タグ「中身を見る」を含む記事

寝具制作事例No.70『出来るだけ元の状態に。そしてよりよく』

2018年7月25日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 掛ふとん, 羽毛製品

皆さん、暑い日が続きます。
夏休みって結構、大人が忙しいですよね(^^;
子供の行事の送り迎えや一緒に参加、地域行事…。
せめてもう少し涼しけりゃいいのですねけどね。

 

 

 

 

こども科学教室の帰りによった
コンビニで発見したホームランバー!
子供の頃は一本30円でよく食べました。
値段もお手頃ですね。

 

 

 

息子は長風呂派なので
一緒に風呂に入るとよく話をします。
その時にした話で

 

『今まで食べた中で一番おいしかったアイスは何?』

 

 

 

そう聞かれた時に思わず口から出たのが
ホームランバー。これよりもおいしいアイスは
沢山あると思いますが暑い夏の日に友達と食べた
アイスは上手いもんなのです。

 

 

 

さて、7月も終わりが近づいてきました。
羽毛リフレッシュのご注文、今年は多いですね。

 

 

 

 

 

えびすやのリフレッシュの考え方ですが

 

 

 

『出来るだけ元の状態に。そしてよりよく』

 

 

 

 

これが一番良いんじゃないかな?と思います。
価格を抑えようとすればするほど、元の状態から
かけ離れ、凄く安価になると
側生地が
ポリエステル混になりますし、綿100%でも

生地が硬くて重いものになったりします。
今、お使いの羽毛ふとんが良いモノであれば
どうリフレッシュするかの選択によっては
しない方がマシだったり、使い心地が悪くなる
事もあります。

 

 

 

 

 

 

今の状態、元の羽毛の品質を把握するには
中を開けてどういう状態なのかを見なくちゃなりません。
開けた時にはビックリ!品質タグに完全に
負けてしまっている羽毛もあります。(^^;

 

 

 

そのうえで、今の状態で何処まで回復できるのかを
考えて行きます。中を見た状態で劣化が進み過ぎて
全然ダメな場合、リフレッシュ可能でも状態を良く
すればコストが掛かり過ぎる場合など新しいものを
買った方が良いのです。

 

 

 

そこそこ質の良いものをお使いであり
十分、リフレッシュ可能であればほぼ良くなって
帰ってきます。その場合、同等の品質のものを
新たに買う事を考えるとかなり安くなります。
特にここ数年、羽毛の相場が上がってますので
以前よりももっと実感出来るかと思います。
(ただし、羽毛は新品ではありませんのでその分を
考慮する必要がありますが)

 

 

 

 

 

今回、お預かりした羽毛は縫製の仕方などを見ると
高級品に多い仕上げであり、中身もそれなりの劣化は
あるものの十分に良い羽毛でした。

 

 

お預かりした羽毛ふとんの生地と同様の
平織で通気性の良い生地でお仕立てしています。
平織りは硬いと思われがちですがえびすやが
おススメする平織生地は柔らかく仕上げてあり
特有のガシガシとした感じはありません。

 

 

 

 

従来よりもマス目を増やしております。
お預かりした羽毛ふとんのキルトはマス目が大きく
マス目の中で羽毛が動き過ぎる上、フィット感も
悪かったのでそれを改善しました。

 

 

 

リフレッシュ前の羽毛ふとんよりもフィット感が
あり保温性もUPした作りになっております。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

タグ: , ,

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご連絡をいただけると幸いです。
不定休、諸都合等で休みの場合がございます。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK