タグ「工場」を含む記事

おふとん屋さんは今が一番忙しい?

2017年11月9日 / えびすやにあるもの, 綿製品, 羽毛製品

秋も本格的になりもうそろそろ
紅葉が楽しめるかもしれませんね!その頃が
ホントに冷え込み始める時期でふとんが恋しくなります(^^)

 

 

大人用のシングルサイズは先日の西日にあたりながら
作ったものが完成!それと子供のお昼寝ふとんを作りました。

これからの時期、寝床内が寒い!とお感じになれる方は
掛けふとんも大切ですが敷寝具もチェックしてみて下さい。
背中は敏感に蒸れや寒さを感じ取ります。上に何枚も
重ねるよりも敷寝具を見直した方が良いケースがよく
見受けられます。よくわからない、困っていらしたら
えびすやへご相談下さい。ご一緒に最善の方法を考えましょう!

 

 

ふとん屋が忙しい時期という事は当然、仕入先さんも
忙しい訳なのに…。羽毛や生地の情報を知りたくて
いつもお世話になってる羽毛工場へ行ってきました。
忙しい時期にごめんなさい(><)

 

 

なかなかいいシルバーグースです!
こういう時には羽毛を握ってみてパッと手を開く
力のある羽毛は手品の花が開くかのように
羽毛の花が開きます。まさにそんな感じの羽毛。
羽毛の芯もシッカリしてますね。

 

これから洗いを施してシッカリと羽毛を
開かせるようです。これで定番品を作ってみたく
なりました( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

これは一見、暖かそうに見える羽毛。
しかし、この羽毛は暖かくありません。毛(羽枝)が
ふんわりとしててそんな風に感じませんが
羽毛の暖かさを決めるダウンの中心部に芯が
殆ど見られません。

 

僕は出来る限り中身を見て触ってから製品を作って
貰う様にしております。出来る限り品質の良いものを
提供したいと思っているからです。

通販も便利で良いのですが出来れば
お客様も『ここなら信用できる!』というお店に
足を運んで実物を見て触って、肌で感じてから
買うのが一番良い出会いが出来ると思います。

 

面白い気付きもあり勉強にもなり
情報もあり、とてもいい一日でした(^^)

 

もちろん…

 

 

神社へも!
僕は高速道は極力避けて下道を走りながら
神社へ参拝しております。ここは前々から気になってた
櫛石窓命が祀られる櫛石窓神社。なんと名神大社(篠山市にあります)。
今でこそ、神職さんがいないひっそりとした神社ですが
恐らく、かつては凄い栄えていたはずです。そんな神社に
前を通るたびに後ろ髪をひかれ僕を呼ぶのです( *´艸`)

 

櫛石窓命と言うのは古事記において
瓊瓊杵尊が天孫降臨する際にお供している神様です。
この神社の社伝はまだ調べてませんが面白いんじゃないかな?
と思います。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , , , ,

現場に足を運び、自分の目で見る

2014年3月27日 / えびすやにあるもの, 寝具のこと, 羽毛製品

先日、当店のオリジナル羽毛ふとんや羽毛ふとんの
リフレッシュをお世話になっている工場へ伺って
きました。僕は機会があれば出来る限り、製造して
いる場所へ伺う様にしております。

と言うのも紙面であったり、話ではなかなか理解
出来ないこともひと目見れば簡単に理解出来てしまう
事はよくあるのです。『一件は百聞に如かず』です。

羽毛ふとんと言うのは使っていくうちに段々とカサが
無くなり、ペチャっとしてきます。ペチャっとして
くるのは汗や脂により羽毛が絡まったり、ダウンの
劣化により壊れてくるからです。

それを『ふかっ!』と元の様な状態に戻してやる
のが羽毛ふとんのリフレッシュという訳です。

今の工場へお世話になるまで4~5回、リフレッシュを
お願いする先を変えております。と言うのは仕事が
上手い下手、丁寧にしているかどうか?設備の程度など

『何処に出しても同じと言うわけではありません。』

ですから、お願いする先を失敗してしまうと
仕上がりも悪くなってしまうかもしれません。

よくあるのが袋に入れてから、羽毛ふとんの
ままで大型洗濯機で入れて乾燥させるやり方が
ありますが狭い袋の中では洗浄が不十分、乾燥も
不十分で羽毛がふっくらと開きません。

工場での作業工程を簡単に説明しますと



羽毛ふとんを解体し羽毛を取り出します。 洗浄前に
除塵ををし壊れた羽毛(ファイバー) やゴミを取り
除きます。羽毛専用の洗浄機で 洗浄・脱水を行います。
1枚づつの個別管理をしています。

洗浄完了。



乾燥室で高温乾燥をします。この時に
羽毛を舞い舞いにして乾燥させると羽毛が
よく広がりふっくらとします。乾燥後は
もう一度、除塵を行います。

この乾燥の仕方で羽毛の水分が奪われすぎると
壊れやすくなり、乾燥が不十分だとベタッと
した感じになります。乾燥は仕上がり具合や
羽毛へのダメージ等、かなり重要なポイントだと
思います。

最後に新し側地に羽毛を充填します。その時に
目減りした不足分を足します(新しい羽毛)

質、状態の良い羽毛ふとんをリフレッシュすると
見事に生き返ります。ただし質、状態の悪い場合は
リフレッシュしても回復の具合が芳しくない場合が
あります。ですから、質の良い羽毛ふとんをお使い
いになられて、こういった形で長く大事に使われる
事をおすすめ致します。

朝、9時半くらいに工場へ着き、工場を出たのが
夜の7時半頃。ホントに楽しかったです(^^)色んな
発見も出来、新しい製品のアイデアも浮かんで
きましたのでまた、試作品を作ってみたいと思います。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK