夏休みの宿題、間に合うのか?

2016年8月17日 / 寝具のこと, 日々の話, 睡眠改善

お盆休みも終わりました。。。
子どもたちにとっては宿題のラストスパート!
息子は前もって後のことを考えるようなタイプでは
まったくございません(><)お尻に火がつきかけてます。

 

1724

1725

 

本人の構想では豆電球と乾電池を使って何かを作りたい
と言うのは決めてあったらしく図書館まで本を借りてきてました。
ただ電球を光らすのも何なので割り箸を柿渋染めにして行灯を
作ることに。ただ・・・。豆球で明かりを灯すだけの明るさがあるのか(^^;

 

この熱帯夜が続く中体臭・多汗研究所所長を務める
五味常明先生が面白い事を仰られていました。

 

『ふかふかなベッドに寝ている方が汗をかきやすい』

 

この汗というのも無駄な汗なのです。身体には半側発汗と
いう仕組みが備わっています。身体の一部が圧迫されると
その反対側に汗をかき、圧迫側の汗を抑制します。ウィキペディアで
調べてみると芸者さんは帯を胸の高い位置で結ぶことで顔からの
発汗を抑制し、化粧が落ちないようにしているそうです。

 

 

睡眠時に使う寝具が柔らかいと背中にたくさん寝汗をかき
眠りにくくなるということです。柔らかい上に、吸湿性や通気性の
乏しい寝具を使うと更に輪をかけて蒸れが酷くなります。
低反発マットレスは通気性・吸湿発散性が乏しく身体が沈み込むので
夏場は群れ群れになるのですが半側発汗の作用が働かずに
余計に汗をたくさんかいているのかもしれません。販促発汗作用が
働いていれば本来、かかなくてすむ汗にだと言えます。

 

昔、使われてた寝ござなどはそう言った働きをも上手く
使っています。また、身体との密着を避けることも通気を確保しています。
また、昔から使われている夏の寝具の素材、麻はヒンヤリ感
優れた吸湿発散、そういった要素を持ち、日本の気候風土に
適した寝具じゃないでしょうか?

 

1672

(この麻パットは寝ござの様な感じのシッカリさがあります)

 

 

最先端の技術も良いのですが昔から使われ続けているものには
それなりにちゃんとした訳があるという事ですね。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します
                   ※携帯電話キャリアメールからのメールは返信が届かない場合があります。

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

“夏休みの宿題、間に合うのか?” への2件のフィードバック

  1. 夏休みの工作・・・割り箸を柿渋染めにして行灯、いいアドバイスですね!
    布団の材料も何かに使えそうな気もします・・・
    本人の意向と親のアドバイスこういう事はとてもいい事ですね!
    ついついお父さんの方が夢中にならないように~・・って私の過去ですが
    (笑)・・・

    • ふとん屋@五代目 より:

      いげのやまさん

      いいアドバイスだと思ったのですが…。
      いい色を出すまでの時間がなくてもう行灯を組み上げてました(^^;
      こういうのってつい親が口をはさみ、手を出すんですよね(笑)

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM9:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


アーカイブ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK