タグ「蒸れ」を含む記事

深々と降り積もる雪

2018年1月24日 / えびすやにあるもの, ベッド・マットレス

朝起きてみると
深夜に警報が出た割に案外少ないなんておもっていたら

 

息子に配達車の雪を落として貰いましたが
一時間もしないうちに同じ状態に。。。(^^;
ちなみに警報が出てるので子供はお休みです。

 

 

綺麗に透かしましたがこれもいつまで
この状態が保てるのか?店前は一応綺麗にしてますので
お越しくださっても大丈夫です。(^^)

 

そして、こんな日でも荷物を届けてくれます。
有難うございます。運送会社の方、こういう日は大変ですよね。
車を停車させにくいでしょうし。

 

 

今日、運送会社さんが運んでくれた荷物

 

 

マニフレックスと言うイタリア製のマットレスです。
イタリアからですので輸送コストを抑えるためにコンパクトな
状態で送られてきます。

 

 

開封すると膨らんでこうなります。
これ、結構寝心地が良いんです。モチっとした
粘りと支持性があるのでシッカリと身体を
受け止めてくれます。畳の上でもすのこベッドの上でも
お使いいただけます。比較的耐久性もあります。

 

寝心地は良いですが
素材は高反発ウレタンの一種。結露には注意が必要です。
(どんなものでも注意は必要ですが)特にこの時期。

 

それとこの手のマットレスに多いのが上に薄いパット
やシーツで寝るケース。これは避けて下さい。寝る時には
必ず発汗します。汗と言うとダラダラ流れる汗を
想像してしまいますが眠る時は基本、不感蒸泄という
皮膚から気体として発汗しています。それが吸収されない
また、逃げないので蒸れます。蒸れるとこの時に背中辺りが
ジットリと液体状の汗になってしまいます。

 

これはこのマットレスに限った話ではありませんが
基本はマットレスの上にもしっかりとした
自然素材の寝具を乗せた2枚敷をして下さい。
保温性・吸湿性・発散性といった寝具に必要な
要素を持つ自然素材の敷寝具を乗せましょう。
単に寝た時の感触だけが大事なのではありません。

 

 

例えばこんな感じ。
えびすやにあるもので組み合わせてみました。
硬めと言うかシッカリ目と言いますか
表現が難しいですね。

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , , , ,

持ち込みでマットレス検証、再び

2017年9月13日 / 寝具のこと

とある人気のあるマットレスです。
よく売れている様で先月もご相談がありました。

 

 

元々は枕のご相談でご来店されたのですが
カウンセリングをしていますとどうも枕だけでは
なく敷寝具にも眠りにくい原因があるのでは?
という事でお客様から持ち込みでのご相談です。

 

見た目ではわかりませんが触ると
中心部が柔らかくなっています。これが
上向き寝をすることで底付き感があり
上向き寝が出来ない。そこから寝姿勢を崩し
眠りの質を落とす原因になっていました。

 

この手のマットレスはシーツや
薄手のパットを載せて使う事をすすめられる事が
多いのですがこの素材は汗を吸湿しません。汗が
こもります。夏は蒸れ、冬場は寒くなります。
本来であればこの上に湿気を十分に吸収するものが
必要なのですが…。

 

今回の眠りにくい原因はマットレスの
ヘタリ、素材による夏の暑さと冬の寒さがでした。
寝た時の感触、寝心地は重要ですが
睡眠時にはそれなりの量(200㏄~300㏄)発汗しています。
ですから汗を吸収し発散出来る、そして、保温できる層が必要です。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , , ,

マットレスが身体に合わず身体がだるい

2017年9月12日 / 寝具のこと, 睡眠改善

これはよく聞くことのある名の知れた
低反発マットレスです。

 

 

マットレスの真ん中にあるのは
直径8㎝くらい鉛玉です。先々代が若い頃、
ハイライトの銀紙を丸めて丸めて丸めて…
作ったのがこの鉛玉。普段は床の間に飾ってます。

 

 

厚み5㎝のマットレスに対して
横から見ると結構沈んでます。
でも、このマットレスの下にあるのは
かなりハードなマットレスなので
あまり沈みませんがそのマットレスが
ヘタってたり柔らかかったらどうでなるでしょう?

 

 

このマットレスを使っておられた女性は
身体が全般的に沈み過ぎて寝返りが
殆ど出来なかったようで朝起きると
身体がだるかったそうです。

 

柔らかすぎるんですね。このマットレス
身体の凹凸が大きく、硬い過ぎるマットレスを
使っている場合にその上に載せて使うのはOKです。
(硬いものが良いと思い、硬過ぎるものを買われてる場合)

 

しかし…。柔らかいものやヘタッているものに
これを載せてつかうとただでさえ柔らかいのに
更に沈みが大きくなり朝起きた時の腰痛の原因になります。
お客様まさにこの状態でした。

 

 

若干硬めのマットレスの上にこの低反発マットレスを
重ねていらしたので低反発マットレスは撤去し
その硬めのマットレスはヘタリがあまり
ありませんでしたのでそのマットレスの上に
身体に合う敷寝具を載せる事で解決出来ました。

 

この手のマットレスは販売店さんや
説明書などで”シーツを一枚載せてお使いください
”言われたり、書かれてたりするそうですが
汗を吸収したり逃がす場所がありません。
だから蒸れます。寝床内に水分が残ると冬場
とても冷えます。本来一番上には十分に汗を
吸収し、発散し、身体を保温する働きは自然素材で
ないと出来ません。

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , ,

基本は背中

2015年7月5日 / えびすやにあるもの, 寝具のこと, 麻パット・ケット

7月に入りました。これから夏本番!
夜も寝苦しい日が徐々に増えてきます。
そんな時には肌掛けふとんやタオルケットにしたりと
衣替えをされるかと思いますが案外、軽視されるのが

『敷』?

敷パットなどの敷寝具はとても重要な寝具です。
ここで寝心地の半分以上が決まってしまうと言っても
過言ではありません。

この時期から売り場に並ぶ、ジェルパット。
最初はヒンヤリします。しかし、体温とジェルの温度が
同化すると暑苦しく、吸湿しませんので蒸れ蒸れになります。
ポリエステル系の素材の寝具も吸湿はしませんので
蒸れてきます。側地が綿でも中綿がポリエステルですと吸湿しません。?

吸水性と吸湿性は異なります。吸水は液体を吸収すること。
吸湿性は湿気を吸湿すること。汗は気体(不感蒸泄)で出ていますので
気体の状態で吸収する吸湿性が求められています。

夏の敷寝具のポイント

①吸湿・発散に優れている(素早く吸収して放湿する)
②熱がこもらないこと(蒸れの原因)
③ポリエステルなどの石油系素材ではなく自然素材

そういう事を考慮すると夏の敷寝具に向く素材は『麻』 です。
麻は吸湿・発散に優れているので背中がさらりとします。そして
接触涼感がありヒンヤリとし熱がこもりません。ポリエステル系の
素材で涼感加工が施されたものもありますが実感としては
麻には及びません。自然素材の方が肌へ馴染みを感じるのでは
ないでしょうか?

当店はこの時期、一番おすすめするのがこの本麻敷パット
2.0kg以上の麻綿(100%)を圧縮してシート状にして
近江ちぢみでキルティングが掛けてあります。麻綿がタップリと
入っているとそれだけ吸湿力があります。背中はサラリとします。

僕は約10年近く毎年使っております。背中に麻があるのと
無いのとでは全然ちゃいます。あるととても爽やかですね(^^)

お父さんがゴロゴロと寝返りがひどい場合がありますが
単に元気がいいのではなく、背中が蒸れています。じっと上を
向けないんです。背中が蒸れるから・・・。

結構、見落とされがちな敷(背中)を意識してみませんか?
眠りがガラリと変わりますよ!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

眠る時に身に纏うのは化学じゃなく自然で

2015年2月10日 / 寝具のこと

お客様とお話をしていますと発熱をする化繊系のアンダーウエアを
着てる方がとても多くいらっしゃいます。うちの家族も
しょっちゅう着てるわけじゃないですが数枚は持ってるようです。

僕は化繊が肌に触れるのがどうしても嫌で
そういった類のものは今は持っていません。綿100%ばかりです。

確かに暖かいよんですね。上手く使えばいい防寒着に
なるんじゃないかと思いますが化繊ですので一気に発汗すると
吸湿が追いつかずムレムレになり、残った水分が
身体を冷やしてしまう事になります。今の時期ですと雪かき
なんかしたら一気に汗をかきこんな状態になりますね。

それと似たような事が睡眠時にも起こりうるのです。
冬であっても少なくとも200ccは一晩で発汗します。
特に寝入りで大半の汗を一気にかく為、素早く汗を
吸収できる素材でないと水分が残り蒸れてしまいます。
これが寝汗で水分が温度を奪い冷えてしまうんです。

なので日中はともかく、睡眠時にこういった素材の
インナーを身につけて寝ると汗がこもり身体を冷やす結果に
なりかねません。

こういった素材は凝縮熱といい水分が気体から液体に
変わって熱を発する事で暖かいのですがこれはなにも
こういった特別な素材の話ではなく

自然素材なら当然持っている働きなんです。

でも水分が発生しても化繊系の素材は吸湿性が
殆どありませんので汗がこもってしまい、その水分が
熱を奪っていくのです。

これはインナーだけの話ではなくフリースのパジャマ、
アクリルの毛布、ポリエステル綿のふとん…。
全て同じことが言えると思います。恐らく、寝汗で
身体を冷やしたり、寒い思いをして寝ていらっしゃる気がします。
これ、全て自然素材にチェンジしたら眠りが全然変わります。
是非、自然素材のパジャマ、毛布、掛ふとん、敷ふとんを
使ってみてください。

話はインナーに戻りますが皆さんは
素肌にパジャマを着ておられますか?僕は綿の
ジャマの下に綿100%のシャツを着ます。着るなら
自然素材のものを着てください。パジャマは綿素材などの
ゆったり目で通気性のあるものを着てください。

えびすやでしたら綿100%。薄い二重織りのニット地の
インナーをオススメしております。空気層が出来て暖かく、
レース部分も化繊ではなくレーヨンを使い、敏感肌の人でも
着やすい素材になってます。

眠りは化学の力よりも自然の力に身を委ねてみてください。

追伸

最近知ったのですが化繊系の発熱素材のインナーで
こんな事例が増えてるようです。化学繊維によるアレルギーなのか?
汗がこもり汗疹(あせも)の様な状態になっているのか?
詳しくはわかりませんが気になる事例です。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , , ,

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

 

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK