もう立入る事の出来ない神域『真名井神社』

2014年3月2日 / 丹後の神社, 神社・歴史


丹後では知る人ぞ知る参拝者の絶えない神社です。
家族みんなで参拝してきました。(^^)

 

有名人もお忍びでやってくるそでう。ココに来れば
御神水を汲んでいらっしゃる方、参拝者、駐車スペース
には遠方のナンバーの車が停まっています。先程、地元
では知れたと書きましたがそんなレベルは超えているかも
しれませんね。

僕が初めてやってきた時、境内一番奥に祀られている
磐座(確か塩土老翁の石碑があり祀られてたと思います)
の周り梵字の書かれた小石が撒かれていたり、また
真名井ヶ原に入ってウロウロとする人がいたり、社殿の
屋根に登る人とかもいたとか…。

その結果が

本殿より奥には入れない様に玉垣が出来、また撮影禁止
になりました。残念ながらもう御神木や磐座を近くで見たり
撮影することは出来なくなりました。

残念な気持ちもありますが神域に入ってウロウロと出来る方が
不思議なくらいで玉垣を作り立ち入りが出来ないようにして
良かったような気がします。今では白い大きな玉砂利が敷かれ
まるで伊勢神宮の様になっています。そして、より霊験あらたか
な雰囲気も醸しだされたのではないでしょうか(^^)


さて、手すりの所に三つ巴の紋がついていますが真名井神社の
紋は六芒星です。一時期は表に出していたのですが三つ巴に
戻ってしまいました。この六芒星の紋は伊勢神宮の奥宮と言われる
伊雑宮(いぞうぐう)志摩国一宮もこの六芒星の紋だそうです。

真名井神社が阿吽の『あ』伊雑宮が阿吽の『ん』事の始まりと
終わりを表している関係性だとか…。そしてこの2つの神社を
直線で結ぶと伊勢の内宮、外宮も直線上にあります。そして
京都の貴船神社、鞍馬寺、京丹後市丹後町の竹野神社も並ぶとか。

さてはて、一体どういうことなんでしょうね??

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ


 


タグ: , ,

“もう立入る事の出来ない神域『真名井神社』” への0件のフィードバック

  1. みそぴよ より:

    へぇ~。そうなんですかぁ~。
    めっちゃ、近所に住んでいるのに知りませんでした!
    しかも、メッチャ近くにこんな美味しいお水があるのに、
    わざわざスーパーの無料水を汲みに行っている私は…。
    もったいないことですよね…。

    • ふとん屋@五代目 より:

      みそぴよさん

      えっ!このお近く何ですか!羨ましい~。
      飲料用のポリタンクを大量に抱えて
      汲んでいらっしゃる方が沢山居てますよ(^^)
      でも、おいしい水でも生水なので長期保存は
      せずに数日で使い切る分だけ汲むのがいい
      かもしれませんね。

えびすやの自然素材寝具


 


ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
不定休(ほぼ無休)

AM9:00~PM7:00

ランキングに参加しています


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK

 

 

follow me!


follow us in feedly

アーカイブ

今年も蚊帳はじめました。

最近のコメント

北近畿の情報満載!

まねきねこ.com 北近畿
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。