カテゴリー「寝具のこと」の記事

5/7朝日新聞朝刊にて『羽毛産地偽装』

2016年5月7日 / 寝具のこと

ショッキングな記事が朝日新聞の一面を飾ってしまいました。
業界に属するものとしては辛くて残念な事です・・・。以前よりこういう事が
問題となっており遅かれ早かれ、こういう日はやってくると思っておりました。

 

1539

 

これらの記事を見ると中国産が悪いとイメージしてしまいますが
そうではありません。産地が何処であろうと品質はピンキリのはずです。
中国羽毛工業協会の会長が紙面で言われてたのは
『中国産は劣ると差別を受けてきたが高品質のものもある』と。
生育期間が短く未熟で粗悪なダウンがある反面、『おっ!』と
思うような質の良いダウンもあるわけです。どちらも存在するんです。
それはポーランド産であろうとハンガリー産であろうと同じです。

 

品質が良ければえびすやでは中国産の羽毛は使用しています。
実際、良いものはホントに質が良いんです。

 

1540

 

日本国内で産地偽装された羽毛が出回っているのは
日本の買い手が中国(中国は世界の羽毛が集まる加工集積地)に
対して価格の安さばかりを求めた結果(産地偽装されたもの)です。
そういったものを望み、買い求める日本企業に責任があります。

 

 

僕自身、産地は重要だとは思います。ポーランドなんかは品質が安定しています。
しかし、それ以上に大事なのはダウンそのもの質です。産地だけで
良し悪しは判断は出来ません。

 

そして、質は大事という事を前提として、もっと俯瞰して
見るのであれば側生地や縫製の仕方、
充填量など他にも羽毛ふとんの
良し悪しを決める要素がもあります。産地というのは全体で見た場合
一部の話に過ぎないのです。今回の出来事は多くの中の1つの基準に
とらわれ過ぎて本質を見ていない事に原因があるように思います。

 

食品にしろ、先日の自動車やビルの免震・・・。
デフレの価格競争に晒され、本来、大切にしないといけない事が
ないがしろにされてしまってるのではないでしょうか?
これは負のスパイラルに巻き込まれてしまってます。
経済を優先しすぎるあまり自身が作ったもの、販売するものに
対してみんな何か忘れてしまっているような気がします。
今回の事で業界全体、背筋を伸ばさなくてはなりませし
自分自身も肝に銘じなくてはなりません・・・。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

倉庫で見つけた懐かしいさ

2016年4月26日 / 寝具のこと

倉庫で整理をしていると・・・。
何年か前にオリジナルで作った寝具が出てきました。
あぁ~懐かしいなぁと思い広げて眺めていました。

 

1506

 

二層式のウールの敷パットです。二枚合せになってて
それぞれキルトパターンが異なります。

 

あーやって下さい。こーやって下さい。とキルトのパターンを
変えてみたり、中綿の量を変えたり、色々と面倒臭いことを
お願いしてご迷惑をお掛けしました。

 
その事を謝りつつもお礼を改めて言わないといけないくらい
勉強になりました。その時、ウールとは?敷寝具とは?
そして敷寝具の重要性の認識がこの時少しは理解が
出来と思います。その後、オリジナル寝具を作るに
あたって活かされ、良い経験が出来たと思います。

 

敷寝具は体重が掛かる上、寝返りがある。そして
汗の約70%は敷寝具へと向かいます。
また、暖かさや寒さを感じるのも敷寝具。背中が
ベッタリとくっついてるわけですから、吸湿性が
無ければ蒸れますし寒くもなります。保温性も
吸湿発散性も必要になります。寝心地が決まる
身体を支える支持性も必要になります。

敷寝具には必要な要素がたくさんあります。
敷寝具はキチッとしたものを選ばないとそこで眠りの
質が決まってしまうと言っても過言じゃありません。
(もちろん、掛け寝具も凄く大切ですよ(^^;)

 

だから適当なものは販売できないんです。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

タグ: , , ,

ダメな枕の使い方

2016年4月18日 / えびすやにあるもの, 寝具のこと, , 睡眠改善

昨日から丹後では選挙戦が始まりました。
是非、この丹後を未来ある方向へ導いて下さい(^^)
候補者の皆様の健闘を祈っております

 

さて、えびすやでは

 

『この枕ください。』
『はい。どうぞ。』

 

ではなくカウンセリングをしながら各々の首・頭・体型に
枕を合わせていきますので様々なお客様が来られますし
様々なケースに遭遇することが御座います。そのうちの
一つをお話します。

 

とあるお客様とお話をしながら枕を合わせていると・・・。

 

『これ低いわ。もっと高くして』
『もっともっと!』

 

どう見ても高すぎて、どう見ても合わない・・・。
でももっともっと高くして欲しい。こういう時に多いのが

 

『テレビ枕』

 

これ、良くないんですよ。結構、首への負担が大きいんです。
テレビを真正面にした場合、例えばこんな感じで無理矢理高くするんです。

 

1489

 

二つ折り。二枚重ねのケースもあります。そうすることで
顎を引くような形でテレビが見るんです。テレビを見てるうちに
眠ってしまうのでそのまま不自然な上向き寝をするわけです。
これは枕が合う合わないの問題ではありません。

 

これ、ホントに良くないですから首がだるくなったり痛めますよ。
僕が実際にやってたんです。(^^;僕の場合は枕を高くするのではなく
ベッドのヘッドボードに
首を立て掛ける様にして首をくの字に。

 

テレビと眠りは分けなくてはいけません。テレビを睡眠薬代わりに
してしまうからいけないんです。テレビの光は脳を刺激してしまいます。
眠れていても実は質はあまり良くなかったりします。テレビの内容に
よって交感神経が活発化してしまい寝付きがわるくなることも。

 

こういう場合、えびすやでは枕を見るために枕をお作りしません。
状態を悪くさせるだけだからです。

 

横の場合も勿論オススメしません。今度は肩や首、腕に
負担が掛かってきます。凝りや腕のしびれなどです。基本は
上向き寝です。上向き寝が出来るように枕を合わせていきます。

 

その時に影響を及ぼしてくるのがマットレスや敷ふとん。
枕を合わせても敷寝具の状態が悪ければ合いませんし
上向ね寝もまず出来ません。一晩のうちの大半が横向き寝、
うつぶせ寝、寝起きが辛い・・・。そういう事が起こりうるのです。

 

通販のカタログを見て選んだり
お店でジックリとパッケージを見て枕を選んでも
なかなか思うような枕に出会わない方ってたくさん
いらっしゃると思います。実際に合わせないと
見ただけ、触っただけでは合うものは見つかりません。

 

1490

 

と同時に先程の敷ふとんがピタッと合えば
今までの眠りとガラリと変わります。敷寝具も見たり触ったり
では実際に合うかどうかは解りません。実際に合わせてみる
のが1番です!

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

タグ: , ,

ふとんは農産物加工品であり料理です。

2016年4月14日 / えびすやにあるもの, 寝具のこと, 羽毛製品

と書いてしまうと『えっ!』と思われてしまうかもしれませんが
実はそうなのです。えびすやの扱うおふとんは間違いなく農産物加工品です。

 

どうしてかと言いますと自然素材だからです。綿もウールも
羽毛もシルクも・・・。全て育てられたものです。野生のものでもなければ
石油から作られているものではありません。(勿論、そういう素材も寝具の素材です)

 

1473

 

厳密に言うと採れた時期や年によって品質にバラつきが出てきます。
それは天候や環境に左右されるからです。羽毛でお話をしますと
良い産地だと言われているポーランドやハンガリーなどはこのバラつきが
少なく品質が安定しています。

 

紅茶で有名なリプトンは品質(味)を一定に保つためにブレンドをする
そうです。これもバラつきを回避する方法かと思いますが、えびすやでは
品質が落ちたと感じたら定番から外し
他の羽毛に切り替えたりします。
お値段そのままで品質がUPするのなら
大歓迎なのですが…(笑)

 

 

写真の様にふとんを広げてる時にお客さんが来られると
何してるのと?びっくりされることがあります。

1469

 

定期的にお店の在庫の羽毛ふとんをこうやって広げて放置して観察しています。
同じ羽毛ふとんでも季節に寄って膨らみ方が変わります。それは羽毛が呼吸を
しているんです。湿度の影響をうけているからです。ということは汗をかいたときに
羽毛が汗を吸湿し、寝床内の湿度をコントロールしてくれるから快適なのです。
自然素材は生きています。

 

中身の羽毛も側地も農産物です(えびすやの羽毛ふとんの側地は必ず綿100%)
これを料理(縫製)すると羽毛ふとんが出来上がるのですがこの料理の仕方で
美味しくも不味くもなるわけです。

 

えびすやでは写真の通りにマス目は細かく取ります。それはフィット感を高め
隙間を無くすことで保温力を高めるためです。この縫製の仕方も使う羽毛の量や
側地、どんな風に使うかで変えていきます。余談ですがお客様によく尋ねられるのが

 

『ツインキルトの羽毛ふとんは置いてますか?』

 

解りやすく図にしてみました。上手くありませんが(^^;

 

1470

 

こんな感じです。
キルトのパターンが異なる2層で出来ているキルトです。
厚みが増し暖かいと言われるのですがえびすやでは扱ってません。
真ん中に生地が一層増えるため、重くなる事。羽毛が吸収した
湿気が抜けにくく成ること。沿いにくくモゴモゴする(←これは僕の感覚です)

 

良い素材を選び、上手に料理をすれば美味しいく出来上がります(^^)
良い素材も実際に目で見てみないと解りません。写真の左は
中国産福建省産の漢方用にジックリと長期飼育されたダックダウンを
使っていますが下手なグースより粒が大きく毛足が長いので保温力があります。
ダックだから、中国産だから・・・。ではなく良い物は良いんです。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

タグ: , ,

ゴミの話。このままじゃ埋もれてしまう?

2016年4月12日 / 寝具のこと, 日々の話

先日のムヒカ前大統領の演説の記事を書きましたがその中で
チラッと紹介しましたゴミのお話です。

 

1466

写真素材足成様よりお借りしています)

 

東京都の粗大ごみNo.1はふとん。十数年不動の1位だそうです。
ふとん屋としては辛いところ・・・。恐らく、1位は東京都だけの話ではないでしょう。
東京のような都会と丹後のような田舎とはでは状況の違いは
あるのかもしれませんが全国的に大きな差はないかもしれません。

 

モノは使っているうちにやがて壊れます。
寿命というのものがあります。ですから人間が消費し、生きている以上
ゴミは必ず出てきます。モノもいつかは寿命がやってきたり
なんらかの理由で不必要になることもあるでしょう。それは当然のことです。

 

しかし・・・。
それらは本来、ホントに欲しいと望んだものなのでしょうか?
経済の発展のためにドンドンと作り、ドンドンと売り、ドンドンと買い
焼却場へドンドン集められ、ドンドン燃やされる。
常にコマーシャルが消費の後押しをしてきます。まるで使い捨てを
奨励しているかのように。

 

ふとんが粗大ゴミN0.1である理由は使い捨てになっているから
なのではないでしょうか?使い捨てのつもりはなくとも直ぐにダメに
なるからかもしれません。そんなふとんに恐らく、愛着もないでしょうし
大切に使う、メンテナンスをしようとは思わないでしょう。

 

 

何よりもふとんに必要な機能性、保温性、吸湿発散、心地よさ・・・。
見た目はふとんでも肝心のふとんとしての働きが満足できる
ものではないでしょう。本質的なところからだんだんと離れて
しまっている様な気がします。

 

僕がふとん屋ですのでふとん屋の話を書きましたが
恐らく、ふとん以外のモノもそんな感じじゃなかな?と思います。
売ること一辺倒の経済再優先の考えを改め、使う人のことを考え
思いを馳せたものづくり、販売をしないとこのまま大量消費社会が
追われていくとホントにモノに埋め尽くされてしまうかもしれません(^^;

 

このままでは先が見えていると言っても過言じゃないでしょう。
僕達、消費者の意識が変わらないとこのままでは行き着くところまで
行ってしまう。今の経済を否定をする訳じゃないですが
あれもこれもではなく、今までよりも自分がホントに必要だ、
使って心地よい、愛着、大切にするそんな思いをもっと大切に
してみたらどうだろうか?
(偉そうなこと書いてますが自分自身に語りかけてます)

 

 

モノそのものに幸せがあるのではなく
使うこと、そこから体感するもの、どう使うのか?
それに対する思いから。そういったことから幸せを実感できるのかな?
と思う今日このごろです。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

タグ: , ,

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご連絡をいただけると幸いです。
不定休、諸都合等で休みの場合がございます。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK