルの毛布、ポリエステル綿のふとん…。
全て同じことが言えると思います。恐らく、寝汗で
身体を冷やしたり、寒い思いをして寝ていらっしゃる気がします。
これ、全て自然素材にチェンジしたら眠りが全然変わります。
是非、自然素材のパジャマ、毛布、掛ふとん、敷ふとんを
使ってみてください。

話はインナーに戻りますが皆さんは
素肌にパジャマを着ておられますか?僕は綿の
ジャマの下に綿100%のシャツを着ます。着るなら
自然素材のものを着てください。パジャマは綿素材などの
ゆったり目で通気性のあるものを着てください。

えびすやでしたら綿100%。薄い二重織りのニット地の
インナーをオススメしております。空気層が出来て暖かく、
レース部分も化繊ではなくレーヨンを使い、敏感肌の人でも
着やすい素材になってます。

眠りは化学の力よりも自然の力に身を委ねてみてください。

追伸

最近知ったのですが化繊系の発熱素材のインナーで
こんな事例が増えてるようです。化学繊維によるアレルギーなのか?
汗がこもり汗疹(あせも)の様な状態になっているのか?
詳しくはわかりませんが気になる事例です。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , , ,

目利き

2015年1月30日 / えびすやにあるもの, 寝具のこと, 羽毛製品

先日、羽毛に関する勉強会に参加してきました。
袋に羽毛が入っていてこれを見て鳥の種類と産地を見分けなさいと…。
難しいですぇ(^^;羽毛の色やフェザーの形などで判断するんです。

これ、製品の状態ですと中身は見えないのでそんな事は
解りませんが羽毛ふとんのリフレッシュの時は中を開けて
表示ラベルと照らし合わせ状態を確認をしますし、えびすや
オジリナルの羽毛ふとんは工場へ行って羽毛を確認した
もので作っておりますので中身を見たり触ったりする機会はよくあります。

これは何回も見て触って、製品にしてを繰り返して行く事で
感覚的に理解できるようになってきます。まだまだ、勉強ですね。
学ぶことには終わりが無さそうです(^^;

羽毛ふとんの話の続きですが羽毛ふとんの中身の産地って
何処が多いかご存じですか?表示などを見てるとポーランド産や
ハンガリー産、ロシア産などの北欧の寒い地域の羽毛が入った
製品をよく見かけますが…。

実際の所、アジア産が全体の75%を占めてます。
なのにアジアの国名が表記されたものが殆ど見当たりません。

おかしいですね…。表記を偽っている事になります。
北欧で採取されたものの方がイメージがよく高級感が
あるからなのでしょう。実際に見るとポーランドや
ハンガリー産、いい物が多いです。マザーグースなんか
とても良いです。

えびすやでは産地だけにこだわらず質の良さや価格と質の
バランスなどを見て使う羽毛を決めます。なのでポーランド産や
ハンガリー産などの北欧、フランス産もあり、中国産も
あります。産地が羽毛の良さを決めるのではなく、
良さを決めるのは実物の質です。

そして、側生地の質、縫製の仕方などによって使い心地の
良し悪しが出てきます。いくら良い羽毛を使っても全然ダメな
場合もあります。羽毛は勿論大事ですし、トータルバランスも
考えなくちゃなりません。

結論。良いものはそれなりの値段がします。

ある程度、質と価格は比例していると思います。それは
羽毛ふとんに限った事ではありませんね。

ちなみに
えびすやのオリジナル羽毛ふとんは39,800円(シングル)~です。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

店の前のボード

2015年1月14日 / 寝具のこと

心機一転。今年、初めて店頭のボードを買い替えました。
えびすやは十字の交差点の近くにあり、信号待ちの間
結構、読んでくれてるそうです。お客様がそう教えてくれます(^^)

お店からそっと信号待ちしてる
ドライバーさんの様子を伺ってると結構見てくれてます。
今回はお客さんによく聞かれることなのでよく
見てくれているのかもしれませんね。

中身がよく詰まった膨らみが大きい羽毛ふとんと言うのは
暖かそうに見えます。そういうふとんは見栄えが良いので
お客様にとっては好印象に映ります。

膨らみ過ぎは実は使い難いのです…。構造にもよりますが
身体にフィットしないから隙間も出来やすく、寝返りを
打つと滑りやすかったります。

なので上に毛布を乗せると重石となって身体にピタッと
フィットし隙間も埋まり温かみが増します。そういった意味で
上に乗せると良いんです。

しかし・・・重石をしなくても暖かいのなら無い方が
軽いので良いですよね。(^^;

アクリル毛布だったら上の方が良いと書いたのは
アクリル毛布は吸湿性が殆どありません。寝床内に
汗がこもり冷えます。羽毛は本来、吸湿性が良いのが
特徴ですがそれが活きてきません。そして、場合に
よっては毛布の目で上のふとんが滑りやすかったりします。

中には入れるのはシルク、カシミヤ、ウールなどの
自然素材であり保温性、吸湿性の高い動物性繊維の
毛布をオススメします。パシーマもGood!羽毛ふとん
1枚では不足していた保温力を高めてくれます。

最後の静電気のお話ですがアクリルは
寝返りで生地が摩擦を起こすと静電気が起きます。
最近、多いポリエステル(同じ石油系素材)生地の
羽毛ふとんなんかも静電気が起きます。毛布から
ホコリが出なくても集塵してしまいますので喘息
などの方には注意です。

先程の吸湿性の話ですが入眠時にはメカニズム上
必ず多くの汗をかきます。しかし、ポリエステルやアクリルの
繊維は殆ど吸湿しません。シーツやパジャマが
湿気を吸い込むことになり、寝汗などで湿気るとそれだけで
寒さを感じてしまいます。

こういったような理由からアクリル毛布は
えびすやではオススメしていないのです(^^;

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ:

なんかシットリしとるで!

2014年12月31日 / えびすやにあるもの, ベッド・マットレス, 寝具のこと, 睡眠改善

『なんかしっとりしとるで!』

と嫁さんが言うじゃないですか!
敷ふとんをめくってみるとマットレスのカバーが
湿ってます。皆さんもそんな経験はないでしょうか?
シットリを越してベッチベチャやカビなんて事も…

結露はこの時期の1つの悩みじゃないかと
思います。我家の隣に背の高いビルがあるので
日が当たりにくく、平屋の北側に寝室が
あるのでかなり湿度が高いんです。(^^;

その部屋に去年から湿気に強いマットレスを
敷いて実験をしておりますが流石に長期間
敷きっぱなしにしてると…気温が低いことも
あって(^^;マットレスのカバーがシットリしてます。

しかし、中は触ってもサラサラしてて
湿気を全く感じさせません。強いです。(^^)
このマットレスなかなか優秀です。

教訓として、基本的に敷きっぱなしにしないことです。
マットレスと床や畳との接地面の結露やカビはこの時期
起こしやしすいです。立て掛けるなど、またこんな感じで

マットレスの裏面を空気に晒す様に
折りたたむだけでも変わりますのでオススメです。

下がスノコと言えども敷きっぱなしですと
結露やカビの可能性が出てきます。

また、ウレタン素材のマットレスや硬綿ポリエステルの
敷ふとんなんかは結露しやすいです。そして、敷寝具は
2枚敷がオススメです。1枚敷よりも湿気が抜けてくれます。

湿気を吸湿するには自然素材の寝具を使いましょう!
ウールや羽毛などの動物性繊維の寝具は放湿性にも優れます

この時期、ホントに多いふとんの悩みの1つですので
先程、書いたような事を頭の隅に意識して頂いて
結露には気をつけて快適な眠りをして下さい(^^)

ご挨拶が最後になりますが
皆様、良いお年をお迎えください。(^^)
そして、来年もどうぞえびすやをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

今年もあと残す所、1週間

2014年12月23日 / 寝具のこと

今年の後残す所、一週間になりました。
当店は31日まで営業をしていますので急遽、
必要な物がありましたらお越しください。

ただし、えびすやオリジナル制品や別注品は
年内の入荷にはもう間に合いませんので店頭在庫
のみの対応となりますがご了承下さい。

さて、最近よく受けるご相談。

『ふとんの結露・カビを生やしてしまった』

 

なんて事を経験されたことがあるかと思います。 この時期、
よくやってしまうことなのです。 身体から発した汗(水分)の
約70%は敷ふとんへと 向かいます。表面は体温で暖めらて気に
なりませんが 床に近い部分ほど温度が低く、結露してしまうのです。
特にフローリングの上での直敷は危険です。

そこで気をつけていただきたいポイントが幾つかあります。

①敷きっぱなしにはしないこと(フローリングは特に危険)

②朝起きた時は裏面をチェック(すのこベッドでも過信しない)
スノコを敷いていても敷きっぱなしでいるとシマウマ状に
カビを生やしてしまうことも…。


③敷きっぱなしにしてる場合は上半身側のマットレスの
接地面を空気に晒すようにする

④除湿マットを敷く。
ふとんの下に湿気を吸収してくれる除湿マットを
敷くと結露を防げますが飽和状態になってしまうので
定期的に干さなくてはなりません。

⑤1枚敷よりも2枚敷
2枚敷の方が良く湿気を逃します。下に敷くマットレスも
湿気の逃げやすいものにしましょう。


例えばこのマットレスは通気性がよく湿気をよく逃がしてくれます。
体積の約95%は空気で軽く、クッション性の良いマットレスです。
万が一があっても洗えます。

⑥ふとん乾燥機を使う
冬場は中々、干せませんのでふとん乾燥機がオススメ。
ふとん乾燥機の使い方をまとめてます

えびすやがある丹後は冬といえども湿度が高いです。
そのせいか結露のご相談が多く、当店で扱うマットレスや
ベッドは出来るだけ湿気を考慮して取り扱いをしています。

すのこよりも更にふとんとの接地面を減らし
通気性を確保したベッドです。総桐ですので調湿にも
優れいています。

⑦マットレスに乗せる敷寝具は自然素材のものにしましょう!
自然素材の綿は汗を吸収してくれます。また、特に動物繊維は
調湿に優れます。

いろいろと方法や対策はありますが必ずしもコレだけすれば
良い ということは言えません。と言いますのも人によって
使っている 寝具や寝室の環境も異なります。もっと言えば
家の立地でも 湿度が全然変わってきます。

纏まりのない下手な文章になってしまい分かり
難いと思いますが…(^^;
もし、こういった事でどうしたら良いのかお困りでしたら
当店へお気軽にお尋ねください。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご連絡をいただけると幸いです。
不定休、諸都合等で休みの場合がございます。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK