タグ「古事記」を含む記事

第73代竹内宿禰

2018年6月21日 / 不思議な話, 日々の話,

竹内宿禰と言えば
景行天皇から仁徳天皇まで仕えた
300歳を超える超人的な天皇の側近です。
凄い人物です。しかし…300歳以上
生きたのではなく世襲のようです。

 

 

 

その73代竹内宿禰がこの世に現れました。
竹内宿禰は一族の長老によって一族の中から
選ばれるそうです。世襲しても誰にも
それを話してはいけない。家族にもダメ
なのだそうだが…。73代竹内宿禰は現われました。

 

 

 

73代竹内宿禰、竹内睦泰氏は元
代々木ゼミナールの超が付く人気
日本史講師。YOUTUBEで聞いても
頷けるくらい分かりやすいし、惹きつける
魅力が話の中にあります。それに
竹内家に代々伝わる口伝が加わると…。

 

 

 

 

 

古事記も面白くなります。
第73代竹内宿禰こと竹内睦泰氏は竹内神道を
継承しています。古神道です。

 

 

 

古事記の宇宙-古神道的考察- 竹内睦泰 青林堂 1200円+消費税

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: ,

伊邪那美命の呪い

2014年7月22日 / 神社・歴史

最近、娘と息子がなんかよくわからない歌を熱唱してるんです。
よーく聞いてみると雪アナのLet It Goを歌ってます 。

ただ、うちでは聞かせていないので保育園で友達が歌っているのを
耳で覚えたのだと思います。なので音程がムチャクチャ!

これじゃいかん!とゲオにDVDを借りに行ったのですが
全て貸出中!100本くらいあっても全て貸出中。大人気です。

折角、子どもと見ようと思ってましたが仕方ありませんので
子供らが寝てから…。

雪アナが借りれなかった悔しい思いを押し殺して

竹田先生の『古事記完全講義』

いや~!古事記ってホントにイイもんですよね~!(水野晴郎先生風に)
子供らには残念でしたが実に良かったです。

不気味なタイトルの『伊邪那美命の呪い』のお話です。
伊邪那美命に掛けられた呪いによって人間の寿命が決められたのです。


伊邪那美命・伊邪那岐命(Wikipediaより)

伊邪那岐命と伊邪那美命は日本最初の夫婦です。
国生みをし神産みの半ば伊邪那美命が火之迦具土神
(ヒノカグツチノカミ=秋葉神社の火の神様)を
お産みになられた時に大やけどをおってしまい命を落とします。

伊邪那美命はたいそう悲しまれ、黄泉の国まで
伊邪那美命に会いに行かれ、戻ってくるように懇願しました。
その時に伊邪那美命に暫く待ってて下さい。その間に
私の姿を絶対に見ないように…

昔話のこのパターン。絶対に見ます!

案の定、見てしまった!伊邪那美命は腐乱し蛆にまみれており
恐ろしくなり、伊邪那岐命は逃げて逃げて逃げまくります。

伊邪那美命は追手を放ち、自分も追いかけます。
最後、黄泉の国と葦原中国との境にある黄泉平坂を大きな岩で
塞ぎ、伊邪那岐命は離縁を告げたのです。

コレに怒った伊邪那美命は『毎日、1000人の命を奪ってやる!』
伊邪那美命コレに対し『毎日、1500の産屋を建ててやる!』

この時、人間の寿命が出来、この世では毎日1000人が命を落とし
1500人の命が誕生することになったのです。

かなり適当に書いてますがこんな感じです(^^;
昨日、見た竹田先生の講義は伊邪那美命・伊邪那岐命のお話でした。
DVDはまだまだ続きます…

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

古事記のススメ

2014年7月17日 / 日々の話,

最近、神社へ行く時間がなくてUPの回数が
減っております(^^;

僕が神社へ行くようになったのは元々、好き
だったのかもしれませんが子供が何故か神社が
好きでよく連れて遊びに行ったからです。
一時期は、車に乗せてると鳥居が見えただけで
そこの神社へ寄ってくれとせがまれたくらいでした(笑)

それから丹後の神社や歴史に興味を持ち始めて配達や仕事が
ある時にはその先々や途中に神社へ寄っておりました。

日本は八百万の神々がいる国ですから地域、神社の系統、
歴史的な背景…様々な理由で祀られる神様も異なり、
鳥居の形、社殿の形もまた変わり、ご神木なんかを見ると
とても清々しい気持ちになったりします。(^^)

その中で神様についてですが、祀られている神様を見ても
ピンと来ませんでした。そりゃそうです。その神様のことを
知らないのですから当然ですよね。(^^;

その神様の事を知るにはどうしたら良いのか…。
その考えた結論が『古事記』だったわけです。

古事記を読まないと古代のことや神様の事はわからないのです。
たぶん。読むとこの神社に祀られている神様はどういう神様なのか
古事記の神話の中ではどういう位置づけでどういう神様と縁があるのか?
などがわかり神社巡りが楽しくなるんです。

古事記に書かれていることが絶対的で史実だとは思いませんが
編纂時の権力者であった藤原氏の都合によって書かれているとも
言われてますが読んだほうが良いと思います。

また、竹田恒泰氏の書かれた『現代語古事記』は僕みたいなこういった事に
今まで触れたことのないような者でも読みやすく解りやすいですね!(^^)
きっと古事記や古代史に興味を持つキッカケになるかと思います。
平行してDVDも見てますが竹田恒泰氏は話が上手いので頭に入りやすいですね。

文庫本が発売されましたので持ち歩きやすくなりましたし
お値段も709円(天皇の物語も同じ値段)とリーズナブルに!

丹後でしたら淀徳書店さんの大宮店でしたら確実に置いてあるはずです。
(僕も淀徳書店さんで買ってます)何故なら…。

歴史系著書が充実している!

からです。これは1年以上前に撮った写真なので今は
もっともっと充実しております。また、丹後に関連する歴史的な
著書はかなりの充実ぶりです!こんな田舎ではあり得ない
くらいに充実しております。社長さんには感謝ですね。
歴史に関する著書を買うなら淀徳書店さんだと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご連絡をいただけると幸いです。
不定休、諸都合等で休みの場合がございます。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK