丹後へ入る為の古き公道『普甲峠』

2014年9月3日 / 丹後の古墳・史跡, 神社・歴史

今は京都縦貫道、KTR宮福線があるのでココ府道9号線を走る
車も少なくなった事かと思います。僕は元伊勢皇大神社などに
参る時くらいしか通ることがありません。


[府道9号線]

この府道の途中に『普甲峠』と言う大江町から宮津市に
抜ける旧道があるのをご存知でしょうか?

古代は豊鍬入姫命(トヨスキイリビメ)が天照大御神の
御神体を準じてこの地へやってきた時。

夫、藤原昌保と共に和泉式部が丹後へやって来た時。

宮津藩主の参勤交代の時。

みんな、この普甲峠を通ってきました。昔の丹後へ入国
する為の公道であったわけです。ひょっとしたら細川幽斎、
細川忠興、細川ガラシャ…細川家一族も通っていたかもしれません。

府道9号線沿いを走るときに注意していると
こんな感じの案内板が所々あることに気づきます。

宮津街道と言うのは今普甲峠と言われ、宮津藩主の
京極高広が改修し新しい道です。案内板を見ると
道沿いには色んな史跡が残っています。そして、
綺麗な石畳が残っている場所もあり、整備されてます。

一方それ以前からあった道は元普甲峠と言われています。
こちらも一部、石畳があるそうですがかなり荒廃しているそうです。
戦後間もない頃までは通ることが出来たそうですが…

ここはどちらなのでしょう?新道?旧道?

道はコンクリートっぽく、一部石畳が残っておりました。
残念ながら、僕が履いていたスニーカーでは滑って危ないので
探索を断念しました…。

新道、旧道含めて今度はジックリ探索をして道沿いの史跡を
見てみたいですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ


タグ: ,

“丹後へ入る為の古き公道『普甲峠』” への4件のフィードバック

  1. たなち~ より:

    なーるほど♪
    鬼がまつられている?神社に行きたいと思うんですがなかなか…
    10日から以前の職場に戻ることになり(T_T)
    まわりたいんですけどねぇ。

    • ふとん屋@五代目 より:

      たなち~さん

      そうそう。それは御嶽稲荷神社の事ですね!
      鬼が居てますよ(^^)ぜひ行ってみてください!
      取り敢えずは職場復帰おめでとう!でいいのかな(^^;

  2. たなち~ より:

    あらあら♪知ってますよ~この道♪
    福知山にも抜けられますね!スキー場近くの脇道から更に山のてっぺんへ何度か足を運んでいます。
    色々出てくるらしいけど(笑)そこからの眺めは絶景です!

    • ふとん屋@五代目 より:

      たなち~さん

      その通り!大江山スキー場へ行く道ですね。
      この道中にはいろんな神社や史跡がありなかなか
      面白いんですよ!まだまだ調査が行き届いてませんが(^^;

えびすやの自然素材寝具


 


ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
不定休(ほぼ無休)

AM9:00~PM7:00

ランキングに参加しています


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK

 

 

follow me!


follow us in feedly

アーカイブ

今年も蚊帳はじめました。

最近のコメント

北近畿の情報満載!

まねきねこ.com 北近畿
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。