受験勉強必須アイテム

2014年10月6日 / えびすやにあるもの, その他

『必勝』の文字の入った鉢巻占めて!半纏を着て!
AMラジオからはオールナイトニッポン!

これが僕の受験生のイメージ!って
何時の時代の話なのでしょうか!(><)

ということで半纏入荷しました!(笑)

量販店で見かける半纏ではありません。ホンモノの半纏です。(^^)
九州久留米産の久留米絆纏です。生地の生産~製綿~縫製
全て日本で加工してます。

中の綿はポリエステル100%ではなくめん綿を使っています。
めん綿入りはポリエステル100%の綿が入ったはんてんとは
保温性が全然ちゃいます!とても暖かくぬくぬくです!
そして、めん綿は着心地、フィット感も全然ちゃいますね!

熟練のおばちゃんが丁寧に仕立てています。昔、おばあちゃんが
縫ってくれた半纏のイメージですね。ただ、愛情を込めて作られて
ますがおばあちゃんに敵わないかもしれません…(^^;

水仕事をする機会が多い女性は袖なしの奴がオススメです。
いえいえ、水仕事をするのは旦那さん!というご家庭は
お気になさらずに…(笑)

こういう昔ながらの縞柄なんかなかなかいいもんですね(^^)
今年の冬は昔ながらの半纏を着て、こたつに入ってみかんを
食べるなんてのは如何でしょうか?ホンモノはちゃいますよ!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

いびきの話

2014年10月5日 / えびすやにあるもの, オススメ雑貨, 睡眠改善

『枕でいびきが治りますか?』

とお客様にご質問を頂くことがあります。
正解を言いますと半分正解といったところでしょうか。

(wikipedgiaよりお借りしました)

上気道が狭くなることが原因です。
肥満であったり、飲酒などで気道が狭くなった所に
呼吸時に通る空気が粘膜を振動させたと時の音ががイビキです。

枕が高すぎると気道が塞がり、低すぎると口が開き
イビキの原因になります。だから枕が合っていないと
イビキをかきます。枕を合わせ適正な枕にする事で
イビキが改善されます。

ただし。イビキの原因は枕だけではありません。
敷寝具が合っていない場合(枕と敷ふとんは身体を支えるという
意味で一体で考えないといけません)多いのが口呼吸です。
解りやすく言うと鼻が鼻炎などで詰まっていたりすると
口で呼吸をします。口でこういう場合、枕を合わせたからと
いって改善はしません。口呼吸の習慣が原因です。

口呼吸をしていると喉が乾き、イガイガしたりします。
また、乾燥時もそうなりやすいです。そういう時には
えびすやではシルクガーゼマスクをオススメしています。

シルクに含まれる”セリシン”という成分が含まれていますが
精錬時に洗い落とされますがこれはセリシンをそのまま残して
いますのでセリシンがたっぷり含まれています。

そのセリシンには保湿効果があり、それが喉の渇きを防いでくれます。
セリシンには保湿効果だけではなく抗菌作用もあります。これから風邪を
ひきやすい時期には良いですね。そして、他にも抗酸化、細胞活性…様々な
働きがあります。

このマスクは睡眠用に作っていますので通気性が良く、立体縫製で
紐で調整も出来、使いやすく作ってあります(^^)具合いいです。

でも…

口呼吸は健康上も良いとは言えません。鼻には空気を
湿らせ除菌する働きがあります。口呼吸はダイレクト
ですので風邪などもひきやすいんです。

そこで、直したいとお考えの方には

口呼吸を鼻呼吸にする方法『あいうべ体操』

こちらをお試し下さい。鼻呼吸になると免疫力も向上します。
3週間~3ヶ月くらいで効果が現れてくるそうです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

ちょっとドキドキ・・・『稲荷神社』

2014年10月4日 / 丹後の歴史, 神社・歴史

今日は宮津でお仕事。宮津にやってくる時に
ちょくちょく寄らせて貰う僕のお気に入りの神社です。

スピリチュアルだとか
歴史的に何かあるとか
そういう事ではありません。

参道をKTR宮津線の線路が横切ってるので
参拝をするには線路をまたがないといけません。
それがなんだか入ってはいけない所に入る
感じがしてちょっとドキドキするからです(笑)

線路と神社なかなか良いロケーションじゃないですか!(^^)
神社からは宮津の町並みを見ることが出来ます。

まだ、一度も車両が目の前を走るのを見たことは
ありませんが一度見てみたいですね。1時間に1本ですから
滅多にお目にかかることが出来ませんね。

この稲荷神社、頭に◯◯稲荷神社と名前が付いていると
思いますがリサーチ不足で解りません。由緒や名前が
ご存知の方がいらしたらお教え下さい(^^)

御祭神 宇迦之御魂神?
京都府宮津市川向1449-9   稲荷神社

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

思った程でもなかった思い出の味

2014年10月3日 / 日々の話

まさかこんなのを栽培している方がいらっしゃるとは!

アケビです。秋の野山の味覚を頂きました(^^)

最近、息子が植物図鑑にハマっておりまして
先日は図鑑で見てどうしても食べたかった
念願のざくろを初めて食べたところ…

『まずい…(T_T) 』

と申しておりました(笑)そして、今度はアケビが
我家にやってきました。願えば叶うものです!(^^)

それにしても、このアケビを家で育ててらっしゃる方が
いるとは驚きです。ツルを這わせて育ててらっしゃる
のでしょうね。結構大変かと…。

僕の中のイメージでは山の中に勝手に生えてるものだと
思っておりました。僕がこのアケビを初めて食べたのは
丁度、息子と同じくらいの保育園の時、お散歩の時に
山で見つけたアケビを採ってくれたのです。

その時の味と言ったら爽やかなバナナといった感じで

『がりゃ~うみゃぁ!(とても美味しい)』

そう思いました。それから子供頃に何度か食べましたが
もう30年以上食べておりません。それを今朝、子どもと
一緒に食べたわけです!あのアケビを。

『あれ?そんな言うほどでも…』

30年のあの思い出はアッサリとひっくり返った訳です(笑)
最近の果物は糖度が高くて美味しいのがいっぱい
ありますからね。僕の舌も生意気になったのでしょうか?(^^;

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ:

こたつふとん第二陣

2014年10月1日 / えびすやにあるもの, その他

今日から10月になりました。
今朝ほど、嫁さんにこたつふとん出しといてね!と
お願いされました。今日から制服も衣替えですね。
今日から秋本番といったところでしょう!

こたつふとん第二陣が入荷致しました。
加工をお願いしている工場もフル稼働のようです(^^)

先程、別注サイズ(ご要望のサイズでお仕立てします)のご注文分は
納品させていただきましたのでこちらは店頭の在庫分になりますね。
最近は色んなこたつのサイズがありますので別注させて戴くことも多いです。

えびすやはポリエステル綿100%のこたつふとんは販売していません。
綿がよく縮みますし、保温性も弱く、綿がペタンコになりやすいです。
混綿50%~綿100%でお仕立てしております。側地はもちろん綿100%
暖かくて心地よい綿わたを使ったこたつふとんは心地よくオススメです。

さてさて、真ん中の麻の葉の文様のこたつふとん
これ、僕自身かなり気に入っております。何故って?
えびすやのこたつふとんだからというのは勿論として(笑)
文様が好きだからです。

麻とは大麻の事で大麻の葉を意匠化したものです。
着物の柄によく使われたりしますよね。

戦前までは日本でも日本各地で栽培されており紀元前に
はすでに栽培されていたようですし魏志倭人伝に麻に
関する記述があるとか。

蚊帳と言えば今はナイロン製のものが多いですが元々は麻です。
奈良時代に入ってきた蚊帳を近江商人が麻で作り、日本中に
販売してきました。

神社の注連縄や鈴縄、御幣なんか麻です。麻は古来より神聖な
モノとして扱われているわけです。神社に参拝された時に
ちょっと注意して見て下さい。

僕は夏になると麻の5本指ソックスを履いておりますが
涼しく、踏ん張りも効き、丈夫な素材ですね!

繊維だけじゃなく、紙、油、食料、薬、バイオ燃料や
バイオプラスティック…。いろんな使い道がある優秀な
植物資源なのです。

薬物、怖いといったイメージが有りますがそういった面
だけはなく麻は古来より日本人が大切にしてきた植物なんですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

創業明治十年 老舗寝具専門店
ふとんのえび
すや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK