カテゴリー「山城の神社」の記事

『仁和寺の法師は見ていない御社』石清水八幡宮

2018年5月13日 / 山城の神社, 日々の話, 神社・歴史

先日、メーカーさんやお得意先様を伺う為に
グルリと丹後→若狭→滋賀→京都→丹後と一周
周ってきました。久々の超、ロングドライブでした(^^)

 

 

 

 

 

 

 

道中は只管、YOUTUBEで東京ポッド許可局を
聞いておりました。笑いの中に知的さがあり
僕は好きなのです。

 

 

 

お三方はオフィス北野所属で今回の騒動で
FA宣言をしています。自分らをマネジメントを
してもよい!という芸能事務所を募集中だとか

 

 

 

 

さて、
皆さん、中学時代(僕と同世代に限る話かも?)に
古典の授業で吉田兼好の徒然草を習ったでしょうか?
その時に仁和寺の法師が石清水八幡宮へ行く話を
覚えてますでしょうか?徒然草の話にはオチがあります。
当時、古典に全く興味が無かったのでどんな
オチだったのかが思い出せません。(^^;

 

 

 

そんな、石清水八幡宮になんとお得意先様が
案内をしてくれました。まぁ、なんと嬉しい事(^^)

 

 

 

 

 

この壁は兵庫県の多田神社にもありましたが
何て名前なの塀なのでしょうか?

 

 

 

石清水八幡宮は日本三大八幡宮
宇佐八幡宮、鶴岡八幡宮、そして石清水八幡宮または
筥崎宮という事らしいです。
四大よりも三大の方が収まりがよいのでしょうか?(^^;
心情的には石清水八幡宮を是非!

 

 

 

嬉しい事に一昨年に建造物10棟が
国宝になりました。

 

 

 

 

 

この校倉は国宝ではない様ですが
これも凄いと思います。今でも現役で
何かが保管されてるのでしょうか?

 

 

 

先程の仁和寺の法師のオチの話ですが
お得意先様に教えて頂きました。
麓にある御社を本殿と勘違いしており
結局は本殿まで来ていないという事でした(^^;

 

 

 

 

 

金色の棒状のモノ見えますか?
これ、織田信長が奉納した金の雨樋です。
参拝した時間が夕方でしたのでとある
場所に立つと西日の加減で外からでも
見えるのだそうで有難い事に偶然にも
見る事が出来ました。

 

 

 

御祭神:誉田別命(応神天皇)
京都府八幡市八幡高坊30   旧官幣大社 石清水八幡宮

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , ,

『橘氏の氏社と猫の宮』梅宮大社

2015年10月26日 / 山城の神社, 神社・歴史

1213

 

京都市右京区梅津にある古い神社です。様々な社伝がありとても面白い神社です。門の上にも
門をくぐったた左手には

 

1215

 

酒樽が奉納されています。それは主祭神である酒解神(大山祗神)、酒造りの
守護神が祀られているからです。

 

酒解神を含む四柱(他は大若子神・小若子神・酒解子神)と聞き慣れない神様ですが
続日本後記に登場します。この神様には色々といわれがあり主神である酒解神については、
「サカトケ」の字義を「辟解」として悪霊を祓う神とも・・・

 

橘氏が奉斎したことから橘氏の祖神であるとも・・・。社伝によると
奈良時代に県犬養橘三千代(橘諸兄母)の氏神として山城国相楽郡に
祀られたのが始まりで後に嵯峨天皇の皇后、橘嘉智子によって現在地に
遷座したとも・・・。県犬養橘三千代は藤原不比等夫人だったので橘氏だけ
ではなく藤原氏からも春日大社と同様に崇敬があったそうです

 

『大和豊秋津島卜定記』では酒解神・酒解子神・大若子神・小若子神をそれぞれ
大山祇神・木之花咲耶姫・瓊瓊杵命・彦火火出見尊にあてており、梅宮大社では
この説に基いているようで梅宮大社の案内板にも書かれています。
Wikipediaでもこれらのことが詳しく書かれています。ちなみにそこから引用してます(^^ゞ

 

1214

 

酒造の神様としては近くにある松尾大社よりも古いらしい

 

そうそう。タイトルの”猫の宮”とは境内を住処としている
様な感じの猫が沢山いたからです(^^)御朱印を貰いに
社務所へ行くと・・・。

 

1216

 

でん!と居座っておりましたがそれがなんとも気持ち良さ気で(笑)
とてもほのぼのした感じでとても印象的な神社でした。

 

 

御祭神 酒解神、酒解子神、大若子神、小若子神
京都府京都市右京区梅津フケノ川町30  名神大社 梅宮大社

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

 

 

 

タグ: , ,

『京都の酒天童子伝承地』樫原三ノ宮神社

2015年10月20日 / 山城の神社, 神社・歴史

先日、京都でお仕事を頂く機会があり、西京区へ行ってきました。
車のナビを見てるとこの辺りには三宮神社と呼ばれる神社が多いなと
気になり、そのうちの一箇所、樫原三ノ宮神社へ何気に寄ってみました。

1199

1202

参拝しようと拝殿に向かうとなんと!!

1200

拝殿の天井に酒天童子の絵が掲げられているじゃないですか!
僕は丹後の人間ですので酒天童子=大江山と思いが強いのですが
酒天童子に纏わる伝承はあちこちにあります。生まれは越後、素盞鳴命との
戦いに敗れたヤマタノオロチが出雲から落ち延び、近江の富豪の娘に
生ませたのが酒天童子だとか・・・。各地にあります。

 

境内にある案内板によると源頼光がこの地の
小さな祠に備えてあった御神酒を飲むとたちまち酔いつぶれてしまったので
この御神酒を酒呑童子に飲ませて酔わせて退治したとあります。

1201

酒呑童子の最後の言葉『鬼に横道なきものを・・・。』果たして鬼とされた酒呑童子は
悪者だったのか?

 

酒呑童子を討伐するきっかけとなったのが都の若者や姫君が次々と神隠しに
合い、その原因を安倍晴明に占わせると酒呑童子の仕業だと解ったからだそうだ。

 

酒呑童子の最後の言葉。『鬼に横道なきものを・・・。』果たして鬼とされた
酒呑童子は悪者だったのか?そもそも酒呑童子とは何者だったのでしょう?

 

御祭神 素盞鳴命、酒解神、大山咋命
京都府京都市西京区樫原杉原町12-1  旧村社  樫原三ノ宮神社

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

 

 

 

タグ:

伏見稲荷大社の末社『御剣社』

2014年11月7日 / 山城の神社, 日々の話, 神社・歴史

うちには昔から小さなお稲荷さんが祀られています。
昔、おばあちゃんに教えてもらったのはご先祖(初代)が
この地に越してくる前から既にあったとか。

その御縁もあり毎年、伏見稲荷大社に参拝します。
家族揃って 行けなかったとしても誰かが行きます(^^)
ちなみに今年は二度目です。

伏見稲荷大社のきつねは鍵を咥えております。
(ちなみに門をくぐった次の狐は巻物です)
玉鍵信仰(以前の記事より)穀物が保管されてる
倉庫の鍵を咥えているとか。御祭神の宇迦之御魂神は
五穀豊穣の神ですからそういった関係性もあるようです。

拝殿で参拝を済ませ、目指すは『御剣社』

御剣社はてっぺんの一ノ峰から少し下ったところ。
ほぼ一番奥になりますので道程は遠いです…(;´Д`)ウウッ…
上りが比較的緩やかな四つ辻~三ノ峰ルートで目指します。

今回は娘も一緒に登っりましたが厄介な娘の『抱っこして~』攻撃を
受け流しつつ、途中で飲ませて食べさせて誤魔化しながら(^^;

途中で御神水でゆでた卵を食べて!
この後、黄身をごっそりと落としてしまい
大泣きする事になります(笑)

1時間15分くらいでしょうか?ようやく山頂へ

ジュースの値段もココがピークです。
ここから少し下ると…。

うちでお祀りしている御分霊の本家へやっと着きました。
ここは凄いパワースポットでもあるようで外国人にも
人気があるとか?

1番目を引くのは

本殿の裏にある御剣石。この磐座は御剣社の
御神体です。これは圧巻です!物凄い迫力があります。
手に触れるとパワーが貰えるそうです。

そして、ちょっと興味深いのが狛犬。伏見稲荷だから
と言って小さなお社にいるのはキツネばかりとは
限りません。たまに狛犬が混ざっております。

乳飲み狛犬と言うそうで珍しいそうだ。

奥の方にあるだけあって参拝者も少ないです。
そのそいもあってかとても厳かな雰囲気がありとても
いい感じの場所です。ちなみにこの御剣社と言うのは
名前の通り、刀鍛冶に所以があるようで鍛冶、刃物業者の
信仰が厚いようです。ご先祖が今の場所にやって来る
前に居た方は刃物を扱う商人だったのかも?しれません。

今回の伏見稲荷神社への参拝は御剣者へ行くことが
目的でしたので他のお社はあまり見ておりません。
元々、稲荷山そのものが修験場であり修験道の聖地でも
あります。くまなく見て歩けばとても面白いはずです。

が…。一周歩くだけで2時間。くまなく見て歩けば
1日では終わらなさそうですし、体が持ちませーん…(;´Д`)

御祭神 加茂玉依姫(かもたまよりひめ)、御劔大神
京都市伏見区深草薮ノ内町68   伏見稲荷大社内末社 御剣社

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

タグ:

神秘的な鳥居『木嶋坐天照御魂神社』

2014年7月28日 / 山城の神社, 神社・歴史

ここはずっと行きたかった神社です。通称は短く木嶋(このしま)
神社と言われ京丹後市峰山町にある金刀比羅神社の狛猫で知られる
木嶋神社はココから分詞されてるかと思います。

京丹後市峰山町にある金刀比羅神社にある木嶋神社は
丹後の産業である織物業の繁栄を願っての分詞されたことが
コレを見ると想像できます。

何故、ここにずっと来たかったっと言いますとどうしても
この鳥居が見たかったのです。日本でも東京の三囲神社など
数カ所しかありません。三柱鳥居が見たかったのです。
また、葛飾北斎が描いている画も残っていて興味深いですね。

3つの鳥居がくっついて正三角形を形どっていますね。
残念ながら宅地開発に寄って池の水は枯れてしまったそうです。

この辺りは秦氏の影響が大きい地域で蚕の社と言われるのは
半島からやってきた秦氏が養蚕・織物の技術を持ち込んでいるからです。

この三柱鳥居にはどんな意味があるのかがわかりませんが
とても気になる存在です。

御祭神の穂々出見命・鵜茅葺不合命はどうも気になる存在で
穂々出見命は彦火火出見尊にあたり 丹後国一宮の籠神社の
言い伝えによれば、《彦火明命》は《彦火火出見尊》の別名と
されています。 ということは山幸彦になる?

鵜茅葺不合命は海神の娘、豊玉姫と山幸彦の間に生まれ、
神武天皇の父となる存在です。 海神は籠神社に祀られていて
社家の海部家の氏神様にあたります。

勝手な想像ですが昔、海部氏と秦氏は何か関係があったん
じゃないか?と思ってしまいました。

御祭神 天御中主命・大国魂神・穂々出見命・鵜茅葺不合命
京都府京都市右京区太秦森ヶ東町50番地  式内社(名神大) 
木嶋坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

1 / 212
ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK