タグ「アクリル毛布」を含む記事

こたつ・電気毛布で寝ない

2018年3月3日 / 寝具のこと, 睡眠改善

コタツでのうたた寝は

 

非常に気持ちが良い!

 

これは間違いないと思います。

 

 

気持ち良い反面、眠りの質は良くない上に
長時間、加温してしまう事は身体への負担も大きい。
だから、日常的にされてる方は辞めた方が良いです。

 

 

①加温により発汗量が増え脱水症状になりやすい。

 

なにも汗と言うのは運動した時に滴るような
ものだけを指すのではなく常に皮膚から蒸発
しています(不感蒸泄)し呼吸時にも蒸発しています。
普通の状態でもコップ一杯以上は一晩で
水分が無くなりますがこたつで身体を加温
することによりその量は増えます。

 

 

②血液はドロドロになります

 

 

水分を奪われているので血は濃くなります。
ここでは続きを書きませんが…。

 

 

③起きた時に身体が痛い。だるい

 

 

これはコタツの足の高さは通常で約30㎝
この高さでは横を向くと腰骨が当たります。
満足に寝返りが打てない事が影響しています。

 

 

④睡眠の質を悪くする

 

 

本来、睡眠時は身体の活動を抑え
身体を休めるべき時間なのですが加温される
事で心拍数は下がらない、呼吸数も下がらない
体温も下がらない。身体が休まっていません。
眠りも深いものにならず質は悪くなります。

 

 

これは電気毛布も同じことが言えます

 

 

電気毛布だけでなく電気で加温する寝具も
気を付けないと同じ事が言えます。

 

 

本来は自分自身の体温を逃がさず自身の
温もりで眠る事が理想です。そして最初に
書きましたように湿気(汗)を吸収し寝床内
に湿気を籠らせない様にすることが大事です。
寝床内に水分が籠るとそれが蒸れであり
寒さへと繋がります。

 

 

ですからアクリルボアのパットや毛布は
暖かそうに見えても寝床内の水分が抜けずに
こもります。

 

 

電気毛布やこたつで眠るのは辞めましょう。
あと、アクリルの毛布もです!

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , ,

蒸れると暖かいの微妙な差

2016年11月18日 / 寝具のこと

そろそろ、寒くなってきたのでサンダルを衣替え
してみました。こういうボアの付いたものは初体験!

 

1861

 

おおぉぉ~暖かい!!!!

 

と最初は思ったのですが実は思った以上に足は汗をかきます。
結構バタバタと店の中を動き回ってると暖かさとは微妙に
異る感覚になってきました。

 

蒸れてるんです。

 

蒸れると暖かいのですが靴下が湿り気を帯びてきます。
湿ってくると靴下の足の指もなんとなく湿ってきて徐々に
不快になってきます。不快になってきたのでサンダルを脱ぐと・・・

 

外気に冷やされて一気に冷えます。

 

靴下が湿ってるので外気に触れると足が一気に冷えて
しましました。これってアクリル毛布やボアシーツを使った
時と同じ様な環境下なのです。

 

最初は暖かい

暖かいがなんとなくムッとしてくる

パジャマや下着が湿気を帯びてくる

寝汗を感じるようになる

不快感からふとんをはだける

外気に冷やされ一気に寒くなる

 

このサンダルのボアボアは石油系繊維ですから
吸湿性がありませんので同じ様な事が起こりうります。
このサンダル、じっとしてて履いてる分には暖かいので
具合が良いのですが動き回るには汗で冷やして
しまうので・・・。

 

睡眠時、特に入眠時には一気に汗をかきますので
この時に汗が吸湿されないと寝床内は蒸れます。
蒸れると不快であり、身体を冷やす原因になって
しまいます。

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ
※携帯電話キャリアメールからのメールはえびすやからの返信が届かない場合があります。

タグ: ,

毛布は羽毛ふとんの中?上にのせる?

2015年11月5日 / 寝具のこと, 羽毛製品

1238

 

これはよくお客様に尋ねられるお話です。

 

『毛布は羽毛ふとんの中にいれるの?上にのせるの?』

 

よく一般的には羽毛ふとんを上に乗せると保温性が増すので
正しい組み合わせのように言われています。
乗せたほうが良いケースと乗せない方が良いケースがあり
僕は基本的には載せない方が良いと考えております。

 

羽毛ふとんの大きな利点は軽さです。折角の
軽い羽毛ふとんの上に毛布を乗せたとします。場合によっては綿の掛けふとん
よりも重くなってしまいます。本来、載せずに済むのであれば
載せない方が良いのではないでしょうか?また、上にのせるのであれば
特に毛布である必要もないような気がします。

 

では何故、上に乗せる方が良いのでしょうか?

 

『羽毛ふとんが身体にフィットしない場合』

 

こんな時、身体と羽毛ふとんの間には隙間ができています。
そこから冷気が入り込みます。すると寒いのです。
そんな場合毛布を上に乗せてやると重みによってその
隙間が塞がれます。それによって保温性を確保することが出来ます。

 

身体にフィットしない原因は羽毛の詰め過ぎであったりキルトの
問題など様々ですが、最初から身体にピタッとフィットするようなモノを
使えばわざわざ重くしなくても済むんじゃないかと思うのです。
なんたって、軽くて暖かいのが羽毛ふとんなのですから。

 

では毛布は何処に使ったら良いんでしょう?身体に沿いにくい
羽毛ふとんの場合は上に、そうでない場合は下に使った方が良いです。
ただし・・・。

 

『アクリル毛布は辞めましょう!』

 

アクリル毛布に羽毛ふとんを乗せると滑りやすい。
寝返り時に滑ってしまいます。そしてもう1点
アクリル毛布は吸湿性がありません。中に入れると羽毛の持つ
汗を吸湿発散し、寝床内の湿度を調整してくれる働きがそこで
遮断されてしまいます。そして、寝床内に汗が篭もり、蒸れます。
これが身体を冷やす原因になりかねません。

 

中に使うのは自然素材で出来た毛布。軽めで肌沿いの良い
ウールパシーマも良いですね。カシミア、シルクも良いでしょう。
アクリル毛布は静電気も起きますし、オススメしたくありませんが
あえて使うのであれば、膨らみ気味の羽毛ふとんの上に乗せるのが
いいんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

 

 

 

タグ: ,

店の前のボード

2015年1月14日 / 寝具のこと

心機一転。今年、初めて店頭のボードを買い替えました。
えびすやは十字の交差点の近くにあり、信号待ちの間
結構、読んでくれてるそうです。お客様がそう教えてくれます(^^)

お店からそっと信号待ちしてる
ドライバーさんの様子を伺ってると結構見てくれてます。
今回はお客さんによく聞かれることなのでよく
見てくれているのかもしれませんね。

中身がよく詰まった膨らみが大きい羽毛ふとんと言うのは
暖かそうに見えます。そういうふとんは見栄えが良いので
お客様にとっては好印象に映ります。

膨らみ過ぎは実は使い難いのです…。構造にもよりますが
身体にフィットしないから隙間も出来やすく、寝返りを
打つと滑りやすかったります。

なので上に毛布を乗せると重石となって身体にピタッと
フィットし隙間も埋まり温かみが増します。そういった意味で
上に乗せると良いんです。

しかし・・・重石をしなくても暖かいのなら無い方が
軽いので良いですよね。(^^;

アクリル毛布だったら上の方が良いと書いたのは
アクリル毛布は吸湿性が殆どありません。寝床内に
汗がこもり冷えます。羽毛は本来、吸湿性が良いのが
特徴ですがそれが活きてきません。そして、場合に
よっては毛布の目で上のふとんが滑りやすかったりします。

中には入れるのはシルク、カシミヤ、ウールなどの
自然素材であり保温性、吸湿性の高い動物性繊維の
毛布をオススメします。パシーマもGood!羽毛ふとん
1枚では不足していた保温力を高めてくれます。

最後の静電気のお話ですがアクリルは
寝返りで生地が摩擦を起こすと静電気が起きます。
最近、多いポリエステル(同じ石油系素材)生地の
羽毛ふとんなんかも静電気が起きます。毛布から
ホコリが出なくても集塵してしまいますので喘息
などの方には注意です。

先程の吸湿性の話ですが入眠時にはメカニズム上
必ず多くの汗をかきます。しかし、ポリエステルやアクリルの
繊維は殆ど吸湿しません。シーツやパジャマが
湿気を吸い込むことになり、寝汗などで湿気るとそれだけで
寒さを感じてしまいます。

こういったような理由からアクリル毛布は
えびすやではオススメしていないのです(^^;

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ:

よいとこ取りの毛布

2014年9月17日 / えびすやにあるもの, ケット・パット

かれこれ、10年は経つかと思いますが
当店ではアクリル毛布は基本的に販売していません。

それは吸湿性が無いからです。毎晩、約コップ1杯(200cc)
の汗をかくと言われています。冬でもかきます。
アクリルですと汗を吸収しないので寝床内に汗が
こもります。アクリルの敷パットを併用していると
完全に湿気の逃げる場所がありませんね。寝床内の
湿度は飽和状態になり、パジャマは寝汗でベトついたり
室内の気温が下がると外気によって冷やされるので
寝床内は寒くなります。

触り心地や柔らかさは一見良さそうなのですが…
アクリル毛布や敷パットは辞めましょう!

となると毛布の素材となれば綿、ウール、シルク…
などの自然素材の毛布になるわけですがもう販売し始めて
7年程になる手軽で心地よい毛布があります。

中身は良質な英国産のウール100%。側地は柔らかい
綿100%のスムース。肌触りは物凄く柔らかくあたりも
good!中身はウールなので保温力もgood!そして、
結構、軽く重さをあまり感じません(^^)
綿の良い所とウールの良い所のハイブリッド毛布ですね(^^)
ウールなので気遣いは必要ですがご家庭でも洗えます。

掛ふとんの下に1枚挟めば保温力がグッと上がります。
仕事柄いろんな寝具を試しますがこれは使い心地いいですね!

今年のアクリルの毛布や敷パットから卒業して心地良い
自然素材に包まれて眠りましょう!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK