タグ「ベビー布団」を含む記事

天の岩戸開き

2018年7月9日 / 日々の話, 綿製品

今日は今までの雨が嘘のような快晴!

 

 

 

 

加工場から見た空です。
長い間、灰色の空から雨が続いていたのが
嘘の様ですね。天の岩戸開きの様に思えました。
そうであって欲しく思います。

 

 

 

ベビー敷ふとんのお仕立てです。
娘さんの里帰りの時に合わせて
赤ちゃん用のおふとのご注文を
頂くケース結構ございます。
長く使える様にと通常の70×120㎝
よりも一回り大きい90×150㎝です。

 

 

わたくしが自身の手でお作りさせて
頂きます。

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

タグ: ,

制作事例No.17『動物たちと一緒に寝ましょう!』

2017年6月9日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 掛ふとん, 敷ふとん, 綿製品

可愛い動物柄の生地でベビーベッドサイズの
掛けふとん・敷きふとんを作らせて頂きました。
敷きはインド綿100%、掛けはしなやかなメキシコ綿100%です。
ベビーコーナーで売られている中綿がポリエステル100%
のものとは全然別物のふとんです。

 

2083

 

よく、赤ちゃんのふとんは硬い方が良いと
言われたりしますが昔の赤ちゃんのふとんは
綿で出来ていました。だからと言ってその世代の
身体が原因で身体が曲がっているわけではありません。

 

むしろ、首も座らず骨格も未発達の赤ちゃんに
カチカチの寝具が良いのか?そして汗を吸収しない
化学繊維の寝具で良いのか?赤ちゃんは汗っかき
です。汗が吸収されないと蒸れて背中は不快な
状態にその時に喋れない赤ちゃんの唯一の訴える
手段が

 

『泣く!』

 

汗が吸収されない寝具は赤ちゃんは寝る事が
出来ないんです。通気性、保温性、吸湿性が
適度に必要なのですが自然素材でないとこれが
難しい…。

 

折角、買ったふとんで赤ちゃんが寝てくれない。
そんなご相談を受けることもあります。

 

2084

 

この人形は生まれたての赤ちゃんの平均的な大きさと
重さで作られています。インド綿100%でしっかり目に
綿を入れて作ってますのでフワフワと柔らかい訳では
なく適度な硬さがあり、使っているうちに段々と綿が
締り赤ちゃんの成長とともにシッカリとしてきます。

 

えびすやでは手作りタイプとキルティングタイプの
2種類のベビーふとんがありますがどちらも自然素材100%
先程、書いたような事を考えながら作られています。

 

赤ちゃんには是非、自然素材の寝具を!(大人もですが)

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

タグ: , ,

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK