気の利いたプレゼント

2014年2月17日 / 日々の話

お寺さんから頂いたものです。ちょっとした
事ですがセンスが良いと貰って嬉しいものです(^^)

洒落た手ぬぐいです。どうやら折り紙のようですね。
どんな方のデザインなのか調べてみますともうお亡くなりに
なられていらしゃいますが内山 興正(うちやま こうしょう)
さん
と仰る方で曹洞宗の僧侶であり折り紙作家であり詩人で
あるという多彩な才能をお持ちの方でした。

また経歴も興味深く、早稲田大学大学院で西洋哲学を学び
神学校を教師をされていらっしゃいました。

それが何故東洋哲学への道と進まれたのでしょうね?どんな
出来事が仏の道へと進むキッカケになったのでしょう。
とても興味深いですね。

山内興正老師ファンクラブ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

丹波国の中にある出雲『出雲大神宮』

2014年2月16日 / 丹波の神社, 神社・歴史

この神社は京都の帰りにわざわざ寄りたくなる所。
時間が無くて寄れませんでしたがこの近くには
愛宕神社の元宮と言われる出雲大神宮とひけを
とらないくらいに神秘的なところもあります。

昔々、1300年昔は丹後国と丹後国は同じ国でした。
まだひとまとまりの丹波国だった頃、西は但馬、
東は若狭、南は丹波と大きな国だったんです。
JR嵯峨野線に丹波口という駅がありますがあの
辺りも丹波国だったのかもしれませんね。

一般的には出雲大社(杵築大社)より勧請されたと
なっていますが”出雲”と名乗っていたのはこちらの方が
古く、社伝には出雲大社が出雲大神宮より勧請されたと
されており”元出雲”とも呼ばれています。どちらが”元”
なのかは分かりませんが社名表は出雲大社の元宮司の手に
よって書かれたものだそうで関係は良好なのでしょうね。

—————————————————————————————-
ただし社伝では逆に、出雲大社の方が当社より勧請を受けたとし、
「元出雲」の通称がある。社伝では、『丹波国風土記』逸文として
「元明天皇和銅年中、大国主命御一柱のみを島根の杵築の地に遷す」
の記述があるとする[2](ただし、社伝で主張するのみでその逸文も不詳)。

出雲大神宮:Wikipediaより抜粋
—————————————————————————————

さて、一つ気になった発見は

ただの奉納された鳥居かと思ったのですが

『亀岡城 縁乃会』

亀岡城と言えば出口王仁三郎の大本教の聖地。
出雲大神宮の主祭神は大国主大神ですが後ろに
そびえる神体山の御蔭山は国之常立神(神話の根源神)
が祀られています。(元々の信仰の対象はこの山?)

大本教の御祭神は国之常立神です。ひょっとして
この鳥居を奉納されたのは大本教の信者さんかな?
なんて思ったりしました。何か深い縁があるのかも?

ココへ来ると本殿で参拝を済ませた後にまずはここ。そして

まるで天に登っていく白龍の様ですね。

この辺りには710年前後創建の古い神社が集中
している地域です。じっくり巡れば面白いと思います。

御祭神(主祭神)大国主命、三穂津姫命(大国主の后)

京都府亀岡市千歳町千歳出雲   丹波国一宮 出雲大神宮

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

風呂の残り湯で洗うと汚れがよく落ちる

2014年2月15日 / えびすやにあるもの, オススメ雑貨, ナチュラル石けん, 日々の話

今日、洗濯をしようと思ったら石けんがなりません。
普段はシャボン玉EM粉石けんを使っているのですが
今日はこの前、仕入れた地の塩社のCLEAN粉石けん(微香タイプ)

純石鹸70%、炭酸塩30%の助剤入りのタイプです。
植物性のリサイクル油をつかっているので値段的に
リーズナブルです。ただし、リサイクル油は菜種油や
大豆油が多いので石けんを多めに入れてやる必要が
あるようです。

石けんをチェンジしたもう一つの理由は今までは

『風呂の残り湯』

これで洗うと汚れがよく落ちるんです。ですから
一番最後にお風呂を入った人がそのまま風呂の
残り湯をポンプで組み上げて洗濯をするのです。

汚いなんて思っちゃダメです。その水は洗濯時
だけですすぎは水道水を使いますし。

シャボン玉EM粉石けんは牛脂で出来ており
高い洗浄力を持っています。高い温度で洗濯
すると反応がよくすすみ汚れがよく落ちるのです。
(我が家は+助剤で洗濯しております)
皆さんも是非、お試し下さい。水温が高いと汚れがよく落ちます。

が…。それが出来なくなったので比較的低温でも
よく石けんが溶けてくれる粉石けんをと言う事で
CLEAN粉石けん(微香タイプ)を使うことに
パッケージには20℃でも石けんが溶けると書いて
ありますし!

でも冬です。水温は20℃なんてとてもありません。
一番良いのはお湯で石けんを溶かして入れて
やるのが良いのですが今日は試しに

粉石けんねっとを使ってみます。粉石けんを
溶かすのが面倒な人はこれに石けんを入れて
洗濯機にポイしておけば自然に溶けてくれると
いう代物です。なんて便利なんでしょう!

でも流石に真冬です。中で一つの大きなダマに
なってしまいました(^^;溶けきった頃は
ほぼ、洗濯が終わりの時間。

工夫すれば使える方法はありあそうですが
面倒ですけど冬は洗面器にお湯を入れて
石けんを溶かしてから入れたほうが良さそうですね。

助剤(炭酸塩)入りですので洗浄力があり
汚れもよく落ちておりました。(^^)溶け残りも
無いようです。取り敢えず2kgを使いきるまでは
CLEAN粉石けん(微香タイプ)で行ってみたいと
思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

我が家のお役目『伏見稲荷大社』

2014年2月14日 / 山城の神社, 日々の話, 神社・歴史

昔、我が家のご先祖様がやって来た時に
その土地にはお稲荷様が祀られており、
今でも我が家に鎮座されています。

こうしてご縁が御座いますので毎年
我が家は伏見稲荷大社に参拝をする事が
恒例行事となっています(^^)

せっかく、ここまで来たので一眼レフカメラを
持ってくれば良かったなぁ…。少し後悔しました(^^;

今までに気付かなかった事に今日はふと目が付きました。

狐さんは鍵を咥えているんですよね。
巻物は見たことがありますが鍵は初めて見たような。
いえ、気がついていない?(^^;このお話は後ほど…

じいちゃんと息子は伏見稲荷大社一周(二時間コース)を
見事完歩致しましたが私と娘は適当な所で引き返しまして…
僕は麓の茶店でコーヒーを娘は鯛焼きを…(^^;

娘は千本鳥居を歩くのが結構楽しかったようです(^^)

先程の狐が鍵を咥えているお話です。家に帰ってから
調べてみますと稲荷さんには

『玉鍵信仰』

と言うものがあるそうです。玉は御霊(稲荷神『稲の神』)
鍵は穀物を保管する倉庫の鍵を表しているそうです。
ちなみに右側の鎮座する狐は玉を咥えています。
御霊と鍵を御守しているということなのでしょうか?

伏見稲荷大社の主祭神は倉稲魂命(うかのみたまのみこと)
です。字の如く、稲に関係の深い神様で伊勢でも御倉神として
祀られています。(倉稲魂命と稲荷神は同一神)

僕の勝手な解釈ですが倉の中に収められたモノを
手にするためには鍵を持って開けると…(^^)

稲荷神は山城一帯をおさめていた豪族秦氏の農業神です。
それがいつ倉稲魂命と結びついたのでしょうね?倉稲魂命は
伏見稲荷大社よりも伊勢の方が早くから祀られていたそうですが。

話しついでに丹後国二宮の大宮売神社の御祭神
大宮売神が祀られています。どんな

御祭神 宇迦之御魂(倉稲魂命と同じ)

京都市伏見区深草藪之内町68  伏見稲荷大社

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

面倒くさいので簡単に靴を洗います

2014年2月11日 / えびすやにあるもの, オススメ雑貨, ナチュラル石けん, 日々の話

嫁さんに頼まれていた嫁さん&子供の靴洗いを
全く忘れており慌てて今朝、風呂場で洗いました(><)

頼まれたのは『去年の秋』

ずっーと忘れておりました。(^^;でも、我が家の
靴洗いは簡単です。まずは予洗いで泥や砂汚れを
簡単に落とします。

そしてバケツに50度くらいの温度で湯をはり
そこへシャボン玉石けんの酸素系漂白剤を入れ
それから靴を中へ入れます。

ぼんやりと見難くなってるのは湯気のせいです(^^;
このままでは浮いてくるので洗面器に湯を張り、
それを重石にします。

反応して過酸化水素が出てきてます。これを放って
おいて(浸け置き)最後に水で洗っておしまいです(^^)
あとは乾かすだけです。

炭酸ソーダ+水+酸素になりますので生分解の必要が
なく環境への負荷も少ないと思います。

その他にも衣類の漂白(染み抜きなど)、洗濯槽や
排水口のクリーナー、食器やまな板の漂白など様々な
シーンで役に立ちます。カビの生えた生地なんかも
これで落したこともあります。

繊維を傷めにくいのもまたオススメ出来る理由です。
ただし、金属や動物性の繊維など適さないモノも
ありますので注意してお使いください。なかなかの
スグレモノです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , , ,

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご連絡をいただけると幸いです。
不定休、諸都合等で休みの場合がございます。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK