タグ「テレビ」を含む記事

ダメな枕の使い方

2016年4月18日 / えびすやにあるもの, 寝具のこと, , 睡眠改善

昨日から丹後では選挙戦が始まりました。
是非、この丹後を未来ある方向へ導いて下さい(^^)
候補者の皆様の健闘を祈っております

 

さて、えびすやでは

 

『この枕ください。』
『はい。どうぞ。』

 

ではなくカウンセリングをしながら各々の首・頭・体型に
枕を合わせていきますので様々なお客様が来られますし
様々なケースに遭遇することが御座います。そのうちの
一つをお話します。

 

とあるお客様とお話をしながら枕を合わせていると・・・。

 

『これ低いわ。もっと高くして』
『もっともっと!』

 

どう見ても高すぎて、どう見ても合わない・・・。
でももっともっと高くして欲しい。こういう時に多いのが

 

『テレビ枕』

 

これ、良くないんですよ。結構、首への負担が大きいんです。
テレビを真正面にした場合、例えばこんな感じで無理矢理高くするんです。

 

1489

 

二つ折り。二枚重ねのケースもあります。そうすることで
顎を引くような形でテレビが見るんです。テレビを見てるうちに
眠ってしまうのでそのまま不自然な上向き寝をするわけです。
これは枕が合う合わないの問題ではありません。

 

これ、ホントに良くないですから首がだるくなったり痛めますよ。
僕が実際にやってたんです。(^^;僕の場合は枕を高くするのではなく
ベッドのヘッドボードに
首を立て掛ける様にして首をくの字に。

 

テレビと眠りは分けなくてはいけません。テレビを睡眠薬代わりに
してしまうからいけないんです。テレビの光は脳を刺激してしまいます。
眠れていても実は質はあまり良くなかったりします。テレビの内容に
よって交感神経が活発化してしまい寝付きがわるくなることも。

 

こういう場合、えびすやでは枕を見るために枕をお作りしません。
状態を悪くさせるだけだからです。

 

横の場合も勿論オススメしません。今度は肩や首、腕に
負担が掛かってきます。凝りや腕のしびれなどです。基本は
上向き寝です。上向き寝が出来るように枕を合わせていきます。

 

その時に影響を及ぼしてくるのがマットレスや敷ふとん。
枕を合わせても敷寝具の状態が悪ければ合いませんし
上向ね寝もまず出来ません。一晩のうちの大半が横向き寝、
うつぶせ寝、寝起きが辛い・・・。そういう事が起こりうるのです。

 

通販のカタログを見て選んだり
お店でジックリとパッケージを見て枕を選んでも
なかなか思うような枕に出会わない方ってたくさん
いらっしゃると思います。実際に合わせないと
見ただけ、触っただけでは合うものは見つかりません。

 

1490

 

と同時に先程の敷ふとんがピタッと合えば
今までの眠りとガラリと変わります。敷寝具も見たり触ったり
では実際に合うかどうかは解りません。実際に合わせてみる
のが1番です!

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

タグ: , ,

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK