タグ「プレミアムダウンウオッシュ仕上げ」を含む記事

まだまだやれる!頑張れ20年選手

2018年1月8日 / えびすやにあるもの, 羽毛製品

先日、新年最初の羽毛ふとんの診断をしました。
大切に20年近く使われていた羽毛です。

 

 

某大手メーカーの製品ですが
元々の質は良いです。お値段もお聞きすると納得出来、
見合った品質のものが使われています。

 

中には全然、購入価格と見合わないモノもあります。
品質表示のタグを見て『ここ製品は怪しい。。。。』と
思う事も正直あるのです(^^;

 

ただ、長年使い続けていますので
ファイバーがちょっと多いのと
長年の皮脂や汗などで羽毛がベタつきだし
玉になりかけているものもありましたので
リフレッシュをするなら早めの方が良いと判断しました。
放ったまま使い続けると劣化が進みます。

 

 

昔の羽毛ふとんは
ふっくらと見せる為に羽毛をたくさん充填している
ものがあります。大雑把なマス目にたくさん詰めると
見た目はふくらんで暖かそうに見えますが
実際は肌に沿いにくく、使い続けると羽毛が散って
保温力が落ちます。

 

しかし…。リフレッシュの時はこれが幸いします。
特にダブルサイズをシングルにする時に足し羽毛が
少ししか必要なかったり全く必要のないケースが
あり、リーズナブルになります。

 

 

 

ちなみにえびすやのリフレッシュは
プレミアムウオッシュ仕上げです。
羽毛をリフレッシュされた経験のある方は
そのふとんにどんなタグが付いてるか
見てみて下さい。日本羽毛製品協同組合
認定する仕上げ方には3つのレベルがあります。
その中で一番、洗浄レベルの高い方法で
仕上げてあります。(詳細はこちら

 

 

こういった部分で値段に差が付きます。
また、メーカーさんによって仕上がり具合も
違ってきます。それは当然ですよね(^^;
考え方も持つ技術も設備も同じという
訳ではありませんから

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: ,

制作事例No.12『蘇る羽毛ふとん』

2017年3月28日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 羽毛製品

徐々に暖かくなってくると押し入れの中や
気になっていた事を片付けたくなるものです。
小春日和の気持ち良い日にちらほらと綿ふとんや
羽毛ふとんの仕立て直しのご相談を頂くことが
増えてきております。

 

今回、お預かりした羽毛ふとんの中身です。

 

3000

 

ダウン率が低めで全体的に見ると50~60%くらいと
と判断しました。羽毛リフレッシュが可能なボーダーラインです。
この時に羽毛の劣化が進み、羽毛の羽枝が千切れ
ファイバー化しているとダメですが玉ダウンが見られるものの
ファイバーが少ないので出来ると判断しました。

 

羽毛ふとんを選ぶ時、ダウン率も一つの目安になります。
ダウン率が低いと羽に羽毛が絡まりやすく玉になって
ゴロゴロとなりカサがなくなりやすくなります。
(ダウン率は一つの目安であり、それ以前にちゃんとした質なのかどうかが大事ですが)

 

3001

 

予算内で新毛を出来るだけ多めに使い
ダウン率をUPさせました。生地は軽めの平織のものを
使い、ふっくらと仕上げております。お預かりした時とは
全然異なり羽毛の洗浄とダウン率のUPによりふくらみが
出てきました。マス目も細かめにフィット感を出すようにしております。

 

羽毛のリフレッシュは今まで数多くお受けしてきて
おりますが同じものが一つとしてなく、思案にふける
事もあり、状態によってはお断りしなくてはならない心苦しい時
もあり、奥深さがあります。それは中身を見て知れば知る程、
そういう気持ちにさせられます。

 

日本羽毛診断士協会認定羽毛診断士(ダウンプロフェッサー)が
いるお店にお任せ下さい。 シングルロング31,320円~(プレミアムダウンウオッシュ仕上げ)

 

下記に説明を書いてますが
同じ羽毛のリフレッシュでも内容により値段も異なりますし
仕上がり方もまた全然変わってきます。

 


 

プレミアムダウンウオッシュ仕上げとは

ふとんを解体し、中の羽毛を個別(袋に入れたものは除く)に
専用洗浄機で水洗いし、羽毛の汚れを取り除き、必要に応じ
足し羽毛を施した後に、新しいふとん生地で仕立て直し加工
をしたものです。

 

ダウンウオッシュ仕上げ


水を使用して羽毛の汚れを取り除き、必要に応じて足し羽毛を

施した後に、新しいふとん生地で仕立て直し加工をしたものです。
ただし何れかの行程でふとんの解体を行います。

 

ふとん生地交換仕上げ



ふとんを解体し、中の羽毛を洗浄せず(スチーム処理を含む)、
必要に応じて足し羽毛を施した後に、新しいふとん生地で仕立て
直し加工をしたものです。

 


 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

タグ: , ,

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

 

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK