タグ「羽毛リフレッシュ」を含む記事

ウィキペディアンデビューをしました。

2018年9月9日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 掛ふとん, 日々の話, 羽毛製品

 

残念ながら大雨洪水警報の為
規模を縮小しての開催になりましたこまねこまつり
そのプレイベントに昨日参加してきました。

 

ウィキペディアタウンという取り組みが
行われている事、ご存知ですか?地元の人しか知りえない
また気付かない様な歴史、文化、風習などをWikipediaに
アップロードして行くのです。皆さん、何かを調べる時
Wikipediaを使いますよね?自分が調べたいことがタップリと
情報があるとなんか嬉しいですよね(^^)僕は取りあえず
参拝をしたことが無い神社へ行くときは取りあえず
Wikipediaにお世話になります。

こういったボトムアップ型の取り組みって良いですよね。
地元から地元の魅力をドンドン発信する。素晴らしいですね!
凄く、良いイベントに参加させて貰いました。

 

 

今日、
羽毛リフレッシュが一枚、仕上がってきました。

 

 

お預かりした羽毛ふとんが二枚合わせタイプの
合い掛けふとんの方のみお預かりしてリフレッシュを
しております。合い掛け→本掛けにする為、通常の
シングル→シングルよりも足し羽毛が多めに必要に
なりますがホワイトグース95%のダウンが充填されて
いましたので良い仕上がりになっています。

 

 

質の良いグースをリフレッシュすればシッカリと
カサを取り戻し、ふっくらと仕上がります。しかし
質の良いグースも汗や皮脂がしみ込み、ピリングを
起こしたまま使い続けると、回復具合が悪くなります。
カサが無くなった暖かかさが失われてきてると
感じられたら早めにリフレッシュをされることを
おススメ致します。

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

 

タグ: ,

寝具制作事例No.76『良いものは仕上がりも良いです』

2018年9月7日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 掛ふとん, 羽毛製品

今回のリフレッシュは凄く、出来が良いです!
お預かりした羽毛の質が凄く良く、状態もかなりGOOD!
お預かりした羽毛ふとんは解体し、中から
羽毛を取り出して除塵をして壊れたダウンなどを
取り除き、洗浄してもう一度除塵をします。
(他社さんよりも除塵の回数が多いです)

 

 

この時、ダウンの質や状態が悪いと目減りが
多いのですが品質が良く、状態が良いとあまり
目減りしません。今回は目減りが非常に少なく
尚且つダブルサイズ→シングルサイズx2で
お作りしましたので新しい羽毛を多めに足しています。

 

 

 

 

充填量1.15㎏ですがふとんを押すとハリと弾力が
あります。新品と言ってもいいくらい良いですし、
新品として考えたら10万円の値打ちが十分にあります。
(羽毛がとても良いです!)しかし、リフレッシュの
価格はその半分以下です。10年後にまたリフレッシュを
させて頂きたいです。どうなってるのかを

見てみたいのです。

 

今回、仕事をさせて頂いて改めて思いました。

 

『良いものは良い!!』

 

 

良いものは高いかもしれません。長い目で
見れば高いとは言えません。今回の様な事があります。
今回のリフレッシュの費用と同額程度の羽毛ふとんを
買ったとしてもこちらの方が断然、上になります。

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

 

タグ:

寝具制作事例No.75『ダックよりもグースです!』

2018年8月31日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 掛ふとん, 羽毛製品

昨日、いつもお世話になっている
羽毛のリフレッシュ工場のえびすや担当の方の所へ
お邪魔してきました。

 

 

以前、お話したかと思いますが
えびすやの羽毛ふとんのリフレッシュは
工場へ丸投げではありません。中身を見て
現状使っているふとんの側生地、羽毛レベルに
合わせて、尚且つ縫製や充填量で工夫や
調整してより、使いやすい方法を考えて
お仕立てします。

 

 

単にコースの中から
決まったものを選ぶのではお客様の要望に
答えたり、よりよく仕立てるといった事が
十分に出来ません。

 

 

たまに現場へ行って色々と教えて貰ったり
担当者の考えを理解しに行くわけです。
理解していると感覚のズレも生じにくいですし
要望も聞いて貰いやすくなるわけです。

 

 

 

今回の目利きです。
業界では質の良い材料を使うという評判の
メーカーさんの羽毛ふとんです。品質表示通りに
ダウン率の高いホワイトグースが入っております。

 

 

ただ、長年使用していますので皮脂や汗汚れで羽毛が
べたついてきています。放っておくとピリングが
もっと進みファイバー(羽毛の毛が千切れるたもの)が
増えてくると可能性があります。

 

 

ここでタイトルの話なのですが
羽毛は大きく分けると2種類。ダックとグース。
一般的に安価なのはダックで高価なのはグースです。
この2種類の羽毛の主な違いというのは何か?
体の大きさが全然グースの方が大きく身体の大きさに
伴って羽毛の粒も大きいのです。そして丈夫なのです。
ですから羽毛をリフレッシュさせる時もグースを
使った羽毛ふとんの方が回復具合が良いのです。

 

 

ダックダウンの羽毛ふとんが仮に3~4万円だとします。
仮にグースダウンの羽毛ふとんをリフレッシュさせた時に
4~5万円したとします。状態や品質の悪いものは別として
十分にリフレッシュ可能なグースであればリフレッシュを
したグースダウンの羽毛ふとんの方が1~2万円の差以上の
モノが出来ます。

 

先のリフレッシュを考えるとグースダウンの羽毛ふとんの
方が良いですね。ダックダウンとグースダウン。ここが
品質の一つの境目になるんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

タグ: , ,

寝具制作事例No.74『前回目利きの羽毛ふとんの仕上がりです』

2018年8月28日 / 寝具制作事例, 掛ふとん, 羽毛製品

前回の目利きをさせて頂いた羽毛ふとんが良い感じに
仕上がりました。

 

 

使われていた羽毛とほぼ同じレベルの羽毛を足し
羽毛しております。出来るだけ元の品質を維持し、
ご要望や使い心地の良さを考えて調整を加えていきます。
一律にこの〇〇〇コースからお選び下さいでは
お店側も工場へ任せっきりになってしまいますので
状態を見ながら出来る限り良い状態に持っていく事が
難しくなってしまいます。

 

今回はお預かりした時よりも
マス目を細かくしました。以前は15マスでマチが
高すぎる程、高く、1つ当たりのマス目があまりにも
大きかったわけです。大きすぎる事で隙間が出来やすく
肝心の身体が当たる部分から羽毛が散ってしまって
寒かったのですが保温力も高まり、悩みであった
寒さから解放されます。(^^)

 

 

羽毛ふとんは中身の羽毛ばかりが問われる
ケースが多いですが(品質の良さは当然として)
生地と中身の羽毛と縫製のバランスを考えて
作る事がかなり重要なんじゃないかと思います。

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

タグ: ,

寝具制作事例No.72『今日の羽毛の目利き』

2018年8月15日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 羽毛製品

 

羽毛ふとんのリフレッシュのご相談です。
十数年前にご購入された寝具大手N社の製品です。
使用年数の割には羽毛に反発力があり元気があります。

 

 

しかし、お客様のお悩みは…。

 

 

『ここ数年、寒くて…。』

 

 

寒さが一番のお悩みです。
ミシン目を解き、中身の状態を確認してみました。

 

 

ホワイトグースダウン93%の表記です。
ファイバーも少なく、羽毛のベタつき感が
少ないので恐らく、水洗いをしているのでは?
(後で確認すると数年前に水洗い一度されてました。)

 

 

ピリングが進んでいますが十分にリフレッシュ可能な
羽毛ふとんです。状態は悪くはありません。

 

 

では何故、そんなに寒いのか?
長年の使用により買った時と比べたら
羽毛は劣化してきています。それは仕方ありません。
一番の原因は羽毛ふとんのマス目が大きすぎるのです。
3×5マスで合計15マス。これは大きすぎます。
羽毛の状態以上に構造上の問題が寒さを招いています。

 

 

マス目が大きすぎると中で羽毛が散ってしまい
肝心の身体の当たる部分に羽毛が無い。そんな状態に
なります。羽毛が無いから身体が保温できてないんですね。

 

 

今回は同等の生地(綿100%80サテン)に除塵時の
目減り分を足す羽毛も同等のもの。縫製は大きく変え
フィット感が出る様に細かくします。状態は悪くないので
洗浄、除塵で目減りする羽毛は少ないかなと思っております。

 

 

今年の冬は間違いなく保温力がUPして快適に
お使いいただけますね。

 

 

今、現在でしたら10月までにお納め出来ますので
羽毛ふとんの保温力が低下していることが気になって
いらっしゃるようでしたら羽毛診断士がいる弊店に
ご相談ください。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

タグ: , ,

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK