羽毛ふとんが安くなる日はもう来ない。

2014年2月22日 / 寝具のはなし

皆さん、羽毛ふとんの価格が近年高騰してき
ているのはご存知でしょうか?少々の値上げ
ではありません。ぐんぐんと高騰しております。
当店で扱うオリジナルの羽毛ふとんなども例外
ではありません。クオリティを維持しながら
出来るだけ価格を抑える様にに工夫はしていますが
上げざる得ないケースが出てきてます…。

寝具売り場等へ行かれた時、

『あっ!この羽毛ふとん安いな』

と思ったらふとんの側地を触ってみて下さい。
綿の風合いがしません。ポリエステル85%
くらい混紡してあるんじゃないでしょうか。
こうなるともう、側地に殆ど吸湿性がありません。
恐らく蒸れるでしょうし、羽毛の持つ調湿性も
活かされないでしょう。

話は脱線してしまいましたが何故、羽毛ふとんの
価格が上昇しているかと言いますと

◯中国でダウンジャケットが流行している
◯円安の影響
◯生産量の低下

など色々と言われていますがこれらは根本的な
問題ではありません。羽毛の原料と言うのは
アヒルや鴨を原料としています。

昔に比べて日本人が食べるコメの量が減っているのと
同様にアヒルや鴨を食べなくなって来ているのです。

食習慣の変化

これが根本原因の様です。何も羽毛を取るために
アヒルや鴨を飼育している訳ではありません。
あくまでも食肉がメインなので羽毛は副産物に
すぎません。みんながアヒルや鴨の肉を食べなく
なると生産量が減ってしまいます。すると羽毛の
生産量も減ってしまうわけです。

これは簡単に食習慣が元に戻るという事は恐らく
ないでしょう。下げ止まることはあるかもしれ
ませんんが…。

そこで羽毛ふとんを欲しいと思っておられる方へ

◯買うなら早いほうが良い
◯買うなら品質が良い物を

早いほうが良いというのは価格は上がることは
あっても下がる要因が無いということです。
先延ばしにすればする程、価格は上昇します。

品質を良い物をというのは勿論、保温性や
吸湿発散などの機能性が高いというのは当然
として丈夫でシッカリとしたダウンを使用した
羽毛ふとんであれば7~10年と使用して羽毛の
元気が無くなってきたとしてもふとんの中から
羽毛を取り出し完全洗浄をし羽毛を再生させる
事が可能で、長く使えるということです。
(羽毛リフレッシュ、仕立替などと言います)

これから羽毛ふとんは昔のように高級品の時代に
なっていくのでしょうね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ


タグ: , ,

“羽毛ふとんが安くなる日はもう来ない。” への0件のフィードバック

  1. みそぴよ より:

    必要に応じて、パパッと大工さんが出来るって
    素敵ですね♪
    今はDIYっていうんですっけ?
    自分で作ると、自由自在で、
    しかも愛着も湧くしいいですよねぇ~♪

    • ふとん屋@五代目 より:

      みそぴよさん

      と言いましても大したものは作れませんし不細工です(^^;
      合うものが売ってればそれで有難いのですがそうは行かないので・・・。
      でも、やるとDIYも楽しくなりそうです。売り場もかなり充実してますし。
      でもみそぴよさんもお仕事柄、簡単なものならパパっと出来そうですよね。

えびすやの自然素材寝具


 


ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
不定休(ほぼ無休)

AM9:00~PM7:00

ランキングに参加しています


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK

 

 

follow me!


follow us in feedly

アーカイブ

今年も蚊帳はじめました。

最近のコメント

北近畿の情報満載!

まねきねこ.com 北近畿
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。