塗ってよし!染めて良し!

2014年8月13日 / 日々の話

半分、思いつきの勢いなのですが(^^;

柿渋を送ってもらいました。

昔、築80年の家をリフォームした時に工務店の方に
教えて頂き、柱などに塗りました。柿渋だけでは
赤味がかっていますので墨汁を混ぜます。すると
古民家風のいい感じの色合いになります。木の外壁
なんかに塗るとカッコイイですね

見た目だけでなく元々、柿渋は平安時代より
日本独自のものとして染料や塗料として使われて
おり、建築の用途では防腐や防食、抗菌、防虫…
様々な効果がありホルムアルデヒトを吸着し
シックハウス対策にもなるそうです。

あと、染料としてもよく使われますが
意外だったのが民間薬として、火傷、霜焼、血圧降下や
解毒に効果があるとして昔は盛んに利用されたいたり
現在の一番の用途が『酒造り』だそうだ。てっきり、
染色や塗料として利用されている事しかしりませんでしたが
色んなところで活躍しているのですね・

これはオススメですので機会があれば是非やって
みて下さい。(^^)

塗料としては体験しましたので今度はは柿渋染めを
体験してみたいと思います。さてはて、ちゃんと
染まるのでしょうか?(笑)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ:

カナブーム。

2014年8月12日 / 日々の話

息子といえばラジオ体操に行っても
体操など殆しません。殆どどころかほぼしません(^^;
一応、それには理由もあるようですが…。

でも、たまに僕が寝坊してしまい連れて行かなかったり
したらそれはもう、怒ります。

理由はラジオ体操のカードにハンコを押して欲しいのと

ラジオ体操をする場所にある植木の中によく
カナブンというかコガネムシがよくいるのだ。
それを知った息子はそこで捕獲して家で飼ってるんです(^^;

カブトムシやクワガタを放ったらかしで(笑)

カナブンにはまってからはカブトムシなんか見向きもしません。
餌は普通にカブトムシの昆虫ゼリーなんかで十分に間に合いそうです。

カナブンを捕まえると手に握ります。それが手の中で
モゾモゾするので気になって体操どころではありません。
そして、やたらとフンをするんです(><)

このブームは何時まで続くのでしょうか…?
一応、ラジオ体操に行く原動力にはなってますね(^^)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ:

丹後國二宮の禁則の杜『大宮売神社二座』

2014年8月11日 / 丹後の神社, 神社・歴史

丹後の中でも無視することの出来ない屈指の古社です。

丹波王国の元々の中心地は峰山町の丹波だっとも言われています。
その丹波とここ大宮町周枳とはそんなに離れていません。ここら
一体が丹波王国の中心地だったのでしょう。

社殿の後ろには禁則の杜があり神域として足を踏み入れる事が
出来ない場所となっております。その禁則の杜からは多数の遺物が
出てきています。

昔、ここでは古代天皇家の祭祀が行われていたのではないかと
言われ丹波王国を治めていた祭祀呪術的権力を持つ豪族の拠点で
あったのでしょう。

神社が建立されるもっともっと昔から古代の政が行われており
その歴史を遡ると計り知れない古いがあり、当時の丹波王国を
知る手がかりになるかもしれない遺跡でもあると思います。

ここに祀られている大宮売神(オオミヤメノカミ)は
宮中八神の一柱として天皇家を守護する神様でありますが
それは大和朝廷が統一を果たした後のことでしょう。
そして、大宮売神は祀られる方ではなく祀る(祭祀側)神です。

そして、もう一人の若宮売神(ワカミヤメノカミ)は
丹後の豊穣の神、豊受大神のことです。大宮売神は豊受大神を
祀る神様だったのかもしれませんね。

この大宮売神社の近くに大谷遺跡があります。この大谷遺跡からは
40代の女性の遺体が出てきています。しかも権力の象徴である
三種の神器(鏡・珠・剣)が出土しました。こういったケースは
全国でも数例しか無く、この一体を治めていた女王ではないかと
言われてます。

この女王が大宮売神ではないかとも言われているのです。

大宮売神社は丹後の古い歴史を垣間見ることが出来る神社です。
宮司さんはとても気さくな方ですので参拝の際にお出会いする
事がありましたら、色々とお尋ねになれるといいかと思います(^^)

参道がとても素晴らしいです。この見えなくなる先まで参道があります。
丹後でも籠神社は松並木が参道ですし、久美浜の神谷神社、丹後町の
竹野神社…。古くて立派な神社は参道はがとても長い所が多いですね!

丹後の歴史は面白い!丹後を歩いみてみよう!

御祭神 大宮売神、若宮売神

京都府京丹後市大宮町周枳1020 丹後國二宮 大宮売神社二座

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

タグ: ,

台風接近に伴うお知らせ

2014年8月10日 / お知らせ

台風11号接近に伴う警報が京丹後市内全域に
発令されておりますが当店では通常通りAM9:00より
開店しております。

しかし、今後、風や雨足が強くなることが十分に
予想されます。その場合に付きましてはやむなく
閉店させて頂く事になりますがご了承下さい。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ:

開店休業。読書日和。

2014年8月9日 / 丹後の歴史,

ついに京丹後市にも警報が出ました。
台風11号には皆様十分お気をつけ下さいね。

でも案外と小雨だったりします。
運送会社さんはちゃんと荷物を持ってきてくれます。
なのでお客様にお届けしなくてはならない
別注品や加工品はお店にはありますが
流石にこんな日にお届けできませんね(^^;

今日はお店も暇です(^^;

こんな日には

読書がいいですね!コーヒーでも飲みながら(^^)

本は面白いものを見つけたらどんどん買っていくのですが
読むほうが追いつておりましせん(><)というのも子供を
寝かすときに自分も一緒に寝てしまうのです(笑)

お陰で睡眠はバッチリとれておりますが本が読めません。
こんな時にはジックリと読書をしたいと思います。

読みたいなと思っているのは

『出雲と大和のあけぼの-丹後風土記の世界-』
著者:斎木雲州 大元出版 2,100円(税別)

京丹後市内だけでも古墳は約6000基あると言われており
遺跡からは珍しいものが出土したり、製鉄所跡がみつかる
など丹波の国は大きな力をもっていてにも関わらず
歴史の表舞台には出てきません。ですから、丹後の古代史に
ついて書かれた本も少ないです。

ほんとは奥ふか~い!歴史を持っているはずなのに…。

追伸:丹後の歴史に関わる歴史本は淀徳書店さんが充実しております。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご連絡をいただけると幸いです。
不定休、諸都合等で休みの場合がございます。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK