タグ「丹波王国」を含む記事

『皇子が匿われた地』上宮神社・下宮神社

2015年10月14日 / 丹後の神社, 神社・歴史

与謝野町加悦の与謝峠の旧道沿いに上宮神社(上王子神社)と下宮神社(下王子神社)が
あります。この地に”王子”と名のつく神社があるのでしょうか?

1188

下宮神社

1189

下宮神社案内板

1190

上宮神社

丹後の神、豊受大神を天照大神からの御神託により伊勢へ
お招きされた雄略天皇に命を狙われた億計王(後の仁賢天皇)と
弘計王(後の顕宗天皇)は丹後の地で匿われていました。
丹後にはその伝承が残る場所が幾つかありその一つがこの与謝です。
(2人の王子の父(市辺押磐皇子)は雄略天皇に殺されています)

この皇子が匿われていたのは父の市辺押磐皇子が殺された456年は
古墳時代中期。神明山古墳など巨大前方後円墳が出来たのも400年代初め。
この当時、丹波王国(丹波)はまだまだ力を持った強国だったのでしょう。
誰がこの2人の皇子を匿ったのか解りませんが日下部氏だったのでは?
と思ったりします。

後に天皇になる2人の皇子を匿う事が出来るということは相当な
力がないと難しいでしょうし、朝廷に対して対抗しうる力を当時の丹波王国は
持っていたのでしょう。

御祭神 億計王
京都府与謝郡与謝野町与謝小字峠  旧村社 上宮神社

御祭神 弘計王
京都府与謝郡与謝野町与謝小字峠 旧村社 下宮神社

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

 

 

タグ: , ,

丹後國二宮の禁則の杜『大宮売神社二座』

2014年8月11日 / 丹後の神社, 神社・歴史

丹後の中でも無視することの出来ない屈指の古社です。

丹波王国の元々の中心地は峰山町の丹波だっとも言われています。
その丹波とここ大宮町周枳とはそんなに離れていません。ここら
一体が丹波王国の中心地だったのでしょう。

社殿の後ろには禁則の杜があり神域として足を踏み入れる事が
出来ない場所となっております。その禁則の杜からは多数の遺物が
出てきています。

昔、ここでは古代天皇家の祭祀が行われていたのではないかと
言われ丹波王国を治めていた祭祀呪術的権力を持つ豪族の拠点で
あったのでしょう。

神社が建立されるもっともっと昔から古代の政が行われており
その歴史を遡ると計り知れない古いがあり、当時の丹波王国を
知る手がかりになるかもしれない遺跡でもあると思います。

ここに祀られている大宮売神(オオミヤメノカミ)は
宮中八神の一柱として天皇家を守護する神様でありますが
それは大和朝廷が統一を果たした後のことでしょう。
そして、大宮売神は祀られる方ではなく祀る(祭祀側)神です。

そして、もう一人の若宮売神(ワカミヤメノカミ)は
丹後の豊穣の神、豊受大神のことです。大宮売神は豊受大神を
祀る神様だったのかもしれませんね。

この大宮売神社の近くに大谷遺跡があります。この大谷遺跡からは
40代の女性の遺体が出てきています。しかも権力の象徴である
三種の神器(鏡・珠・剣)が出土しました。こういったケースは
全国でも数例しか無く、この一体を治めていた女王ではないかと
言われてます。

この女王が大宮売神ではないかとも言われているのです。

大宮売神社は丹後の古い歴史を垣間見ることが出来る神社です。
宮司さんはとても気さくな方ですので参拝の際にお出会いする
事がありましたら、色々とお尋ねになれるといいかと思います(^^)

参道がとても素晴らしいです。この見えなくなる先まで参道があります。
丹後でも籠神社は松並木が参道ですし、久美浜の神谷神社、丹後町の
竹野神社…。古くて立派な神社は参道はがとても長い所が多いですね!

丹後の歴史は面白い!丹後を歩いみてみよう!

御祭神 大宮売神、若宮売神

京都府京丹後市大宮町周枳1020 丹後國二宮 大宮売神社二座

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

タグ: ,

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご連絡をいただけると幸いです。
不定休、諸都合等で休みの場合がございます。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK