カテゴリー「寝具のこと」の記事

ゴミの話。このままじゃ埋もれてしまう?

2016年4月12日 / 寝具のこと, 日々の話

先日のムヒカ前大統領の演説の記事を書きましたがその中で
チラッと紹介しましたゴミのお話です。

 

1466

写真素材足成様よりお借りしています)

 

東京都の粗大ごみNo.1はふとん。十数年不動の1位だそうです。
ふとん屋としては辛いところ・・・。恐らく、1位は東京都だけの話ではないでしょう。
東京のような都会と丹後のような田舎とはでは状況の違いは
あるのかもしれませんが全国的に大きな差はないかもしれません。

 

モノは使っているうちにやがて壊れます。
寿命というのものがあります。ですから人間が消費し、生きている以上
ゴミは必ず出てきます。モノもいつかは寿命がやってきたり
なんらかの理由で不必要になることもあるでしょう。それは当然のことです。

 

しかし・・・。
それらは本来、ホントに欲しいと望んだものなのでしょうか?
経済の発展のためにドンドンと作り、ドンドンと売り、ドンドンと買い
焼却場へドンドン集められ、ドンドン燃やされる。
常にコマーシャルが消費の後押しをしてきます。まるで使い捨てを
奨励しているかのように。

 

ふとんが粗大ゴミN0.1である理由は使い捨てになっているから
なのではないでしょうか?使い捨てのつもりはなくとも直ぐにダメに
なるからかもしれません。そんなふとんに恐らく、愛着もないでしょうし
大切に使う、メンテナンスをしようとは思わないでしょう。

 

 

何よりもふとんに必要な機能性、保温性、吸湿発散、心地よさ・・・。
見た目はふとんでも肝心のふとんとしての働きが満足できる
ものではないでしょう。本質的なところからだんだんと離れて
しまっている様な気がします。

 

僕がふとん屋ですのでふとん屋の話を書きましたが
恐らく、ふとん以外のモノもそんな感じじゃなかな?と思います。
売ること一辺倒の経済再優先の考えを改め、使う人のことを考え
思いを馳せたものづくり、販売をしないとこのまま大量消費社会が
追われていくとホントにモノに埋め尽くされてしまうかもしれません(^^;

 

このままでは先が見えていると言っても過言じゃないでしょう。
僕達、消費者の意識が変わらないとこのままでは行き着くところまで
行ってしまう。今の経済を否定をする訳じゃないですが
あれもこれもではなく、今までよりも自分がホントに必要だ、
使って心地よい、愛着、大切にするそんな思いをもっと大切に
してみたらどうだろうか?
(偉そうなこと書いてますが自分自身に語りかけてます)

 

 

モノそのものに幸せがあるのではなく
使うこと、そこから体感するもの、どう使うのか?
それに対する思いから。そういったことから幸せを実感できるのかな?
と思う今日このごろです。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

タグ: , ,

良い羽毛ふとんに出会う4つのポイント

2016年4月10日 / えびすやにあるもの, 寝具のこと, 羽毛製品

今日は曇天で若干肌寒い丹後です。
こういう時が何を着るかが微妙にななるんですよね(^^;

 

さて、タイトルの羽毛ふとんについてのお話です。
羽毛ふとんに限らず、根本的に寝具そのものがわかりにかもしれませんが・・・。(^^;
それはまた、後日お話をしたいと思います。
さて、丹後の冬にとって羽毛ふとんは必需品です。冬だけじゃありません。
今の時期など羽毛ふとんにガーゼカバーを掛けて使えばとても
気持ちの良い時期でもあります。

 

今では手放せなくなった羽毛ふとん。良きものに出会う3つの
ポイントをまとめてみました。

 

1457

 

①触ってみる
良い物に出会おうと思えばパッケージに入ったものをそのまま
買い求めるよりも実際に展示してあるものを触ってみましょう。
記事がポリエステル、ポリエステル混のものは風合いでわかります。
こういった素材は静電気が起きやすい。(静電気で埃を寄せ付けやすい)
羽毛ふとんの良さの一つの吸湿性(調湿性)が活きず、蒸れます
。基本的には綿100%の素材のものを選びましょう

 

②押してみる
羽毛ふとんを抑えてから手を放してみて下さい。
その時に羽毛が押し返してきます。元気の無い羽毛は
この返しが弱くなります。これを色んな羽毛ふとんで
試してみるとその違いがなんとなくわかるかと思います。

 

③見た目のイメージやタグやラベルを過信しない
よくあるのはゴールドラベルなどのタグや羽毛の産地やダウン率
一般的に買う時の目安となるわけですが過信はしないで下さい。
先日ご紹介した記事の様に羽毛ふとんは中身が見えません。
ですから実際に②で自分で確かめた方が良いんです。産地や
ダウン率も確かに大事ですがそれよりもジックリと熟成された
羽毛を使っているかどうかの方が大事なことなのです。

パンパンに膨らんだ羽毛ふとんって見た目、暖かそうですよね?
しかし、実際は使いにくいわけです。それは身体に添わないからです。
寝返り時に滑ったり、フィットせず隙間ができて冷気が入り込みます。
いくら良い羽毛を使っても良さが半減します。

 

④機能性を過信しないで本質を考えましょう
羽毛ふとんの生地や羽毛に機能性を持たせるために様々な加工を
施しているものがあります。例えばウオッシャブル。生地がポリエステル製の
モノが多いので①の様に静電気、吸湿性の悪さなどにより寝心地の
低下を招きます。中には羽毛そのものに樹脂やテフロンでコーティング
するケースもあります。羽毛の汚れは防げるかもしれません羽毛の良さが
機能しません。

 

えびすやの考え方としては素材のもつ良さを十分に引き出せるように
作り上げた羽毛ふとんがホントにいい羽毛ふとんじゃないかな?と思います。
そう、考えますと4つの中には入れませんでしたがどこのふとん屋さんと
付き合うか?ということが大事じゃないでしょうか?ふとん本来の目的は

 
”快適に心地良く眠るためのもの”

 

それが1番の目的のはずです。ココから逸脱すればするほど
使いにくいものになります。

 

羽毛ふとんは通販などで1万円を切るものもあるくらいで
価格差が結構あります。価格はさておき、まずは快適に眠れる
ものかどうか?を念頭に置いてみたら如何でしょうか?予算は
その次だと思います。自分が信頼出来るとお感じになられる
お店にシッカリと自分の思ってること感じている事を投げかけて
みて下さい。

 

1458

 

えびすやもその考えで羽毛の持つ良さを引き出す事を心がけ
気持よく眠れることを一番大切にしてオリジナル製品を作っております。
お値段は¥39,800~

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

タグ: , , ,

枕が合わなくなってくる

2016年4月7日 / えびすやにあるもの, 寝具のこと,

『以前買った枕が合わなくなったので調整して下さい』

 

そんなご依頼を受け枕を持参していただきました。

 

1449

 

しかし、寝てみるとあら不思議!

 

『合うのです』

 

こういう事はよくあります。今回の場合は数年前に枕を作らせて頂きました。
その後、マットレスがヘタってきてたことと体型の変化が大きな主な原因だったと
考えられました。お店のベッドは試し寝用ですから全くヘタってません。

 

枕というのは枕以外の原因で合わなくなることがあります。

 

医師が薦める枕・・・
今、よく売れている枕・・・
マイナスイオンが出てる枕・・・

 

色んな枕がありますが自分に合う枕に巡り合うには
枕のことを考えると同時に他の事にも目を配る事が必要になります。
枕だけを追っかけても心地よい眠りは出来ません。(^^;

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

タグ: ,

十人十色に合わせること

2016年3月31日 / 寝具のこと, 睡眠改善

今日はポカポカ陽気なのに暑苦しい格好をしている
僕がうっすらとボードに写ってますね(笑)

 

店頭のボードを定期的に書き換えております。
今回はこんな事を書いてみました。枕や敷寝具のお話です。

 

1431

 

こういう方、実際に多いんです。当店に来られるお客様の多くが
仰られる事そのものです。

 

こういう事が起きる原因はズバリ

 

『自分の身体に合っていない』

 

ということです。身体に合っていないと言うのはどういう事かと
言いますとヘタっている。柔らかすぎて沈み込みすぎている
硬すぎて身体が痛い、枕の合う合わないもあります。
眠りにくい原因というのは様々です。敷や枕だけではなく
掛けふとんの問題で眠りにくいことだってあります。加齢とともに
痩せ、筋力も衰えた身体に重いふとんは辛いです。

またまた、寝具ではなく生活習慣ということだってあります・・・。

 

それが何処に原因があり、眠りにくいのか?
睡眠の質が悪くなってるのか?それをハッキリさせないことには
心地よい眠りは出来ません。

 

よくあるのが

 

『枕をあれこれと買い続ける』

 

自分の頭や首のラインに合わせてオーダーしたからと
いって原因が全く別の所にあれば合わない事がよくあります。
スポーツ選手愛用のマットレスを買ったから・・・
職人さんの手作りの素晴らしいふとんを作ってもらったから・・・
炭やトルマリンが練り込んであるふとんを使ったから・・・

 

そういう問題ではないのです。
いくら高価なもの、スポーツ選手が使っているものを
使ったとしても寝にくい原因と無関係であれば解決しませんし
余計に状態を悪くしてしまうこともあります。

 

まずは原因をハッキリとさせ、その原因を改善させれば
解決します。早合点せずにまずは相談してみてください。
十人十色に合わせていきます。それがえびすやの仕事です。(^^)

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

タグ: , , ,

製麺機じゃなくて製綿機だよ。

2016年3月12日 / 寝具のこと, 日々の話, 綿製品

『せいめんき』と入力すると変換されるのは
『製麺機』うどんやパスタの方が日常的なのでしょうね(^^;

 

こんかい見学に行ってきたのは製麺機がある製麺工場では
ありません。製綿機のある製綿工場です。今まで見た中でも
かなり大規模で設備も揃っております。圧巻です

 

1370

 

これは原綿です。カンカンに圧縮された状態です。
この状態ではふとんにする事は出来ません。綿にしなくてはなりません。

 

1371

 

まずは原綿を開綿機でほぐす必要があります。
機械でほぐされダクトを通ると

 

1369

 

細かくふっくらとした状態になります。なんか羽毛みたいですね。

 

1372

 

カード機によって綿を繊維方向の揃った薄いシート状にしていきます。

 

1374

 

最後に機械でパタパタパタと折りたたみ自動で袋詰をします。
えびすやに綿が送られてくるときにはこの折りたたまれたシート状の
綿が詰められたこの状態です。この状態になってはじめて
ふとんを作ることが出来るんです。(^^)

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

 

タグ: , ,

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK