『狛魚?狛鯛?』八幡神社(与謝野町四辻)

2017年5月17日 / 丹後の神社, 神社・歴史

仕事の帰りにいつもの悪い癖で神社へとふらりと
立ち寄ってみました。そこは子供の頃、親父に連れられて
祭りの夜店に行ったきり。30年以上行ったことが
ありません。その記憶も華やかな出店の灯り。僕らが
子供の頃の祭りの夜店は今と比べても出店数が随分
多かったんです。

 

3092

 

この石垣の建物が社務所か神職さんのご自宅かと
思っていましたら曹洞宗八幡山宝泉寺。お寺なんですね。
江戸期までは住職が八幡神社の別当職だったようです。

 

一の鳥居の横の狛犬。相当大きいです。
丹後の中でも倭文神社、竹野神社が大きいですが
それと同じくらいそれよりも大きいかもしれませんね。

3093

 

構え獅子です。献納は明治期でした。これは四辻がその当時
反映していた証でもあるかと思われるくらいに大きく立派です

 

3095

 

この石灯籠は国指定重要文化財の石灯籠。
南北朝時代のもので大宮売神社や溝谷神社の石灯籠より
若干新しいですが丹後の中でも古い石灯籠に数えられる
のではないでしょうか。

 

さて…。
ここからが興味深いところ

 

3094

 

犬ではありません!魚です!!台座には波頭まであります。
摂社の蛭子神社ですのでこれは鯛なのじゃ??と思うと
なんとなく鯛に見えてきます。(´艸`*)

 

3096

 

それがまたなかなか立派な彫り物で
赤鬼まで居てます。丹後っぽくないお社です。

 

3097

 

当然、八幡神社本殿もなかなかの作りです。
四辻の当時の勢いを感じます!

 

ちなみに戦国期、八幡神社の裏手の山には四辻城があり丹波一大勢力を
築く”丹波の赤鬼”と言われた荻野悪衛門一族の居城だったようだ。
丹波の勢力がここまで出っ張っていたという事なのでしょう。

 

御祭神:誉田別命、神功皇后、武内宿禰
京都府与謝郡与謝野町小字上谷 村社 八幡神社

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

タグ: , ,

“『狛魚?狛鯛?』八幡神社(与謝野町四辻)” への4件のフィードバック

  1. ええ~!狛犬ならぬ狛鯛!
    知らずに見たらびっくりしますね。
    シャチホコみたいな防災系の意味かと思ったら
    蛭子神社か~なるほど。
    赤鬼さんにもびっくり。
    荻野悪衛門て・・・すごい名前ですね。
    こちらも知識がなかったら
    酒呑童子でも祀ってんのかと思うところでした。
    やっぱり神社巡りは予備知識があると面白いですね~

    • ふとん屋@五代目 より:

      丹後のヨメさん

      そうなんですよ!これは地元の氏子さんくらしか
      存在を知らないのでは?と思うのですがこれは
      狛猫なみに面白いと個人的には思います(^^)

      恵比寿さんの事は想像の域なのですが自分では
      正解だと思ってます(笑)悪太郎とつくのは
      自分の叔父を殺し城を奪ったからです。戦国時代の
      かなり名の通った武将ですが今はあまり知られて
      いないようですね。。。

  2. 30年前の思い出のお祭りだった場所なんですね、今もお祭りやっているのかな~?・・・是非子供さんを連れてきてあげたい気分に読んでいる私が感じました~・・・(笑)・・・!

    • ふとん屋@五代目 より:

      いげのやまさん

      いつも地元の神社の祭りばかりなので
      ちょっと遠くへ遠征してもいいかな?と思いました(^^)

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK