タグ「羽毛ふとん」を含む記事

寝具製作事例No.97『進学就職用におススメ』

2019年2月15日 / えびすやにあるもの, ケット・パット, 寝具制作事例, 敷ふとん, 羽毛製品

 

 

 

第73代竹内宿禰こと竹内睦泰さんが
ご自身の番組、『ちゃんねるむっちゃん』が面白いのです。
昨年末くらいからでしょうか?初代神武天皇から
毎日、それぞれの天皇がどんなことをされたのか?
どういう方なのか?解説しています。

 

 

 

先日は第56代清和天皇の解説でした。
清和天皇と言えば清和源氏ですね。
皇族から臣籍降下する時に名乗る性で
多いのがこの源氏ですね。その一つの祖です。

 

 

 

清和天皇は27歳の時に位を譲位し
仏門に帰依します。竹内睦泰氏が以前
このちゃんねるむっちゃんだったと記憶しますが
仰っておられたのはどうも仙人になりたかったらしく
仙術を取得する為に修行に励んだようです。
最後は京都の水尾の滝で忽然とこの世から姿を消しました。( ゚Д゚)

 

 

 

 

ご興味がありましたら初代神武天皇から
遡ってYOUTUBEをご覧になれると
面白いんじゃないでしょうか。欠史十代の
天皇ももちろん詳しく解説されてます。
僕は欠史十代の天皇は存在していたと思います。
存在しなければ丹後の歴史もなくなっちゃいますね。

 

 

 

 

さて、
受験も終わり
マンションや家財道具の準備に追われている
親御さん多いんじゃないでしょうか?家財道具は
家電製品だけではなく寝具も含まれています。

 

 

 

 

そうです。寝具も含まれてます!

 



進学・就職用の寝具と言うのは

一般的に掛け・敷き・枕の三点セットに
なったものが多いのですが
必要なモノ、自身の納得できるモノを
単品で揃えら方が良いかと思います。

 

 

 

掛けふとん・敷ふとん

 

 

 

掛けは羽毛ふとんです。
えびすやオリジナル製品で39,800円
価格が安価になればなるほど側地は
綿100%のモノがありません。えびすやが
絶対に譲れないのは側生地が綿100%で
あること。そうでないと静電気が起きたり
側生地の吸湿性が悪く羽毛の吸湿発散の良さが
生きてこないからです。羽毛も高品質とは
言えませんが価格を抑えつつ
自身の目で見た羽毛を使っております。

 

 

 

そして、敷ふとん。
えびすやの考えとしてはこういう固綿の芯が
入った敷ふとんは綿の部分がポリエステル100%
若しくはウール混で50%づつと言うのが一般的。
えびすやオリジナル敷ふとんは綿とウールを
使いポリエステル綿は使用しておりません。
そして、ヘタリにくくする為に一工夫を加えて
シッカリとした硬さで寿命も延びる様に
お作りしております。今回、お納めさせて
頂いた分はサイズオーダーでシングルロングよりも
若干小さくお作りしています。

 

 

 

この寝具にパシーマ、パシーマパットシーツ
あればかなり充実してきますね!

 

 

 

寝具は上を見ればキリがありません。
下を見ても底なしの様に安価なモノが沢山あります。
寝るに当たって、ここは譲れないという
えびすやの一線があります。一線を越えれば
超えるほど眠りを犠牲にした寝具となってしまいます。
えびすやの出来る範囲内で品質を維持しつつ
価格を抑えたリーズナブルな寝具です。

 



学業も仕事も眠りは大きな資本となります。
眠りを疎かにすると必ず良くない影響を及ぼします。
寝具が眠りを邪魔するというのはよくある事です。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , , , , ,

寝具製作事例No.95『ハンガリー産ホワイトグース羽毛ふとんと敷ふとんのお仕立て』

2019年2月2日 / えびすやにあるもの, 敷ふとん, 綿製品, 羽毛製品

昨日、寝具業界では一つの時代の流れを
表す出来事がありました。寝具業界大手
西川リビング・京都西川・西川産業が合併しました。
もともと、この三社は名前からも分かるように
元々一つの会社でした。近江の蚊帳から大きくなった
西川商店の東京店・大阪店・京都店が三つに
解れていたのが元に戻ったわけです。

 

 

 

ふとんの「西川」3社、約80年ぶりに統合のワケ


http://news.livedoor.com/article/detail/15746509/

 

 

これからの時代、小売店も卸売りもメーカーも
無駄な争いをするのではなくお互いに協調し
と共に発展し合って業界全体をよりよくしていく
事をもっと考える時代に入ったのかなと思う出来事です。

 

 

 

さて、
今年は暖冬とも言われていましたが流石に
2月にも入ればそれなりに寒く、寒波もやってきます。
昨日は関東でも積雪がありましたよね。

 

 

 

ハンガリー産ホワイトグース93%羽毛ふとん


 

お作りさせて頂きました。綿100%の80サテンに
ポーランド産ホワイトグース93%のダウンを使用し
キルトはフィット感を高め、軽量化しベッドで扱いやすい
細かめのキルトでお仕立てしております。

 

 

ポーランドと言えばNo.1の羽毛の産地です。
国を挙げて管理をして産業として力を入れています。
ポーランド産が品質が良いと言われる所以ですね。
ポーランド産のホワイトグースはコウダ種と
言われる品種の鳥で長年品種改良を重ねてきた
ポーランド独自のグースです。そのダウンを
使用しています。品質が良いです。

 

 

そして、えびすやの扱う羽毛はIDFLという
国際的な羽毛機関にて品質検査をしたものです。


 

羽毛ふとんも長年使い、ヘタってくると
徐々に保温力が失われ2月の大寒の時期にもなると
寒さを感じる様になってきます。それはどんなに
高価な羽毛ふとんだったとしてもヘタってきたら
寒いです…。その時に羽毛リフレッシュをするかどうか
悩まれましたが羽毛の劣化が著しく、リフレッシュを
するよりも新調が良いと考えおススメさせて
頂いた羽毛ふとんです。

 

 

そして

 

 

 

綿ふとんも劣化が進むと暖かくない

 

綿の敷ふとんのお仕立てです。
綿の敷ふとんも劣化が進むと暖かくありません。
ペチャンコになると暖かい空気を含む事が
出来ません。新しいものは空気を含みますので
暖かく感じます。綿の敷ふとんは3~5年を目安に
新調、仕立て直し(仕立直しは寿命が短いです)を
されることをおススメします。

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , , ,

年末の営業のお知らせと”陸王”の再放送

2018年12月29日 / えびすやにあるもの, 日々の話, 羽毛製品

えびすやの年末の営業は31日までします。
兄妹、子供、孫の帰省に寝具が足らずに
必要な事がありますので毎年31日まで
営業しております。

 

 

 

一回きりで来客の予定がない場合は
レンタルで寝具を借りるのが良いかと思いますが
家族の盆正月、ゴールデンウィークの帰省が定期的に
あったり、泊り客がちょこちょこある場合は
レンタルよりも寝具を揃えておく方が経済的です。
レンタルもそれなりに費用が掛かります。

 

 

 

日々、使うものではありませんので
そんなに高価なものは用意しなくても良いとは
思いますが心地よい、自然素材のモノを
用意してあげるといいんじゃないでしょうか?
普段使っているふとんをクリーニングしたり
仕立て直しをする場合に予備として使う事も
出来ます。

 

 

そういった場合におススメの羽毛ふとん。
39,800円~(H30年12月末現在)ご用意しております。側生地は
綿100%です。ポリエステル混ではありません。
縫製も身体にフィットしやすい様に仕立てて
あります。お手頃価格の羽毛ふとんは多めに
在庫をしておりますのでご入用がありましたら
ご相談、ご来店ください。

 

 

さて、話は飛びますが
お昼に何気にテレビをつけると
”陸王”の再放送をしておりました。実は
池井戸潤のヒット作にも関わらず
見てないんですね(^^;

 

TBS『陸王』特設サイトよりお借りしてます

 

話の内容は皆さんよくご存じだと
思いますし、解らない方は特設サイトより
あらすじを読んでみて下さい。

 

 

ドラマではありますが日本人のモノづくりへの
意識の高さには驚かされます。結果、良いものが
生み出されるかどうかは置いておいて日本の中小企業は
ホントに実直にモノづくりに励む会社が多い様な
気がします。以前、東大阪で働いておりましたが
そんな企業の集積地とでもいえる場所でした。
地元企業だけで人工衛星を飛ばしてしまうくらいですから。
モノづくりに向かうエネルギーが感じられる街でした。
一つの会社はガレージ程度の小さな工場ですが軒を
その集まりが分業体制で一つの素晴しい製品をつくる
素晴しいです。

 

 

私も一応、ふとんを仕立てる職人になりました。
そのおかげでもあると思いますがモノを作る人の
気持ちが少しだけ理解できるようになったような
気がします。気持ちの入った製品づくりを心掛ける
同じ仕入れをするならそういう会社とお付き合い

したいですよね。


息子としばらく一緒に見ておりましたが
息子にはモノを作る仕事、モノを作る仕事で
無かったとしてもそういった気持ちで仕事を
してほしいなと思いました。

 

 

さて、本人はどう思ってるのか?(笑)

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

タグ: , ,

寝具製作事例No.93『今年最後の新入荷』

2018年12月28日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 羽毛製品

メーカーさんの最終営業日に出荷して頂きました。
えびすやオリジナルの羽毛ふとんです。
前々から良いのは解っておりまして

ずっと定番にしておりました製品の改良版です。

 

 

羽毛ふとんは洗えるとは表記していませんが
洗えます。ただし、洗いすぎると生地の目が緩み
羽毛が吹き出してきます。(洗うのはプロに任せましょう)
羽毛の生地には目詰め加工が施してありますが
それが緩んで来るからです。

 

 

ウオッシャブルタイプの羽毛ふとんは
ポリエステル混、ポリエステル100%の
モノばかりです。そういったタイプのものは
静電気、吸湿性の難からくる蒸れなどの
問題からえびすやでは扱っておりません。

 

 

が、この羽毛ふとんは綿100%ですが
洗いに強い生地です。洗っても吹き出しにくい
のが特徴。汚れやすい汗っかきの人、代謝の良い
高校生の男子などの若い方ににおススメです。
水洗い出来ます。(ウオッシャブル生地ですが
プロに任せられる事をおすすします)

 

 

僕自身、この生地の羽毛ふとんを自分で
洗ってみたことがありますが水がスーッと
染み込んでいきます。この力が寝床内の
湿気を吸収しますので蒸れません。洗った時に
乾きも比較的早いです。この生地の吸湿発散の
良さが羽毛の持つ湿度をコントロールする働きを
グッ!と引き出しています。

 

 

で今回の改良点はと言いますと
生地を滑らかにしている事と全体的に
軽くしています。羽毛もライオンヘッドグースと
呼ばれるグースの中でも体長がかなり大きい
グースダウンを使用しています。体長が
大きいという事はそれだけ羽毛も大きなものが
採取出来ます。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

タグ: ,

羽毛ふとん解体新書

2018年12月10日 / 寝具のこと, 羽毛製品

前野良沢や杉田玄白両先生の様な
立派なお話ではありません…。恰好を付けて
書いております(><)

 

 

巷でよく売れているら某リビング用品販売会社の
羽毛ふとんが不要なので処分してほしいとの事で
預かりました。お客様からも良くご相談を受ける製品です。

そんな羽毛ふとんの中身がどうなってるのか?
好奇心から中身を取り出してみる事にしました。

 

 

 

 

ポリエステル混の生地を使った二枚合わせ
タイプの羽毛ふとんです。恐らくですが
生地を見るとあまり使っていないか使い始めて
そんなに経っていない感じです。

 

 

結論から言いますと実はこの羽毛ふとんの
使い心地がイマイチだったのです。これからの時期
これで過ごすには寒いと仰られてました。それで
弊店にて新たにお買い求め頂いております(^^;

 

 

中身を取り出してみますと

 

 

価格的な事を考えると想像通り
やはりダウンが小粒ですね。

 

 

使用しているダウンは未熟なものの様で
壊れた羽毛が目立つのと羽毛に芯がありません。
水鳥の飼育期間が短くダウンが育ち切っていません。
写真には写ってませんがフェザーを芯にして
羽毛がゴロゴロと玉になっているのが目立ちました。
ダウン率が低いとフェザーにダウンが絡みやすく
羽毛の嵩減りする原因になります。

 

 

この写真は当店で定番にしているライオンヘッドという
鳥体が大きい種のグースから採取したダウンです。
全然、品質レベルが異なるので同列に比べられませんが芯が

シッカリとありますよね。これは熟成しており保温力が高い
ダウンです。

 

 

 

中の羽毛から考えると羽毛ふとんとしての高い保温力を
期待することは難しいかと思います。しかし、販売価格から
考えると妥当な製品と言えそうです。保温力が低い、羽毛の
良さである吸湿発散が弱いといった事が気になり、品質は
高いとは言えませんが産地偽装をしたり変に羽毛の実力以上の

過剰表示をする製品が多くあるなかダウンパワー、ダウン率
なども公表通りに見受けられ正直な製品じゃないかなと
感じられます。

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

 

タグ: , ,

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご連絡をいただけると幸いです。
不定休、諸都合等で休みの場合がございます。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK