カテゴリー「えびすやにあるもの」の記事

アレが新品同様に戻ります。

2014年8月3日 / えびすやにあるもの, 寝具のこと, 羽毛製品

羽毛リフレッシュとしてお預かりしていた羽毛ふとんが
見事に再生出来ました(^^)

元の羽毛の状態はかなり良かったのですが側地が
シルク混で生地の劣化が見られる事と生地が別の
生地で2重になっていたので羽毛ふとんのリフレッシュを
オススメさせて頂きました。

シルク混の生地は弱いので綿100%に比べて羽毛の
吹き出しが早いです。それを見越してなのか?生地が
2重になってましたので通気の悪さが懸念されるので
綿100%の吸湿性の良い生地でのお仕立てです。

羽毛ふとんのリフレッシュは新品を買うよりも安く
出来ます。しかし、新品を作るよりも手間が掛かります。

新品を作るときは新しい側地に羽毛を吹き込むだけで
済みますが使い続け汚れたものを再生するには解体し
中身を取り出し、キッチリと洗浄し汚れを落とさなくては
なりません。

そこに一番の意味があります。使い続けると汗や皮脂、
羽毛も絡みあい、ペチャンとしてカサがなくなり保温性も
低下してきます。それを元に戻すには壊れてゴミとなった
羽毛のクズを取り除き、絡みあった羽毛もほぐし、綺麗に
洗浄もしてやらなくてはなりません。それにはそれなりの
手間が掛るのです。

ですので厳密に言えば新品にはならず新品同様になるんです。
側地はもちろん新品ですので新品には見えますが羽毛は
使い続けることでそれなりにダメージを受けていますので
新しい羽毛も足しますが新品そのものではありません。
ということは当然、仕上がりは均一ではないんです。

なので元の状態が悪ければ仕上がりもそれほど良くならない
のです。なのでお客様の前で中を開けたり、加工する前には
中身を取り出しチェックをしています。

ですので当店では場合によっては羽毛ふとんのリフレッシュを
お断りする場合があります。新品を購入する方が良い場合も
あるのです。

それはどんな場合なのか?

①品質が悪い場合
②劣化が進みすぎている場合

①は当然として、②はどんなものでも使えば使う程、劣化は
すすみます。それを進みすぎて手が付けられなくなる前に
メンテナンスをして欲しいのです。そうすれば羽毛のリフレッシュは
可能ですし、羽毛のリフレッシュをすると状態、使い心地は
良くなりますし、そこからまた寿命は延びます。

以前よりも暖かくないし…羽毛がチョロチョロ出てくるし…
気になる事がありましたらご相談下さい。状態をお見立て致します。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

活かすもダメにするのもカバー次第!

2014年7月23日 / えびすやにあるもの, カバーリング, 寝具のこと

折角、いいおふとんをお買いになられたり
使っていらっしゃるのにカバーが残念…。と
言うケースがあります。

例えば、軽くてともてしなやかな生地で出来た
羽毛ふとんをお使いなのにゴツゴツの生地で思い
カバーを掛けてしまう。せっかくの羽毛ふとんの
良さは生かされていません。

見過ごしがちなのですがふとんを

『活かすもダメにするものカバー次第!』

なのです。

この時期でしたら当店では麻のカバーをオススメしています。
それはヒンヤリ感があり、肌へ密着をしないので快適に使えます。

また、『綿100%』(よく見かけるT/Cの綿とポリエステルの混紡の生地は
蒸れるのでオススメできません)と一言で行ってもガーゼの様な
生地もあれば滑らかな薄い生地、シッカリ目の生地。色々とあります。

縫製の仕方によっても長持ちしたり使いやすさが異なったりします。

カバーは肌に最も近い寝具ですから、肌に触れて心地よいものが
良いですよね。カバーはとても大事な寝具なのです。

軽くてとても滑らかで肌わざリの良い生地でカバーを試作してみました。
コーマ糸という短繊維を取り除き長繊維の綿で作った糸で織った生地です。
短繊維が無いということは毛羽が出にくく、糸は細く丈夫になります。
そして織った生地は光沢が出ます。

とても薄くなめらかな仕上がりの生地ですね(^^)思っていた以上に良いです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

今日はバチャバチャ日和ですよ!

2014年7月21日 / えびすやにあるもの, 寝具のこと

バチャバチャと言えば普通は海かプール?だと思いますが
我家は違います!バチャバチャと言えば”ふとんの洗濯”です。

娘が『今日はお父ちゃんのお手伝いしたい!』と言ってましたが
そんな気は毛頭ございません。はしゃぎ過ぎて服が濡れて着替えたり…。
でも最後までお付き合いをしてくれました。ありがとう。

ちなみにお色直しは2回しとります。

ちなみに今日、お洗濯をしたのはダウンパット。
羽毛の敷きパットですね。保温性抜群でとても暖かいのが特徴です。

もちろん、使うのはシャボン玉石けんです。仕上げはアルカリの
中和剤としてクエン酸を使います。そして羽毛に負担を掛けない
様に押し洗いです。(※洗濯に対応した製品を洗っています)

今日はとても天気が良いので1日で乾きそうですね(^^)

ふとんを干す時の参考にして頂ければと思いますが
こんな感じでコの字にして物干し竿を2本使って干して下さい。
間に風が通り湿気が抜けやすくなります。カバーの洗濯なども
こんな感じで干せば乾きも早いですね。

一般的に羽毛ふとんは干しては行けないと言われてますが
羽毛のためには干した方が良いです。日干しをしないで
下さいと言われるのは紫外線による生地の劣化を懸念して
るからです。(生地に樹脂が塗布してある場合は樹脂の劣化も
あります)

紫外線から守るにはふとんカバーを掛けたまま干されると良いです。
また、時間も綿ふとんの様に長時間干さなくともよく晴れた日、1時間くらいで
十分です。羽毛のリフレッシュ時にあずかった時、干されてるものと
干されてないものとでは状態が違います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

小千谷と近江の共通点

2014年7月19日 / えびすやにあるもの, お知らせ, 麻パット・ケット

と言っても今日は歴史の話ではありません。
織物のお話です。この2つの地域はどちらも麻織物の産地です。

どちらの地域も丹後と同様に湿度が高いのが
特徴です。糸が切れにくいので織物をするには適しているんですね。

麻はホントに涼しいです。

◯ヒンヤリ感がある
◯肌に密着しにくい
◯吸湿発散が良いので寝床に湿気がこもらない。

夏の寝具として日本では古来より愛用されてきてます。
古い文献では既に平安時代には貴族の間で寝具の素材として
用いられていたそうです。

解るように印をつけていたのですが
それがなくなってしまい。どちらが近江産でどちらが小千谷産なのかが
わからなくなってしまいました。ごめんなさい(><)

まだ、値付けしておりませんが現品2枚限り
処分大特価品として販売いたします。3万円代半ばくらいになるかと
思います。ちゃんとした麻織物の産地の夜具地を使い、側、中身共に
麻100%です。かなり安い値段です!

昔ながら和綴じの麻の寝具。心地よい事は間違いありません。
豚の蚊遣り器に麻の蚊帳なんかあったら風情がバッチリですね!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

キキとララの悲しい出来事。

2014年7月10日 / えびすやにあるもの, ナチュラル石けん, 日々の話

最近、シャボン玉石けんの石けんハミガキに
キャラクターものが発売されています。

キキとララって懐かしいですね。なんと40年近く前に
出来たキャラクターだそうだ。僕はキキとララにはあまり良い
思い出がありません。あくまでも個人的な事でですが(^^;

幼稚園の頃、両親が自転車を買ってくれました。
ムチャクチャ嬉しかったのですがその自転車を見ると

『キキとララ』

えぇぇ~(><)僕、男なのになんでキキとララ?
テンションは坂を下るように下った記憶があります。
男の子なら他に選ぶもんがあるんちゃうん?

その疑問を親にぶつけると

『青っぽいから男の子の色だ!』
『キキの方は女の子ちゃう!男の子だ!』

とうも腑に落ちない答えが…。
しかし、自分が親になればその答えもわかるのです。

単に妹との使い回しを考えた結果です。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご連絡をいただけると幸いです。
不定休、諸都合等で休みの場合がございます。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK