タグ「ダック」を含む記事

中身が空っぽ!

2017年11月23日 / えびすやにあるもの, 掛ふとん, 羽毛製品

先日、娘の七五三での出来事

 

 

僕は物凄く、残念なくらいに字が汚いので
いつも香典の袋などは母に書いてもらってます。
御祈祷料を入れる袋も母に書いてもらいました。

その時に母が祈祷料を入れてくれてるものだと
思っていたらなんと

 

『空のまま袋を渡してることが判明!』

 

洒落になってませんね(”_”)
御祈祷が終わったら急いでお金を持って
社務所に謝りにいってきました。

 

宮司さんも空っぽが判明しても
入ってませんとはなかなかいい難いかと
思いますので皆様もお気を付け下さいね。

 

さて、待ちに待ったサンプルが入荷しました!

 

 

これ、以前にサンプルを肌に掛けさせて
貰った時に肌沿いが物凄くよくフィット感が
あったのが印象的でえびすやの定番にしたいなと
思っていたので作ってもらいました。

 

これは生地と羽毛の充填量のバランスが丁度
良いんだと思います。パンパンに膨れている羽毛ふとんは
実はあまり良くないんですね。羽毛は肌に掛けると
膨らみます。パンパンだと更に膨らみ肌に沿わないのです。

 

生地は強度が洗い洗いに強いものを使ってます。
これと同じ生地の羽毛ふとんは僕はタライで
シャボン玉石鹸を使って押し洗いをしたりします。
洗ってみてこの生地は強いというのが良くわかります。

 

ダウンもかなりでかい!

 

 

スティッキーで羽毛が絡みついています。
これはよく熟成している証拠。飼育期間が
長いとても良いダウンです。こりゃ、凄いグースだな!と
思っていたらなんとダック!( ゚Д゚)そこそこいいな~と
思うグースよりもさらに一回り粒が大きく芯もしっかり
してます。こんなに良いダックは見たことがないくらい
いいですね!

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 


タグ: , ,

ふとんは農産物加工品であり料理です。

2016年4月14日 / えびすやにあるもの, 寝具のはなし, 羽毛製品

と書いてしまうと『えっ!』と思われてしまうかもしれませんが
実はそうなのです。えびすやの扱うおふとんは間違いなく農産物加工品です。

 

どうしてかと言いますと自然素材だからです。綿もウールも
羽毛もシルクも・・・。全て育てられたものです。野生のものでもなければ
石油から作られているものではありません。(勿論、そういう素材も寝具の素材です)

 

1473

 

厳密に言うと採れた時期や年によって品質にバラつきが出てきます。
それは天候や環境に左右されるからです。羽毛でお話をしますと
良い産地だと言われているポーランドやハンガリーなどはこのバラつきが
少なく品質が安定しています。

 

紅茶で有名なリプトンは品質(味)を一定に保つためにブレンドをする
そうです。これもバラつきを回避する方法かと思いますが、えびすやでは
品質が落ちたと感じたら定番から外し
他の羽毛に切り替えたりします。
お値段そのままで品質がUPするのなら
大歓迎なのですが…(笑)

 

 

写真の様にふとんを広げてる時にお客さんが来られると
何してるのと?びっくりされることがあります。

1469

 

定期的にお店の在庫の羽毛ふとんをこうやって広げて放置して観察しています。
同じ羽毛ふとんでも季節に寄って膨らみ方が変わります。それは羽毛が呼吸を
しているんです。湿度の影響をうけているからです。ということは汗をかいたときに
羽毛が汗を吸湿し、寝床内の湿度をコントロールしてくれるから快適なのです。
自然素材は生きています。

 

中身の羽毛も側地も農産物です(えびすやの羽毛ふとんの側地は必ず綿100%)
これを料理(縫製)すると羽毛ふとんが出来上がるのですがこの料理の仕方で
美味しくも不味くもなるわけです。

 

えびすやでは写真の通りにマス目は細かく取ります。それはフィット感を高め
隙間を無くすことで保温力を高めるためです。この縫製の仕方も使う羽毛の量や
側地、どんな風に使うかで変えていきます。余談ですがお客様によく尋ねられるのが

 

『ツインキルトの羽毛ふとんは置いてますか?』

 

解りやすく図にしてみました。上手くありませんが(^^;

 

1470

 

こんな感じです。
キルトのパターンが異なる2層で出来ているキルトです。
厚みが増し暖かいと言われるのですがえびすやでは扱ってません。
真ん中に生地が一層増えるため、重くなる事。羽毛が吸収した
湿気が抜けにくく成ること。沿いにくくモゴモゴする(←これは僕の感覚です)

 

良い素材を選び、上手に料理をすれば美味しいく出来上がります(^^)
良い素材も実際に目で見てみないと解りません。写真の左は
中国産福建省産の漢方用にジックリと長期飼育されたダックダウンを
使っていますが下手なグースより粒が大きく毛足が長いので保温力があります。
ダックだから、中国産だから・・・。ではなく良い物は良いんです。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 


タグ: , ,

えびすやの自然素材寝具


 


ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
不定休(ほぼ無休)

AM9:00~PM7:00

ランキングに参加しています


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK

 

 

follow me!


follow us in feedly

アーカイブ

今年も蚊帳はじめました。

最近のコメント

北近畿の情報満載!

まねきねこ.com 北近畿
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。