カテゴリー「掛ふとん」の記事

制作事例No.33『思った以上に良かった』

2017年9月26日 / えびすやにあるもの, 制作事例, 掛ふとん, 羽毛製品

秋口ですのでドンドン寝具が入荷してきますので
そのお話が多くなってしまいますがお付き合い下さい(^^;

 

 

先日、メーカーさんに寄らせてもらった時に
たまたま、見せて頂いたダックダウンが凄く
良かったのでえびすやの定番外ではありますが
作って貰いました。

 

 

良かったと言いましてもハイスペックで
文句の付け所がない高級品という事ではありません。
ダックダウン85%ですからどちらかと言えば
お買い得品の部類になりますので同じ
ダックダウン85%でも中には目を
当てられないレベルのものもあります…。

 

 

けれど、これは
『えっ!こんなにいいの?ホントに85%?』と
思うくらいダウンの粒が結構大きいのが
多く混ざっており(ダウン率は表示通りくらい)
なかなか良かったのです。

 

 

生地は綿100%の平織の生地をあえて使ってます。
価格をリーズナブルにするのが一番の理由ですが
サテンなどと比べたら硬くごわっとしていますが
生地が軽いのが特徴です。(質のいいサテンは軽いです)
軽いので羽毛の断熱してくれる層が膨らみます。

 

 

縫製は5×6マスです。フィット感を高める為に
市販のものよりも細かくしています。

 

 

えびすやとしては専門店ですので品質は重視
しておりますがそこだけにこだわらずに
自店でオリジナル製品を作っている事を活かし
こういう製品も取り扱っております。お陰様で
リーズナブルでいい羽毛ふとんが出来ました!

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ:

制作事例No.30『品質は維持した方が良い』

2017年9月18日 / えびすやにあるもの, 制作事例, 掛ふとん, 羽毛製品

昨日の台風は日本を抜けたようですが
雨が沢山降ってますので土砂災害などには
気を付けないといけません。思ってた以上に
被害があり、被害に遭われた皆様には
心よりお見舞い申し上げます。もう、台風は
これ以上は勘弁して頂きたいものです…。

 

羽毛の目利き

 

さて、今回の羽毛の目利きです。
20年以上使われた羽毛ふとんですが触診では
羽毛の反発がそこそこ、感じられ状態は
悪くありません。リフレッシュ可能と判断しました。
某有名メーカーの製品で側地もかなり良いものが
使われております。

 

 

 

案の定、良い羽毛でした。使用年数の割にファイバー
(羽毛が千切れたゴミ)が少なく、元の羽毛の良さが
伺えます。

 

しかし…。
これはどんな羽毛でも避けられない事ですが長年
使い続けると汗や皮脂がしみ込んでいき羽毛に
付着し汚れてきます。この汚れが羽毛の絡みを生み、
嵩減りする原因となります。この羽毛もピリング
しているのが目立ち始めていますが大丈夫です。

 

 

品質を落とさない方がよい。

 

羽毛ふとんのリフレッシュをする時に予算がありますが
出来る限り、元々入っている羽毛、また側生地に合わせて

羽毛リフレッシュをされることをお勧めしております。

 

 

特に側生地の質を落とすと薄くて軽く、滑らかな生地が
生地が厚く、硬い生地になってしまい、今までの感触と
全然変わってしまいます。また、中身の羽毛も買った時の
状態に近づける事を考えるのであれば質の近いものを
足し羽毛に使った方が良いです。特に良いものをお使いに
なられそれを実感されてる方にはよく感じられるかと
思います。

 

逆に良い羽毛を使い、良い側生地なのに使いにくい
羽毛ふとんの縫製の仕方や羽毛の詰める量に問題が
あって使いにくい事があります。そういう場合は
羽毛リフレッシュをする際に縫製と充填量を変える
事で使い心地を大きく改善することもできます。

 

 

今回も元々の品質を維持する方向でおススメさせて
頂きました。仕上がりがとても楽しみです(^^)
心地よい羽毛ふとんに生まれ変わる事でしょう。

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , , ,

制作事例No.20『仕立て直し組ふとん』

2017年7月3日 / えびすやにあるもの, 制作事例, 掛ふとん, 敷ふとん, 綿製品, 麻パット・ケット

今日はまぁ、なんて暑い日なのでしょう?
少し気温は下がりましたがお昼頃は京丹後市の気温

 

33度

 

そりゃ熱いはずです。朝からいくら水を
飲んでるのかわかりません(^^;

 

 

作業場は二階ですのでムンムンムシムシです。
先代の親父殿はあまり文句やいらん事を言わない人で
黙々と仕事をするタイプの商売人と言うよりも
職人肌の人でした。ランニングにジャージを履いて
いつもココでひたすらふとんを作っていて
学校から帰ってくるといつもよく、ここで仕事してました。

 

その息子である僕はと言うと…。
心のどこかで『作業場にエアコン付けても良いよねぇ?』と
甘ったれた事思ってます。(^^;親父殿にこんなことを
言うと一蹴されてしまいそうです。

 

噴き出すような汗をかきながら先程仕立て上げたのが

 

 

シングルサイズの組ふとんの仕立て直しです。
今回はお預かりした分が掛けふとん二枚でしたので
綿がだいぶ足りませんので敷ふとんの方は打ち直し綿
メインにし掛けふとんを新綿メインでお仕立てしております。
元々、お預かりした掛けふとんがズシッとした感じが
ありましたので3㎏でのお仕立てです。

 

 

番外編。
本麻敷パットベビーサイズです。先日、出来上がった
えびすやオリジナル麻パットのベビーサイズです。
と言いましてもたまたま一枚出来てしまったものなので
オーダーを頂いても作れませんが…。

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

タグ: , ,

制作事例No.17『動物たちと一緒に寝ましょう!』

2017年6月9日 / えびすやにあるもの, 制作事例, 掛ふとん, 敷ふとん, 綿製品

可愛い動物柄の生地でベビーベッドサイズの
掛けふとん・敷きふとんを作らせて頂きました。
敷きはインド綿100%、掛けはしなやかなメキシコ綿100%です。
ベビーコーナーで売られている中綿がポリエステル100%
のものとは全然別物のふとんです。

 

2083

 

よく、赤ちゃんのふとんは硬い方が良いと
言われたりしますが昔の赤ちゃんのふとんは
綿で出来ていました。だからと言ってその世代の
身体が原因で身体が曲がっているわけではありません。

 

むしろ、首も座らず骨格も未発達の赤ちゃんに
カチカチの寝具が良いのか?そして汗を吸収しない
化学繊維の寝具で良いのか?赤ちゃんは汗っかき
です。汗が吸収されないと蒸れて背中は不快な
状態にその時に喋れない赤ちゃんの唯一の訴える
手段が

 

『泣く!』

 

汗が吸収されない寝具は赤ちゃんは寝る事が
出来ないんです。通気性、保温性、吸湿性が
適度に必要なのですが自然素材でないとこれが
難しい…。

 

折角、買ったふとんで赤ちゃんが寝てくれない。
そんなご相談を受けることもあります。

 

2084

 

この人形は生まれたての赤ちゃんの平均的な大きさと
重さで作られています。インド綿100%でしっかり目に
綿を入れて作ってますのでフワフワと柔らかい訳では
なく適度な硬さがあり、使っているうちに段々と綿が
締り赤ちゃんの成長とともにシッカリとしてきます。

 

えびすやでは手作りタイプとキルティングタイプの
2種類のベビーふとんがありますがどちらも自然素材100%
先程、書いたような事を考えながら作られています。

 

赤ちゃんには是非、自然素材の寝具を!(大人もですが)

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

タグ: , ,

制作事例No.16『すずなりの羽毛』

2017年5月7日 / えびすやにあるもの, 制作事例, 掛ふとん, 羽毛製品

連続で羽毛ふとんのお話になってしまいますが…

 

僕の好きな羽毛を使った羽毛ふとんのご注文を頂きました。

 

3065

 

ふつう羽毛はこんなことをすると舞い舞いになってしまい。
往生します。サンプルを見て頂くときもそっと蓋を開け
そっと触って頂くことにありますが、これはブドウの房のの様に
粒がすずなりにくっついています。

 

スティッキー(sticky)は日本語に訳すと『ねばねば』とか『くっつく』と
いう意味です。スティッキーダウンの代表格と言えばデンマーク王室で
愛用され続けてきた超が三つも四つも付くような超高級品。シングルで100万円!
そんな高級品ではありません。(^^;ゼロが二つ少ないですね。(1万円じゃないですよ(笑))

 

何故、このように絡みつくのか?漢方用に長期飼育されて
羽枝が長いからです。そして芯もしっかり!選別も熟練の職人に
よって手選別しています。保温力の高いとても良いダウンです。
一方、飼育期間が短く未熟なダウンは粒が小さく壊れやすいので
ファイバーという屑が出やすく嵩減りもしやすくなります。

 

3066

 

そんな良質なダウンを羽毛が偏らない様にフィットする様に
キルトは細かめに仕立ててあります。写真を見てもらったら
解るかと思いますがそこそこのグースなんかを
凌ぐレベルの僕の好きなハイレベルダックダウンです。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

タグ: , ,

2 / 3123


 


ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
不定休(ほぼ無休)

AM9:00~PM7:00


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK

 

 

follow me!


follow us in feedly

アーカイブ

今年も蚊帳はじめました。

最近のコメント

北近畿の情報満載!

まねきねこ.com 北近畿