カテゴリー「丹後の古墳・史跡」の記事

『雪景色の神体山』元伊勢皇大神社~天岩戸神社と日室ヶ嶽遥拝所

2015年1月5日 / 丹後の古墳・史跡, 丹後の神社, 神社・歴史

皆様は初詣に行かれたでしょうか?
僕は毎年のことですが丹後の神社を行き倒します( ̄ー ̄)ニヤリ

ここ数年に必ず行くのは丹後一宮籠神社
元伊勢皇大神社へはほぼ行っております。今年の
三ヶ日は大雪だったせいかどこも例年よりもちょっと
参拝者が少ないようですね。


元伊勢皇大神社もなかなかの積雪量ですから
参拝が終わればそのまま参道を引き返すのですが
ここまで来たらそうは行きません!天岩戸神社へ
行かないと収まりがつかないじゃないですか


でもさすがにこんな日ですからみんな
来てないですね(笑)でも、こんな日に
わざわざ参拝すると神様はご褒美をくれます(^^)

雪化粧の美しい日室ヶ嶽!
綺麗なピラミッド型をした崇敬の厚い神体山です。
頂上には人工的に作られたような磐座があり
UFOがよく目撃されるとも言われる不思議な山です。

別名”岩戸山”と言われ天岩戸神社のご神体山で
天照大御神が最初に降臨した場所とも言われる
神域ですから禁足地になっています。
(ただし西側から登ることは可能だそうです)

こんなに綺麗な日室ヶ嶽を見られるなんて嬉しいですね。(^^)

そして天岩戸神社へと向かうと
氏子さん達が迎える準備をして待っててくれる
じゃありませんか!こんなに雪がふるのに綺麗にすかして。

とても神秘的な雰囲気が漂います。
以前から気になってたのですが天岩戸神社の岩戸は
一体何処にあるのか?火の番をしていらした
氏子さんに教えてもらいました。

天岩戸神社の脇を流れる五十鈴川の一番奥、
天岩戸神社の向かいはこんな池の様な感じに
なっています。この日は雪で滑って危ないので
社殿まで参拝はしておりませんがそこまで登れば
この奥に川を塞ぐような感じで大きな磐が
鎮座しているそうです。これが天岩戸だとか?

今度行く時には写真に収めてきたいと思います。

※この辺りは人里が近い場所にもかかわらず原生林が
のこり、岩場には絶滅危惧植物が岩場などにも多数生息し
学術的にも大変貴重な場所です。草木一本、石ころ1つ
持ち帰っては行けません。
これも神域として長きに渡り
大切にされてきたからではないでしょうか?

御祭神 櫛岩窓戸命、豊岩窓戸命
京都府福知山市大江町佛性寺字日浦ケ嶽206-1 天岩戸神社

御祭神 天照大御神
京都府福知山市大江町内宮字宮山217   元伊勢皇大神社

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

神聖なる稲刈り『月の輪田』

2014年10月18日 / 丹後の古墳・史跡, 神社・歴史

今朝、早くに たなち~母ちゃん から連絡を貰いました。

『知ってる?今日は月の輪田の稲刈りやで!』

子供を保育園に送ったら急いで月の輪田に向かいました。
丹後には色んなスポットがありますがその中でも月の輪田は
特に好きな場所でもあります。

月の輪田に向かう前に比沼麻奈為神社の豊受大神の所へ
行ってから月の輪田に向かいました。

新しく石碑が出来てますね。ここは豊受大神が元々、鎮座されてた
神社と言われております。

そして、月の輪田へ!もう、稲刈りが始まっておりました。

古代米がたわわに実っております。
これも五穀豊穣の神、豊受大神のお陰でしょう!
今年は日本各地、豊作のようですね(^^)

こちらは月の輪田。
先程の隣の田との違いにお気づきになられました?
お話を聞くと稲の穂の育ち方が全然違い、完全に稲が
寝てしまってるそうです。月の輪田の稲の方が高く
伸びてるのです。畦を1つ挟んでるだけなのにこの違い…
これも神がかり的な力なのでしょうか?

僕はそう合って欲しいな!と思っております(^^)

月の輪田の隣から二本松稲荷神社に祀られる
稲荷大明神がそっと見守っております。

やっぱし、神聖なるお米は稲木干しですよね!
今年も伊勢の内宮におられる豊受大神の元へこのお米が
届けられるのかどうかはわかりませんが豊受大神は
きっと故郷の美味しいお米を食べたがっているんじゃ
ないかと思います(^^)

月の輪田の事は書いておりませんが月の輪田復活の取り組み
ついてはこちらのHPにて紹介されていますので是非、ご覧ください。

京都府京丹後市峰山町二箇小字二本松   月の輪田

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

土蜘蛛が眠る場所でゴミ拾い『立岩』

2014年9月29日 / 丹後の古墳・史跡, 神社・歴史

昨日は京丹後市商工会青年部主催のイベントで
京丹後市内の小学生たちと海岸清掃をしてきました。
砂の上というのはなんと歩きにくい事でしょう…(^^;

疲れますね。そして日差しもつよいし…。
帰ってから仕事をするつもりが居眠りしてしまいました。

先日の台風の影響なのでしょうか?
例年に比べて目立ったゴミが少なめのようです。

休憩中の一コマ。
地元の少年野球チームのみんながユニフォームで
参加してくれました(^^)我ながら良い写真かと

これが『立岩』です。丹後の歴史的名勝ですね。

何故なのか?ここには『土蜘蛛』と言う鬼が封じ込められ
眠っている場所です。土蜘蛛は丹後の鬼伝説の鬼にあたります。
表向きには鬼は里に降りてきて悪さをする悪の象徴の様に
言われますがそうではありません。鬼は製鉄技術集団の事を
指しています。鬼の顔が赤いのは製鉄に火を使うからです。
丹後の製鉄技術を奪いに来たのです。

鉄の民。製鉄集団です。鬼が金棒をもってますね。
鉄を持ってるって事なのでしょう。

伝説上は…

大江山に、英胡(エイコ)・軽足(カルアシ)、土蜘蛛(ツチグモ)の
三鬼を首領とする多くの鬼が棲み、丹後はむちゃくちゃに
なっていた。そこへ聖徳太子の異母弟、麻呂子親王が鬼退治に
やってきたわけです。

土蜘蛛以外の鬼は討ち取られてしまいました。土蜘蛛は生け
捕りに…土蜘蛛は他の仲間の助命を懇願した。そこで出された条件。
一晩のうちに七体の薬師如来像を安置する寺を立てたら命を
助けるという。土蜘蛛は7つの寺を建て、その後この岩に封じ
込められたのです。

立岩のある丹後町間人(たいざ)。穴穂部間人皇女にちなむ地名です。
この皇女は聖徳太子の母です。蘇我氏と物部氏との対立を避けて
ここへやってきたとも言われています。丹後というのは物部氏が
繁栄していた土地。麻呂子親王が攻めてきて薬師如来像を安置
する寺を建てさせました。鬼退治伝説の側面には仏教を巡る
攻防戦もあったのかもしれませんね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

丹後へ入る為の古き公道『普甲峠』

2014年9月3日 / 丹後の古墳・史跡, 神社・歴史

今は京都縦貫道、KTR宮福線があるのでココ府道9号線を走る
車も少なくなった事かと思います。僕は元伊勢皇大神社などに
参る時くらいしか通ることがありません。


[府道9号線]

この府道の途中に『普甲峠』と言う大江町から宮津市に
抜ける旧道があるのをご存知でしょうか?

古代は豊鍬入姫命(トヨスキイリビメ)が天照大御神の
御神体を準じてこの地へやってきた時。

夫、藤原昌保と共に和泉式部が丹後へやって来た時。

宮津藩主の参勤交代の時。

みんな、この普甲峠を通ってきました。昔の丹後へ入国
する為の公道であったわけです。ひょっとしたら細川幽斎、
細川忠興、細川ガラシャ…細川家一族も通っていたかもしれません。

府道9号線沿いを走るときに注意していると
こんな感じの案内板が所々あることに気づきます。

宮津街道と言うのは今普甲峠と言われ、宮津藩主の
京極高広が改修し新しい道です。案内板を見ると
道沿いには色んな史跡が残っています。そして、
綺麗な石畳が残っている場所もあり、整備されてます。

一方それ以前からあった道は元普甲峠と言われています。
こちらも一部、石畳があるそうですがかなり荒廃しているそうです。
戦後間もない頃までは通ることが出来たそうですが…

ここはどちらなのでしょう?新道?旧道?

道はコンクリートっぽく、一部石畳が残っておりました。
残念ながら、僕が履いていたスニーカーでは滑って危ないので
探索を断念しました…。

新道、旧道含めて今度はジックリ探索をして道沿いの史跡を
見てみたいですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

今年も神聖なる稲穂がたわわに実り始めました。

2014年9月1日 / 丹後の古墳・史跡, 神社・歴史

配達の帰りに月の輪田の様子を見てきました。

曇天だったのが残念ですがココへ来るととても
良い気分になれます。(^^)僕にとってのパワースポット
なのかもしれません。

ココは豊受大神が初めて稲作をしたと言われる場所です。
豊受大神と言えば伊勢の外宮に祀られている神様ですが
元々はこの丹後に鎮座されていた神様です。

雄略天皇の夢枕に天照大御神が現れ、

「自分一人では食事が安らかにできないので、
丹波国の比沼真奈井(ひぬまのまない)にいる
御饌の神、等由気大神(とようけのおおかみ)を
近くに呼び寄せなさい」

と御神託があったのです。その後、豊受大神は
この地から伊勢へ向かわれるのです。元々、豊受大神が
鎮座されていたと言われる比沼麻奈為神社は元伊勢と
言われているのです。

話は飛びましたが月の輪田で作られていた米は
たたりを恐れて領主も年貢を取らなかったそうです。
その、神聖なるお米が昨年、伊勢の外宮に奉納されました。
きっと今年も奉納されることでしょう。

天照大御神は今年の丹後の美味い新米を楽しみに
しているに違いありませんね(^^)

4色の稲穂がなびくこの光景とても美しいですね。

京都府京丹後市峰山町二箇二本松  月の輪田

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK