タグ「粗大ゴミ」を含む記事

寝具の社会的影響『ゴミと眠りの質』

2018年3月4日 / 寝具のこと

 

 

先日、記事を書くライターの仕事を
されてる方からご連絡を頂き、寝具の
リサイクルの現状はどうなってるのか?と
お問い合わせを頂きました。

 

寝具のリサイクルと言えば昔から
綿の打ち直し、綿ふとんの仕立て直しと言うのが
一般的でシステムとして確立しています。
最近では羽毛ふとんの仕立て替えも浸透
してきています。

 

 

えびすやのふとんの仕立て直しは→こちら

 

 

それ以外のふとんリサイクルの
取り組みもちらほらと耳にすることは
ありますがそんなに活発とは言えない
感じがします。

 

 

 

最終的には焼却処分の道を歩むものが
殆どなのでしょう。東京都の粗大ゴミNo.1は
ふとんです。恐らく、他の自治体もこれに
近いものがあるかと思います。その根本原因は
僕の想像ではありますが安価な寝具を短い
サイクルで使い捨てしているのでは?と思います。

 

 

ちなみに東京23区で廃棄される一年間の
ふとんの量は東京ドーム280個分だとか( ゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

購入時のコストは確かに安価だと
思いますがサイクルが短かったり、大きな
視野で見ると素材ゴミNo.1なのですから
ゴミ処理コストも結構な費用が掛かってる
と思います。東京都だけでも凄い量ですから。

 

 

こういった寝具は基本的に石油系素材の
ものが多く、決して眠りやすい寝具ではなく
汗(湿気)を吸収しないので蒸れます。
また、蒸れにより冷えやすく寝具の素材と
しては使い心地を考えると難があります。

 

厚生労働省などが睡眠時間の短時間かによる
損失などを試算したりしていますが
本来、自分自身に適した快適な寝具を
使って睡眠の質が維持出来ていたと考える
ならばこういったところにも社会的なコストと
して影響を及ぼしてるのかもしれません。

 

 

話が飛躍し過ぎているかもしれませんが
寝具は睡眠の質に対する影響とゴミ問題に
関わっているんじゃないでしょうか?

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , ,

不動の1位!ふとん

2017年10月22日 / えびすやにあるもの, 寝具のこと

今日、待ちに待ったものが届きました。

 


 

そう。こたつのヒーターユニットです。
こたつが壊れたままでこたつをまだ出せなかったのです。
いいこたつ台をお持ちでしたらヒーターを交換すれば
まだまだ使えます。壊れるのはヒーターの方が早いですし

 

 

ヒーターの規格は大きさが決まってますので
取り換えも簡単です。付属のねじをねじ込むだけ!
ネジ穴もちゃんとこたつにあります。

 

 

ただ、我が家のコタツは規格はあってるものの
付属する場所が薄型のユニットが付けられないので
古い型を探して探して購入しましたが(^^;
合うのがこれしか見つからず選択の余地が…。

 

 

そして、こたつの下には

 

 

この前作った、こたつ敷を敷きます。
こたつ敷そのものはありますがこたつの真ん中は
足で摩擦してしまうのでどうしても傷みやすい。
それを防ぐつもりで作ったのですが…。

 

予想外に気持ちがいい!( ゚Д゚)

 

その訳はめん綿の中の空気が温められて
こたつ敷がホコホコするんです。これは
予想外!しかも暖かい。綿わたで作った
コタツ掛けふとんも熱を逃がさないのでおススメです!
こりゃ!思った以上です。娘がニヤニヤしながら
コタツでごろ寝してます(^^;

 

さて、
タイトルのお話ですがえびすやの考えは
快適に長く大切に使って貰える寝具を
使ってほしいと思っております。

 

ふとんは不名誉なタイトル保持をしておりまして
東京23区の粗大ゴミナンバー1は”ふとん”です。
しかも2位を大きく離して…。統計開始の平成4年から
ずっと不動の1位。他の地域はしりませんが
東京が1位という事は日本全体で見ても1位、
そうでなくても上位になるかと思います。

 

これはふとんだけではなく全体的にいろんなものが
使い捨て、サイクルが短くなって来てるのだと
思います。ふとんで考えてみてもやはり安いものは
ヘタリが早かったり、すぐにダメになったりします。

 

今でこそ、家電製品は壊れたら新しいものへ
買い替える事が大半だと思いますが子供の頃は
もっと修理して使ってたような気がしますし
頑丈でなかなか壊れなかった様な気もします。
もっと昔に遡れば、江戸時代なんかは何から何まで
直しながら色んなものを使っていたと思います。

 

ふとんも綿製品ならば仕立て直し・綿の打ち直し。
羽毛製品なら羽毛のリフレッシュという形で
再生させることが出来ます。当然、石油系の素材で
出来たモノよりも快適です。

 

これからの時代は次から次に消費していく。
これも経済上、必要な事なのかもしれませんが
良いものを長く大切に使うのも大事な事では
ないでしょうか?恐らく、お金を掛けて手に
したものは大事に扱われるんじゃないでしょうか?
手入れだってマメにするかと思います。

 

果たして、ふとんはこれから先
粗大ゴミ、不動の1位の汚名を返上できるのか?

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , , ,

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK