タグ「清和源氏」を含む記事

『京都府北部最古の神社本殿建築』石田神社

2016年11月21日 / 丹波の神社, 神社・歴史

京都縦貫道綾部安国寺ICの直ぐ側にあります。
縦貫道を走っているとナビに何時も出てくるので
何時かは行かないといけない!とここ数年思っておりました。

 

それがまぁ!予想もしてない良い神社でした。
扁額も立派です。

 

1865

 

手水舎の所に昭和8年に書かれた由緒書が
ありましたがあまり詳しい事は解りませんが
石田神社の創建は治承年間(1177~80)頃である
事以外あまりよくわかりませんが歴史的な背景よりも
目を引くのが社殿です。1713年に建てられた切妻、平入、こけら葺、3間社、
流造り、千鳥破風、軒唐破風付。

 

1866

1867

 
京都府指定の貴重な文化財であるのですが
もっと凄いのがこちら、この社殿が建つ以前の社殿で
摂社の恵比須神社(西宮大神宮とも称す。西宮えびす神社からの御分霊?)の
社殿の様式はこの辺の神社では見たことがありません。

 

1869

 

見た目は胴葺きですしそんなに古くは感じられないかも
しれませんが石田神社に残る棟札から推察するに
延慶4年(1311年)に石田神社の本殿として建てられた社殿では
ないかと言われています。なんと鎌倉時代のものです!

 

切妻、平入、銅板葺、桁行3間、こういった様式の社殿は
この辺りでは見かけませんし彫刻もまた見かけるものではありません。
なんとなく神社っぽくないんですよね。どうも禅宗の様式が取り入れられてる
様で神社建築に取り入れられた早い例で、建築史上の価値は非常に
高いようで国指定の重要文化財に指定されています。

 

1870

 

何故、祭神に清和天皇や多田満仲が祀られているのか?
そう言えば、多田満仲の子、源頼光は大江山に住む酒天童子を
退治にやってきています。摂社の恵比須神社が西宮大神宮と
言われてるのか?気になる事もありますがとても
いい神社に巡り会えました(^^)

 

御祭神:清和天皇、六孫王経基、多田満仲
京都府綾部市安国寺町宮ノ腰18の乙  村社 石田神社

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ
※携帯電話キャリアメールからのメールはえびすやからの返信が届かない場合があります。

タグ: ,

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

 

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK