タグ「ウールケット」を含む記事

寝具制作事例No.86『お客様ごとに仕分け中』

2018年11月17日 / えびすやにあるもの, ケット・パット, 綿製品

ふとんの仕立てが混んでおりお客様に
お時間を頂いておりました座布団が出来上がりましたので
只今、お客様ごとに分けカバーを被せたり他に頂いている
ご注文等とをまとめて仕分けしております。

 

 

 

 

 

 

紐が付いた小座布団は椅子に括りつける為の紐です。
昔、こんなのを学校に持っていきましたよね。

 

 

 

 

 

 

まだまだ、今年の仕立ては終わりません。
今日は掛けふとんの仕立てです。

 

 

 

綿のふとんは重いから嫌だと仰られる方が
いらっしゃいます。確かに羽毛ふとんには
かないませんが昔の綿の掛けふとんは

確かに重いものが多いのです。打ち直しの
時に綿を預かり、目方を計ると…。

 

 

 

綿が4㌔を超えてるものがあります。
湿気を含みヘタってドテッしてると重いです。
それに暖かくありません。それにアクリルの
二重マイヤー毛布などを重ねると…。相当重いです。
そしてアクリル毛布は吸湿性がありませんので
蒸れやすく冷えます。

 

 

 

えびすやでは現在、3㌔を標準にしております。
寒い時は軽くて保温力のあるもの例えばパシーマ
重ねてみたり(保温力がありかなり軽いです)

 

 

 

 

 

 

中綿がウール100%。綿100%のスムースで
包んだあたりの柔らかい暖かいウールケット
なんかをおススメします(これもかなり暖かい)

 

 

 

 

 

 

 

寒いからと言って闇雲に
毛布や肌ふとんを重ねて行っても
保温力が重ねれば重ねるほど比例してUP
するわけでもなく、逆に重くなり
寝返りも打ちにくく、眠りの邪魔をしています

 

 

 

掛けふとんはそれなりに軽い方が身体に
負荷が掛かりませんので重ね過ぎてて
寒いと感じておられる方はこの際、チェンジ
してみるのも良いかと思います。
(ウール混やポリエステル素材はおススメしませんが)

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

 

 

タグ: , , ,

チマチマチマ。肩、コリコリコリ

2018年8月19日 / えびすやにあるもの, ケット・パット

今日は細かい作業をチマチマとしておりました。
細かい作業には老眼鏡が手放せません(^^;

 

 

 

 

 

 

ご家庭でも洗えるものなのですが
洗って欲しいとお店に持ってこられた
英国産ウール100%のウールケット。
お使いになられて10年近くなるとそれなりに
ダメージを受けてきます。しかし、
まだ使えますね!(^^)

 

 

 

キルトのミシン目が上段と下段が
微妙に違いますよね(^^;下段の方が歪です。
実は糸切れを起こしてキルトが2山程度無くなって
しまっていたので僕が手縫いしました。

 

 

 

メーカーに送れば修理をしてくれるのですが
送料に修繕費なんやかんやで結構掛かって
しまいますのでかくなる上は

 

 

 

『THE 自力!』

 

 

 

生地がニット地なので通常の針を使うと
痛めますので針も別で用意しました。
手芸屋さんに相談すると刺繍針が良いよとの事でした。

 

 

 

 

 

2時間くらい掛けてなんとか預かり分の部分修復が
出来たのですが肩がコリコリで目も疲れてしまもうダメ(^^;

 

 

 

 

 

えびすやの定番寝具自体がそうなのですが
基本的に扱いが凄く長いのです。このウールケットも
改良を繰り返しながら10年以上扱っています。

 

 

 

中綿はソフトな英国産ウール100%
側地は綿100%のニット地。ソフトに身体にピタッと
馴染んでいくのでウールの保温力、フィット性で
凄く暖かいのです。そして重さも値段も控え目で
使い心地は凄く良いので毎年、たくさんお買い求め頂いている
人気のケットです。

 

 

アクリルなどの化繊の毛布はダメです。
吸湿性が無いので蒸れて、寝床内に水分がこもります。
この水分が身体を冷やしてしまいます。触り心地と
裏腹に使い心地が良いとは言えないのです。そして
もう一点、寝返りなどの摩擦によって静電気が
発生し寝室の埃を集めてしまうのです…。使うのであれば
出来るだけ自然素材のモノをお使いくださいね。

 

 

 

使うまでにまだまだ早いですが(笑)

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

 

タグ: , ,

カッチカチやぞ!

2018年1月13日 / えびすやにあるもの, らくだの敷きふとん, 綿製品, 羽毛製品


昨日も今日も
丹後の道路はカッチカチ!(><)フロントガラスも
雪の結晶が( ゚Д゚)恐らく明日もこんな感じでしょう。
丹後へお越しの際はノーマルタイヤは絶対に×ですよ!

 

先日、来られたお客様のお話。
嫁いだ時からずーっと使い続けた綿の掛けふとん。
思い入れがおありで中々、手放す事が出来なかった。
でもここ数日の寒波は流石に堪えます。

 

きっとやっとついた決心だったのだと思います。
僕の想像では嫁がれた当時のふとんは今のものに
比べて多く綿が入っていて重たく、ふんわりとした
暖かい空気を含む事もままらない状態だと思われます。

 

 

お嫁さんのご提案で
綿ふとんから羽毛ふとんにして
身体に掛かる負担を軽く、そして暖かく眠れる
環境に整えてあげる事になりました。これは
ほぼ間違いなく快適に眠れる様になります。(^^)
とても心温まるいいご提案ですよね。僕も
気持ちがほっこりしました。毛布も英国産ウール100%の
軽くて暖かいものにして頂きました。
この二枚で十分に暖かく、今までよりも重ねていた
枚数を減らす事が出来、身体への負担を軽減します。

 

 

綿ふとんは吸湿性、保温性に優れたとても良い素材ですが
長年つかっているとどうしてもヘタリます。そうすると
暖かい空気を含む事が出来ず、冬場はなかなか干す事が
出来ないので水分を含み、その水分が気温によって冷やされ
それが寒さへと繋がり、電気毛布を使ってしまうという
悪循環になります。(ポリエステルや羊毛混はもっと
ヘタリやすく、吸湿性が乏しいです)また、敷ふとんは
この時期、結露を起こしやすいので注意です。

 

背中が寒い、なかなか温まれない…。
そんな場合は敷ふとんを疑ってみましょう。
敷寝具に問題がある場合、いくら掛けふとんを
重ねても効果は薄く、それどころか重くて
寝返りがしにくくなります。敷ふとん重要ですよ。

 

僕のおススメは写真にあるらくだの敷ふとん
羽毛の敷パットのそれに純銅製の湯たんぽ
これ、最強タッグじゃないかと思っています。

実際に寝具の保温力が無いがゆえに寒くて
電気毛布を使っているが、寝具が整えば
使う必要のない方と言うのは結構入らっしゃいます。
電気毛布は自身の体温を調節する働きを衰えさせ
加温することが深い眠りに入る邪魔をし眠りが
浅くなります。また、電磁波も気になるところ…。
電気毛布は眠りのメカニズムに合っていません。
出来れば使わない事に越したことはないのです。

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ 最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

docomo,au,softbankからのお問合わせはそのままメールをお送りいただくと返信が
届きません。お手数ですがパソコンメールを受信可能な設定にして頂くか、
gmail等、PCからお問い合わせ下さいますようお願い致します。

 

タグ: , , ,

寝る力

2015年9月8日 / えびすやにあるもの, 睡眠改善

高校生や中学生の頃
部活などで疲れたら、コテン!っと眠ってしまい
そのまま十数時間、死んだように眠ってしまったといったような
ご経験ってありませんか?

 

またまた、二十歳頃には友達と明け方まで起きていても
数時間の仮眠や徹夜したまま、アルバイトに行けたりした
と行ったご経験ありませんか?

 

 

今、そんな事をしようものなら間違いなく仕事に影響して恐ろしくて
出来ませんよね(^^;また、その眠気が疲労へと繋がったりします。
僕の経験上の話ですが眠る力というのは

 

 

加齢とともに確実に低下します

 

 

それはただ加齢で体力が落ちたとかいう事ではなく
加齢とともに眠りは浅くなりやすく、睡眠時間も短くなります。
高齢者などですとわかりやすいですが睡眠時間が短くなり
朝早く目が覚めると言う事が起きてきます。それは
代謝の低下により身体も必要とする睡眠時間が若いころに
比べて減ってきてもいます。

 

 

また、若い頃はどんなふとんでもそれなりに眠れた?という
事はありませんか?浅くなってきてるせいもあるかと思いますが
身体が眠りにくい環境に反応しやすくなってきてると思います。
例えば、寒さなんかは若い頃に比べて感じやすいのではないでしょうか?
昔なら何でも良かった枕が、気になる・・・。腰や肩の痛みを感じる・・・。
そんなことが起こります。それは使っている寝具が自分に
合ってなくて、状態が悪いということでもあります。過去においては
それでもどうにかなったものがどうにもならず眠りにくい、目が覚める
朝起きた時が辛い・・・となる訳です。

 

 

加齢と共に眠る力が衰えた分、寝具を自分に合ったものに
整えてあげることが必要です。それだけで眠りの質は随分と変わってきます(^^)
だけれども・・・。ホントは若い頃から自分に合った寝具を使って
欲しいんですけどね(^^;質の悪い寝具が増えてきたのか?最近は
若いお客様からのご相談も増えてきております。

 

 

写真はえびすやのふゆの定番商品。ウールケットです。
側は綿(100%)のニット地でウール100%の中綿を包んで
キルティングを施してあります。保温性はとっても良いです。
肌への沿いもよく、当たりも柔らかく。えびすやの人気アイテム。
ここ数日、一気に夜の気温も下がってきましたのでそろそろ
秋冬のお支度を!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご連絡をいただけると幸いです。
不定休、諸都合等で休みの場合がございます。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK