タグ「ダックダウン」を含む記事

寝具制作事例No.75『ダックよりもグースです!』

2018年8月31日 / えびすやにあるもの, 寝具制作事例, 掛ふとん, 羽毛製品

昨日、いつもお世話になっている
羽毛のリフレッシュ工場のえびすや担当の方の所へ
お邪魔してきました。

 

 

以前、お話したかと思いますが
えびすやの羽毛ふとんのリフレッシュは
工場へ丸投げではありません。中身を見て
現状使っているふとんの側生地、羽毛レベルに
合わせて、尚且つ縫製や充填量で工夫や
調整してより、使いやすい方法を考えて
お仕立てします。

 

 

単にコースの中から
決まったものを選ぶのではお客様の要望に
答えたり、よりよく仕立てるといった事が
十分に出来ません。

 

 

たまに現場へ行って色々と教えて貰ったり
担当者の考えを理解しに行くわけです。
理解していると感覚のズレも生じにくいですし
要望も聞いて貰いやすくなるわけです。

 

 

 

今回の目利きです。
業界では質の良い材料を使うという評判の
メーカーさんの羽毛ふとんです。品質表示通りに
ダウン率の高いホワイトグースが入っております。

 

 

ただ、長年使用していますので皮脂や汗汚れで羽毛が
べたついてきています。放っておくとピリングが
もっと進みファイバー(羽毛の毛が千切れるたもの)が
増えてくると可能性があります。

 

 

ここでタイトルの話なのですが
羽毛は大きく分けると2種類。ダックとグース。
一般的に安価なのはダックで高価なのはグースです。
この2種類の羽毛の主な違いというのは何か?
体の大きさが全然グースの方が大きく身体の大きさに
伴って羽毛の粒も大きいのです。そして丈夫なのです。
ですから羽毛をリフレッシュさせる時もグースを
使った羽毛ふとんの方が回復具合が良いのです。

 

 

ダックダウンの羽毛ふとんが仮に3~4万円だとします。
仮にグースダウンの羽毛ふとんをリフレッシュさせた時に
4~5万円したとします。状態や品質の悪いものは別として
十分にリフレッシュ可能なグースであればリフレッシュを
したグースダウンの羽毛ふとんの方が1~2万円の差以上の
モノが出来ます。

 

先のリフレッシュを考えるとグースダウンの羽毛ふとんの
方が良いですね。ダックダウンとグースダウン。ここが
品質の一つの境目になるんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

タグ: , ,

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK