タグ「ダウンソックス」を含む記事

寝具調整事例No.23『電気毛布は使わない方がいい』

2018年12月12日 / えびすやにあるもの, 寝具調整事例, 羽毛製品

今年の春に寝具調整をさせて頂いた
お客様が来店してくださいました。

 

 

その時に嬉しい言葉を!

 

 

『今まで寝る事があんなに
辛かったのにグッスリ
眠れる様に
なりました。上向き寝も出来ます!』

 

 

そう言って頂けるとこの仕事してて
良かったな~と思います。

 

 

 

 

僕らが子供の頃と言えば『寝具=綿ふとん』でした。
まだ、羽毛ふとんが売れ始めたそんな時代でしたから
選択肢もまだ少なく、綿の煎餅ふとんで寝ている人も
今以上に多かったのです。今でも、煎餅ふとんや
硬いふとんに寝るのは健康に良いなど言われますが
それは正解でもあり間違いでもあります。健康に
良い悪いと言う以前に眠れなければその人にとって
寝具の役目を果たしていない事になりますし、心地よく
眠れる事が健康へとつながる入り口ではないでしょうか?

 

 

 

 

お話を伺っていると
この方はずーっと子供の頃から上向き寝が
出来なかったそうです。でも煎餅ふとんで
上向き寝が出来る人もいます。柔らかいマットレスの
上で上向き寝が出来る人も出来ない人もいます。
それはその人の身体と寝具が合っているかどうか
なのです。子供のころからずーっと上向き寝が
出来ず、腕がしびれたり、首の筋が引っ張られたり
首や肩が凝ったり、腰が痛かったり…。敷寝具が
合っていない事が原因です。

 

 

 

 

今まで合っていなかった寝具を
身体に合わせる事で眠れる世界へと来る事が
出来たのです。〇〇〇〇というマットレスが
良い。〇〇〇〇とういう敷パットや枕が良い。
それはそれで大事かと思いますがそれ以上に
その人の身体に合わせてあげる事の方が重要ですね。

 

 

 

本題は

 

 

『電気毛布を使ってよいですか?』

 

 

 

 

先に結論を言いますと『使わない方が良いです』
使いだすと段々とその温度設定に満足できなくなり
温度設定を高くしていきます。まさにうちの母親が
そうだったからです。それは体温調節をする働きが
段々とヘタになると言いますかだらけてくるからです。

 

 

 

 

人間は徐々に体温が下がり始め、深夜3時くらいに
最低体温になります。それは身体を休める為の行為
なのですが電気毛布で加温してしまうと…。
身体が休まらず、身体に負荷を掛けています。
という事は睡眠の邪魔をしているとも言えます。

 

 

 

出来れば自然素材の寝具を使って頂きたい
自分自身の身体から発する熱を逃がさない様に
することで保温し、尚且つ身体から発する汗を
吸湿発散出来る自然素材であれば電気毛布が
無くても大丈夫です。そもそも、使っている寝具に
特に敷寝具に保温力や吸湿発散する力が無いので
寒いと思います。冬場、湿気をタップリと
含んだ敷ふとんに寝ると寒いですよね。水分が
外気温で冷やされ一層寒さが増しています。
(干せない冬はふとん乾燥機を!)

 

 

 

 

 

例えば、ダウンパット。これは暖かいですね。
足が冷えてると眠りにくいですが靴下を履くと
締め付けにより血流が悪くなり、汗がこもるので
更に冷えます。霜焼けの原因にもなります。

 

 

足を温める時は温まり不要になった時に
直ぐに脱げるくらい緩やかで締め付けの無いものが
理想的かと思います。ダウンは掛けふとんだけでは
なく使い方次第で身体をシッカリと温めてくれます。

 

 

 

 

湯たんぽも良いですね。当店でしたら
純銅製がおススメです。朝までヌクヌクです。
銅の力は凄いですね。

 

 

 

 

えびすやで取扱いのあるものでしたら上記の様なものを
おすすめしますがシッカリと保温できる自然素材で
睡眠時の現象を妨げない様なアイテムで工夫をすれば
心地よく眠る事が出来ます。出来るだけ、電気毛布は
使わない事をおススメします。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

 

タグ: , , ,

寝具調整事例No.21『寝具合わせの基本はシングルサイズ』

2018年11月22日 / えびすやにあるもの, オススメ雑貨, ベッド・マットレス, 寝具調整事例, 羽毛製品

 

ご夫婦でダブルサイズやクイーンさいずの
寝具(敷寝具やマットレスなど)を使っていて
ご主人、若しくは奥さんのどちらか一方が
腰が痛い、寝具がどうも合わないというケースが
よくあります。(お二方ともという事も)

 

 

 

その根本的な問題は…。

 

 

 

『2人の体質・体型が同じではない』

 

 

 

答えはここに尽きます。敷寝具だけの話ではなく
他にも奥様は寒がりなのにご主人は暑がりで
同じ布団に同じ季節使う事が出来ない。
ご主人はエアコンを使いたいのに奥様は
冷え性で使えない…。寝具だけでなく寝室環境にも
そういう事があるわけです。

 

 

 

体型、体質は人それぞれですので
自分に合う寝具で寝ようと思うとシングルサイズで
合わせる必要があります。どちらかに合わせると
どちらかが犠牲になり間を取るとどちらも
シックリこない…。

 

 

 

しかしですが稀に
ご夫婦で背格好が同じくらいで
体型も似ている場合はダブルでも
問題なく行ける事もあるわけです。
しかし、寝るスペースを考えると
シングルの方がゆったりしてて
寝易いですが。

 

 

 

今回はご夫婦で体型が似ていて
小柄で細め。敷寝具調整をして行くと
ご夫婦共に同じ寝具が合い
寝室のスペースの問題もありダブルサイズを
お買い求めいただく事になりました。

 

 

 

今までお使いの低反発の厚みあるマットレスを
お使いで必要以上に身体が沈み込み寝返りが
打ちにくく夏場は暑くて仕方がないという問題が
ありましたが敷寝具調整をすることで身体の
沈み込みが無くなり、低反発マットレスの上に
シーツ一枚敷いて寝ていたのをらくだの敷パット
にする事で吸湿発散性が良くなり蒸れ感から

汗が籠る事による寒さも無くなります。保温性も
ありますので冷え性の方にも良いです。

 

 

 

 

そしてその上には定番のパシーマパットシーツ
頼りなさそうに見えますがこれが案外暖かいのです。
逆に暖かそうに見えるアクリルのボアシーツなどの
方が吸湿性が無いので汗が籠り冷えます。

 

 

 

マットレスは湿度が高く結露しやすい
丹後の気候に向く、比較的結露に強いつくりに
なっているマットレスをお選び頂きました。

 

 

 

そして、足にはダウンソックスを!
これはなかなかの優れモノでして
ダウンがシッカリと保温し、吸湿発散が
良いので蒸れません。温もってきて
ソックスが不要になれば無意識のうちに
足でキュッキュ!とすれば簡単に脱げます。

 

 

 

靴下の重ね履きをする方がいらっしゃいますが
締め付けで血の巡りを邪魔し、汗が抜けずに
籠るので余計に冷やしてしまい、場合によっては
霜焼けの原因になってしまいます。足先の冷えは
寝付きを悪くしますのでこういうものはとても
有効ですね!

 

 

 

今までの寝具よりも格段に改善されましたので
ご夫婦共に快適に眠られている様です(^^)

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

 

タグ: , ,

お風呂に入る時間

2016年2月25日 / えびすやにあるもの, 睡眠改善, 羽毛製品

先日、来られたお客さんとの会話

 

『最近、寒くて寒くて眠れない。足なんか冷たくて冷たくて・・・。』

 

お付き合いの長いお客様で寝具もどんなのを使っていらっしゃるかも
解っております。敷寝具も掛寝具も問題ありません。保温力のある寝具です。

 

1343

 

お話をずっとお聞きしていると生活のパターンが大きく変化
していた部分がありました。それが・・・。

『入浴時間』

 

以前は夜10時頃だったのが、夕食を食べる前の7時には
済ませてらっしゃいました。ココが眠れないポイント。

 

あまりにも早く入りすぎてしまうと身体が冷えてしまいます。
特に足などは素足ですから余計に冷えます。身体が冷えて
寝付きが悪い方は入浴時間を眠る1~2時間前にしてください。
身体がまだ暖かいうちにふとんに潜りましょう。そうすると
入浴によって高くなった体温が徐々に下がり初め、眠気を
誘発します。体温の降下がポイントです。

身体が冷えきっていますと体温が下がる余地がないので
寝付きにくいのです。特に足が冷えて辛い方などは
写真のダウンで出来たソックスがオススメです(^^)ホコホコと
温まります。

 

電気毛布などに安易に頼ると暖かいので心地良いのですが
体温が下げられないので身体が休む体制に入れず、眠りの
質が悪くなります。あくまでも寝具は発熱させるものではなく
自分の身体の体温を逃がさない暖かさを維持出来る保温性を
持つものが適しています。そして、大事なのが吸湿性。

体温を下げるときには一気に発汗をします。この時、寝具の
素材がアクリルやポリエステル等の石油系の素材ですと
ほとんど吸湿しませんので蒸れやすく。汗がこもり、身体を冷やす・・・・。
悪循環になりますので保温力が高い自然素材の寝具を使いましょう!

 

1344

 

明日は寝具の水洗いをしている工場へ行ってきたいと思ってます。
前々から丁寧な仕事をされているという話を聞いており、製品によっては
手洗いをしてくれるそうです。これは試しに洗ってもらうサンプルです。

 

寝具は洗うと汚れが落ち綺麗になりますが同時に洗うということはダメージも
生じます。縮であったり風合いの変化であったり、生地が劣化してると
場合によっては破けてしまうこともあります。長く、大切に使って頂く為には
出来るだけ丁寧な仕事が必要になります。お話をさせてもらうとハートが
伝わってくるので思い立ったら吉日ですね!( ̄ー ̄)ニヤリ

 

一歩一歩、えびすやを成長させていきたいものです(^^)

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

 

タグ: , , ,

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご連絡をいただけると幸いです。
不定休、諸都合等で休みの場合がございます。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK