寝具製作事例No.95『ハンガリー産ホワイトグース羽毛ふとんと敷ふとんのお仕立て』

2019年2月2日 / えびすやにあるもの, 敷ふとん, 綿製品, 羽毛製品

昨日、寝具業界では一つの時代の流れを
表す出来事がありました。寝具業界大手
西川リビング・京都西川・西川産業が合併しました。
もともと、この三社は名前からも分かるように
元々一つの会社でした。近江の蚊帳から大きくなった
西川商店の東京店・大阪店・京都店が三つに
解れていたのが元に戻ったわけです。

 

 

 

ふとんの「西川」3社、約80年ぶりに統合のワケ


http://news.livedoor.com/article/detail/15746509/

 

 

これからの時代、小売店も卸売りもメーカーも
無駄な争いをするのではなくお互いに協調し
と共に発展し合って業界全体をよりよくしていく
事をもっと考える時代に入ったのかなと思う出来事です。

 

 

 

さて、
今年は暖冬とも言われていましたが流石に
2月にも入ればそれなりに寒く、寒波もやってきます。
昨日は関東でも積雪がありましたよね。

 

 

 

ハンガリー産ホワイトグース93%羽毛ふとん


 

お作りさせて頂きました。綿100%の80サテンに
ポーランド産ホワイトグース93%のダウンを使用し
キルトはフィット感を高め、軽量化しベッドで扱いやすい
細かめのキルトでお仕立てしております。

 

 

ポーランドと言えばNo.1の羽毛の産地です。
国を挙げて管理をして産業として力を入れています。
ポーランド産が品質が良いと言われる所以ですね。
ポーランド産のホワイトグースはコウダ種と
言われる品種の鳥で長年品種改良を重ねてきた
ポーランド独自のグースです。そのダウンを
使用しています。品質が良いです。

 

 

そして、えびすやの扱う羽毛はIDFLという
国際的な羽毛機関にて品質検査をしたものです。


 

羽毛ふとんも長年使い、ヘタってくると
徐々に保温力が失われ2月の大寒の時期にもなると
寒さを感じる様になってきます。それはどんなに
高価な羽毛ふとんだったとしてもヘタってきたら
寒いです…。その時に羽毛リフレッシュをするかどうか
悩まれましたが羽毛の劣化が著しく、リフレッシュを
するよりも新調が良いと考えおススメさせて
頂いた羽毛ふとんです。

 

 

そして

 

 

 

綿ふとんも劣化が進むと暖かくない

 

綿の敷ふとんのお仕立てです。
綿の敷ふとんも劣化が進むと暖かくありません。
ペチャンコになると暖かい空気を含む事が
出来ません。新しいものは空気を含みますので
暖かく感じます。綿の敷ふとんは3~5年を目安に
新調、仕立て直し(仕立直しは寿命が短いです)を
されることをおススメします。

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , , ,

コメントは受け付けていません。

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご連絡をいただけると幸いです。
不定休、諸都合等で休みの場合がございます。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK