タグ「御神木」を含む記事

『神宿るカツラの木』有徳神社(福知山市)

2017年7月24日 / 丹後の神社, 神社・歴史

先日、中学生・高校生の頃の同級生がお店に
来てくれました。20年ぶり以上に会った彼は随分と
心も体も丸みを帯びた優しい雰囲気の良き父になっていた。
僕も負けずに丸みを帯びて腹が出てますが…(^^;

そんな彼が地元の歴史の事をネットで調べててここへ
辿り着いたらしい。面白い事があるもんです。
ただ、僕の情報は大したことがないのでキッチリと
調べてるのならそれが申し訳ないのですが(^^;

 

神社に行くと色々とみるものがあります。
鳥居、社殿、灯篭、狛犬…。これらは人間の作り上げた
ものでありそれはそれで美しかったり圧倒したりと
面白いものなのですが

 

『御神木』

 

これは生きているので生を感じる事が出来、
より一層、迫ってくるものがあります。

 

 

生命の力強さを感じます。根本は朽ちているのにも
関わらずえだばえ力強く生きている。しかも夫婦になってます。
この力強さに僕は圧倒されてしまいました。写真では
その雰囲気は伝わりにくいかと思いますが実際に
見てみると凄さを感じることが出来ます。

 

この神社がある『天座』という集落は天照大御神が
降臨したと言われ、御座磐と言う磐があるらしい。
集落自体がそういう場所なのかもしれませんね。

 

 

社殿の彫り物も細やかで素晴らしい。

 

気になるのが御祭神ですが詳しいことはわかりませんでしたが
鎌倉権五郎景政とも言われているようです。鎌倉時代に片目を
射られながらも奮戦した桓武平氏の武士です。片目と言うのが
キーワードで御祭神は天目一箇神や金山彦神などの鉱山神や製鉄神と
重ね合わさってるのではないでしょうか?天座は大江山の麓の
集落です。大江山周辺には鉱山が点在しています。

 

御祭神:不明
京都府福知山市天座  有徳神社

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , , ,

今日はポカポカ日和。

2016年11月12日 / えびすやにあるもの, 日々の暮らし, 綿製品

今日は息子を連れて神社へ行ってきました。

 

1846

1847

 

すると本殿脇にあった御神木が切られていました。
恐らく、倒壊の危険があるのでやむなく切られたものだと
思われます。こういうのを見ると忍びない気持ちになりますが
改めて見てみるとこの大きさに驚きです。直径は1メートル以上
高さは測ってませんが相当です。長い間、大切にされてき
神の宿る御神木です。

 

1849

 

神社から帰って、綴じを残していた敷ふとんを仕立て上げました。
時期的にバタバタした日が続いてましたがが今日は久しぶりに
息子とのんびりと過ごせました(^^)

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ
※携帯電話キャリアメールからのメールはえびすやからの返信が届かない場合があります。

タグ: , ,

『神と対話が出来そうな神社』内尾神社

2015年2月26日 / 丹波の神社, 神社・歴史

タイトルは大層な事を書きましたがそれだけ
静寂に包まれとても雰囲気の良い場だと言うことです。
鳥居をくぐり神域に足を踏み入れると背筋が伸びます




参道の両脇に立つ真っ直ぐに伸びる杉は
みな大層立派で、歩くたびに砂利を踏む音が響きます。

手水舎で清め

市指定、杉のご神木。
樹齢600年の杉の幹は凄く太いです。大人なら
5人くらいで手を繋がないと囲えないかと思います。

さて、いよいよ拝殿へという時に…。

『スマホの電池切れ!(><)』

車載充電器はダメですね!もっと勢い良く
充電してくれなきゃ…。この先の写真はありません(-_-;

内尾神社は大登ヶ峰に鎮座していたものを 天平五年現地に移し、
兵火に襲われ文治元年源頼朝の土地の寄進により現在地に
移ったとか。元々は山伏が祀った小さな祠が始まりです。
調べてみましたが詳しいことはあまり解りません。。。

僕の写真ではその雰囲気は伝わりにくいかと思いますが
是非、一度ご参拝下さい。神聖な雰囲気が十分に感じられます。

御祭神 応神天皇 天児屋根命

兵庫県丹波市氷上町三原  内尾神社

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

天に向かう八岐の龍『霧宮神社』

2014年3月22日 / 丹後の神社, 神社・歴史

京丹後市大宮町に五十河(いかが)という集落が
あります。ここにビックリするような御神木がある
神社があります。

環境省巨樹巨木林データベース(そんなのがあるのにもビックリ)
にも登録されているそうです。単に大きさだけの話であれば
もっと大きな御神木があるかと思いますがこの杉が凄いことろは

複数に枝分かれしている所です。『八岐杉』と呼ばれる
くらいですから8本に分かれているのでしょうね?
(確認するのを忘れていて数えてないんです(^^;)

丹後の神社にも立派な御神木は沢山ありますがその
中でもこれはかなり凄いと思います。僕はこれを
見た時に素盞鳴尊がヤマタノオロチを退治するくだりを
思い出しました。御神木フェチの方がいらしたら是非
見て頂きたいと思います。


境内の中には三柱神社があります。この神社は元々、
ココから3km程奥に昔、『内山』という集落があり、
そこに鎮座しておりました。残念ながら今は廃村に
なってしまいましたが豊かな自然が残る素晴らしい
場所です。(内山のブナ林が有名です)その内山という
集落には五十日真黒人と言う長者が住んでたと言う
長者屋敷跡があるらしい。そこに雄略天皇に命を狙われ、
丹後に逃げてきた億計・弘計の二王子(後の顕宗天皇・
仁賢天皇)が匿われていたという伝説があります。
もっと暖かくなれば長者屋敷跡へリサーチに行って
みたいと思います。

話は霧宮神社から脱線しましたがこの霧宮神社には
丹後ではあまり祀られていない神が祀られています。
古事記の神産みにおいて伊邪那美命・伊邪那岐命の
間に生まれた風の神、志那都比古神(シナツヒコノカミ)
と志那都比売神(シナツヒメノカミ)。

風とくると鍛冶を想像してしまいます。製鉄には
風が必要です。高尾山の麓の集落ですから薪は
たくさんあるでしょうから、この辺りにもそう言った
伝承や遺跡などがあるのかもしれませんね。想像ですが

御祭神 級長津彦命、級長津姫命

京都府京丹後市大宮町五十河小字背戸道  霧宮神社(村社)


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,


 


ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
不定休(ほぼ無休)

AM9:00~PM7:00


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK

 

 

follow me!


follow us in feedly

アーカイブ

今年も蚊帳はじめました。

最近のコメント

北近畿の情報満載!

まねきねこ.com 北近畿