『麻呂子親王を遮った』駒返しの滝

2016年5月16日 / 丹後の古墳・史跡, 神社・歴史

僕は滝が好きなんです。しかも今!この時期の
晴れた日の滝の下にいるとマナスイオンがもう舞い散ってます( ̄ー ̄)ニヤリ
気分は最高です!ただ、来月辺りになると蚊が出だすので今なのです。

 

1576

 

大宮の明田や弥栄の等楽寺から岩滝に抜ける道沿いにあります。
多分、府道53号網野岩滝線になるかと思います。大宮町延利と
岩滝の境辺りにあります。看板が出てるので直ぐにわかると思います

 

脇の小路を下って行くと・・・

 

1577

 

下に見えるお社は恐らくお不動さんかと思います。
滝の近くですからね。

 

1578

 

苔に埋もれてるので分かりにくいかと思いますが見えますか?
岩に丹後地方では珍しい磨崖仏が彫られています。貞和と北朝の元号が
彫られており南北朝時代のものだそうです。その奥に

 

1579

 

丹後町へと逃げていった鬼を追いかけるものの麻呂子親王はこの滝で
足止めをくらいます。小さな滝ですが水量もあり
馬を遮るには十分です。横に地元の民が通る細い道が脇にあったそうですが
大部隊を引き連れた麻呂子親王の舞台は通ることが出来ず一旦
諦めて引き返したと言われているそうだ。

 

京都府京丹後市大宮町延利  駒返しの滝

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

“『麻呂子親王を遮った』駒返しの滝” への4件のフィードバック

  1. 丹後のヨメ より:

    いつも通りながらも、たいていその先に用事があるので
    素通りしてました。
    こんな神秘的な風景があったんですねぇ。
    こちらにもマイナスイオンが届きそうな写真、
    ありがとうございます♪

    • ふとん屋@五代目 より:

      丹後のヨメさん

      先日みたいに暑い日のこの時期が
      滝は1番気持ちいですよ(^^)山奥にドンドン入らなくても
      降りてすぐですからお天気のよい日に是非!

  2. いげのやま より:

    私も滝は好きですよ~・・・!
    マイナスイオンもたっぷり浴びれますし、何といっても夏場の
    冷風機~・・・完全に街中の空気温度はちがいますからね~・・・そして周囲の森林浴・・・不思議な事に時間の進み方が遅く感じる空間でもあります・・確かにこに滝、馬は駆け上がれないでしょうね!

    • ふとん屋@五代目 より:

      いげのやまさん

      仰るとおり!まるで時間が停まっているかのようです(^^)
      マイナスイオンをタップリ浴びる自然に囲まれた環境から
      人間はドンドン遠ざかった暮らしをしてますから機会が
      あればこういう所でのんびりしたいですよね


ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
不定休(ほぼ無休)

AM9:00~PM7:00


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK

 

 

follow me!


follow us in feedly

アーカイブ

今年も蚊帳はじめました。

北近畿の情報満載!

まねきねこ.com 北近畿