タグ「電気毛布」を含む記事

今朝の気温12℃

2014年11月21日 / 寝具のこと, 睡眠改善

今朝の気温は12度。と言いましても外気温ではありません。
9:00頃の店内の温度です(^^;コレを見て直ぐにエアコンの
スイッチを入れたのは言うまでもありません。

さむーてかないません(笑)
えびすやの二軒となりは元信用金庫本店のビルがあり
日が当たりにくいのです。なので余計に寒く…。

 

 

朝9:00でこの状態ですから最も気温が低くなる
夜明け前の3:00~4:00頃なんて言ったらもっと寒いはずです。
そろそろ、電気毛布を愛用していらっしゃる方は使い
始められる時期ではないでしょうか。

 

 

えびすやでは電気毛布の使用はオススメしておりません。

 
電気毛布や温熱式寝具を使い続けてきた方には辞めた方が良いですよとお話します。

 

 

一度、使いはじめると最初は低温にしていたり寝る直前に
スイッチを切るなどしていても身体がその温度に慣れてくると
どんどん暖かさを求めるようになります。すると年々、設定温度を
高くしていくようになります。本来、体温を調節する働きを
持っているのにも関わらず加温された場所に眠ると身体は怠けて行きます。

 

 

本来、眠る時には深部体温を下げ身体を休めるために発汗をします。
その時に加温してしまうと深部体温は下がりません。下らないので
深い眠りに入れません。身体も休まらず、心拍数、血圧も高いままで
心臓に負担を掛けることになります。本来であれば休むべき時にです。

 

 

加温に反して身体は体温を下げようと発刊し続け、のどが渇いたり、
朝起きた時の体の疲れ、怠さ…。そういったことが起こります。

 

 

そして、電磁波の問題…。アメリカでは電磁波の影響から妊娠初期の妊婦さんの
使用には注意勧告がなされているそうだ。それだけ危険性があるということです。
約8時間毎日、密着して眠るわけですから影響もかなりあるんだと思います。

 

 

また、汗の約70%は敷寝具へと向かいます。なので敷寝具にはシッカリと
した吸湿性が必要になりますが電気毛布などの素材はポリエステル系の
石油系素材が多く吸湿せず寝床内に汗がこもりやすくなります。夜中に
電源をOFFにすれば冷えると思われます。

 

 

出来れば、電気毛布は早めに卒業しましょう!段々と卒業出来にくくなります。
そして、保温はしっかり吸湿してくれて保温性のある自然素材の寝具を
使いましょう

 

えびすやでは吸放湿に優れ保温性の高い
動物系繊維の素材ウールやダウンなどの敷寝具をオススメします。
また、スプリングのマットレスの上に薄い敷パット1枚で
寝ておられる方などはシッカリとした厚みのある自然素材の
敷ふとん(パット)を乗せるようにしましょう。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ:

20年も経てばファンヒーターも格段に進歩します。

2014年2月5日 / 日々の話, 睡眠改善

 

10日程前の話ですが我が家に20数年ぶりに

 

にやって来ました。実は20数年前と言うのは
我が家の石油暖房器具は殆どが石油ファンヒーターでした。

ところが…

◯臭いが臭い
◯灯油がすぐ空になる
◯寿命が短い

我が家だけかもしれませんがそんなイメージがあります。
ファンヒーターが壊れるたびに石油ストーブと入れ替わり
それ以来、ずっとエアコンと石油ストーブが活躍してました。

しかし、子供がいると危ないということで石油ファンヒーター
を置いたのですが今まで持ってたイメージが完全に吹っ飛びました!

『全然臭くない(゚д゚)!』

頭がクラッとする様な臭さがありません!ECOモード
と言うボタンを押せば温まり方は弱くなりますが我が
家の使い方だと1週間ほど給油しなくても済みます。
技術は日進月歩なんですね!まるで浦島太郎になって
しまった気分です(^^;

 

さて、暖かさの話しついでに
皆さんは眠る時、電気毛布や電気アンカをつかって
おられますか?当店では電気アンカは影響が軽微だと
思いますが電気アンカは人体に与える影響が大きいので
オススメしません。

まず、
睡眠のメカニズム上に問題があります。寝入りっぱなは
体温を下げて代謝を落とし深い眠りに入る体制を取るの
ですがその時に加温してしまうと体温が下げられず汗を
せっせとかき続ける事で身体は働き続けます。深い眠りに
入れず、身体は休まっていません。

『睡眠の質が悪くなります』

これが朝起きた時の喉の渇き、身体のダルさになるのです。
また、使い続けると段々、温度設定を高くしないと満足
しなくなってきます。それは元々、身体に備わっている
体温調節機能が乱れサボり始め衰えていくからです。
僕の母がまさにそんな状態でして、10年前に思い切って
電気毛布を外しました。

電気毛布のあたたかさは寝床に入った時、ポカポカとし
心地よいのですが睡眠のメカニズム上、問題があります。
出来るだけ早く、使うのを辞めましょう!段々、手放せ
なくてなってしまいます…。

電気毛布というのは一般的に敷で、背中を暖める為に
使うものです。背中には風門という”風邪のツボ”
言われるようなツボが有るくらいでムレも寒さも熱さも
敏感に感じ取る場所ではないかと思います。

何故、背中を電気毛布で温めたくなるのか?それは
特に敷寝具の保温力が不足しているからではないでしょうか?
電気毛布が無くても背中をしっかりと保温できるのであれば
それに越したことはありません。寝床内に汗がこもらず
シッカリと保温してくれる自然素材の寝具を使いましょう。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご連絡をいただけると幸いです。
不定休、諸都合等で休みの場合がございます。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK