厚生労働省から健康づくりのための睡眠指針2014

2014年4月7日 / 睡眠改善

ニュースにもなりましたが先日、厚生労働省より

『健康づくりのための睡眠指針2014』

と言う物が発表されました。まだ、僕もちゃんと
目を通してはおりませんがご興味ある方 ↓より
ダウンロードが可能です。A4サイズで87ページも
あり、相当、踏み込んでいると思います。

それだけ、近年、日本国民全体の睡眠時間の現象、
睡眠の質の悪化により健康への影響、またそれに
伴う事故、経済損失が大きいという事を反映して
いると思います。

【健康づくりのための睡眠指針2014 (平成26年3月)】 (PDF:1,020KB)


~睡眠12 箇条~

1.良い睡眠で、からだもこころも健康に。
2.適度な運動、しっかり朝食、ねむりとめざめのメリハリを。
3.良い睡眠は、生活習慣病予防につながります。
4.睡眠による休養感は、こころの健康に重要です。
5.年齢や季節に応じて、ひるまの眠気に困らない程度の睡眠を。
6.良い睡眠のためには、環境づくりも重要です。
7.若年世代は夜更かし避けて、体内時計のリズムを保つ。
8.勤労世代の疲労回復・能率アップに、毎日十分な睡眠を。
9.熟年世代は朝晩メリハリ、ひるまに適度な運動で良い睡眠。
10.眠くなってから寝床に入り、起きる時刻は遅らせない。
11.いつもと違う睡眠には、要注意。
12.眠れない、その苦しみをかかえずに、専門家に相談を。

厚生労働省『健康づくりのための睡眠指針2014』より抜粋させて頂きました。

これは内容が濃いです、睡眠のリズムやメカニズムに関わる
事は客様とのお話の中でよくアドバイスをさせて頂く内容が
多く含まれています。

1~4などは生活習慣病やうつ病などとの関連性がある
項目で質の良い睡眠が発症リスクを低下させてくれます。

5は季節によって加齢によって変わることを言っています。
日の長い季節は睡眠時間が短くなり、日が短くなると睡眠
時間み短くなります。また加齢とともに代謝が落ちると
睡眠時間も短くなる傾向になります。

9は特に定年退職後など一線から退くことにより
社会的接点が少なくなると暮らしのメリハリが
弱くなりやすくなります。そこで起床・就寝の
リズムを保ち日中の軽い散歩などの運動がメリハリ
を付け、質の良い眠りへ繋がります。

自分の身体に合わなかったり、また、眠りの
メカニズムにそぐわない寝具は眠りの邪魔、質を
悪化させるケースがありますのでお気をつけ下さい。
なかなか、気付きにくいのです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

丹後屈指の磐座がある『神谷神社』

2014年4月6日 / 丹後の神社, 神社・歴史

この近くに用事がありますと必ずと言っていい程
この『神谷神社』に足を運びます。と言っても
本殿の方ではありません。道を挟んで摂社、八幡神社
の裏手にある磐座がお目当てです。

だからと言って本殿が大したことが無いかといえば
決してそんなことありません。本殿の神社彫刻は
必見です!これには目を見張る凄さがあります!
京都府指定の貴重な文化財でもあります。

崇神天皇十年九月、四道将軍・丹波道主命が
勅命を受けて山陰地方を巡視された時、 武運
長久を祈願して、久美浜の地に社地を定めて
出雲国・八千矛神・天神玉命・天種子命を
祀ったのが 当社の創祀。式内社・神谷神社に
比定されている古社。

もとは、神谷小字明神谷に祀られていたが
中世の頃、戦乱にため社屋が破壊されたので
現在地の太刀宮に合祀された。

玄松子の記憶様のHPより一部抜粋させて頂きました。

といういう事はこの場所では磐座の方が先に祀られ
ていたのではないかと思います。

八幡神社の脇から細い石段を登って行くと
どんつきには小さな祠があります(どんな
神様が祀られているかはわかりませんが)

更にそこを右に折れると

磐が真っ二つに割れておりその間を通る事が
出来、ぐるりと一周することが出来ます。
僕はココを通る時が一番、ゾクゾクっときます。
そして、規模も丹後で屈指の磐座ではないかと
思います。

ココは古代祭祀場であり、近年まで女人禁制の地でした。
修験場の様に女性が立入ることの許されない信仰が
あったのでしょうか?

僕の周りでは女性がココへ行くと写真のシャッターが
切ることが出来なかったり、うちの娘が固まって動けなく
なったりするなど不思議な話を聞くことがあります。

御祭神 丹波道主命

京都府京丹後市久美浜町久美浜小谷   神谷神社

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

さぁ、廃棄処分に困った。

2014年4月4日 / えびすやにあるもの, ベッド・マットレス, 寝具のこと

有難いことに段々とベッドを購入して頂くお客様が
増えております(^^)ホントに小さなお店なのですが
僕の考え方に合わない寝具類を一掃し、スペースを
作り4台のベッドを無理矢理、展示しております。

お客様とお話していますと

『ベッド=敷きっぱなし』

何処か心の隅にこういうイメージを持っていらっしゃる
方が多い様に感じますが敷きっぱなしは良くありません。
日本は高温多湿なんです。冬場は乾燥して寒いかもしれ
ませんが夏場は30度台後半まで気温が上がり、ジメジメ
とした梅雨があります。丹後などは冬でも湿度が高く
なります。

そして、一晩のうちに200cc以上の汗をかきます。その
湿気の行き場・逃げ場をどうするのか?どうメンテナンス
をするのかを考えなくてはなりません。僕は中学~高校生
の頃スプリングのマットレスの上で寝てましたが見事に
底板にカビを生やし、ベニヤ板はベコベコになって
しまいました(;´Д`)

ですので当店はまず通気性ということを重視します。

タモの無垢材にフレームに桐スノコを使用し通気、吸湿を確保しています。

素材は滑り止めなどを除くと100%桐のベッドです。
ボルト類の金属も一切使っていません。止めるのは4つの
楔だけですので数分で誰でも組み立てられます。重さも
30kgです。問題の通気性はご覧のとおり。スノコ以上に
ふとんとの接地面積少ないので湿気の逃げ道もあり桐自体
にも吸湿性があります。日本の気候風土に特化したベッド
だと思います。

次にこの上に乗せるマットレスです。お客様とお話をして
おりますと”スプリングのマットレス”を持て余していらっ
しゃる方が案外と多いのです。2階の寝室にあるクィーンの
マットレスを部屋から出せない…。

そして、マットレスもいつまでも寿命がある訳ではあり
ませんのでヘタってきて使えなくなったら廃棄しなくては
なりません。(ヘタったマットレスの使用は腰を痛める
原因になりかねません)

そうした時にまず部屋から出すのに一苦労…。今度はそれを
捨てる時に京丹後市の場合は側地、ウレタンなどの中綿の
繊維部分とスプリング部分を分けて市の処分場まで持ち込
まなくてはなりません。何度か解体したことがありますが
正直、かなり面倒です(;´Д`)

引き取ってくれる業者さんもあるでしょうがこの手間の
かかる作業を代わりにしてくれる訳ですからそれなりに
作業料が発生するかと思います。

自治体によって扱いはバラツキがあるみたいなのですが
今後は無条件で簡単に引き取って貰えるという訳には
行かないでしょう。どこもゴミ問題は悩みの種ですから
どんどん厳しくなってくると思います。

という事で当店では金属製のマットレスは扱っていません。
寝心地に問題があるとかそういう訳ではなく、いざ廃棄が
必要になった時の事を考えると…。

メンテナンス取り扱いがが比較的にしやすく、機能性、耐久性
や通気湿気などを考慮したものを扱うようにしています。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

『日本最古の羽衣天女伝説』乙女神社

2014年4月3日 / 丹後の歴史, 丹後の神社, 神社・歴史

誰もが子供の頃、一度は聞いたことのある羽衣天女の
話。日本各地に羽衣天女の話があります。三保の松原
などが有名ですが中でも丹後に伝わる羽衣天女の話が
文書で残されたものとして最も古いそうです。

丹後には少し異なる羽衣伝説が2つあるのです。
そのうちの一つで丹後風土記に書かれているものとは
少し話が異なります。

乙女神社の天女伝説

むかしむかし比治(ひじ)の山の頂き近くに大きな美しい池があり、
その池に八人の天女が舞い降りて水浴びをしていました。  それを
見ていた三右衛門(さんねも)という里の狩人が、 一枚の羽衣を
隠してしまいまったために、天女のひとりは天に帰れなくなっ て
しまいました。天女は三右衛門と一緒に暮らすことになり、三人の
美しい女児をもうけました。  天女は農業、養蚕、機織り、酒造り
が上手で、三右衛門の家はもとより比治の里はすっかり豊かになり
ましたが、天恋しさに耐えかねた天女は三右衛門の留守中に、「お
父様は毎朝何処を拝んで出かけていくの?」と娘達に尋ねました。
娘達は家の大黒柱を指さしました。大黒柱の穴に隠してあった羽衣を
見つけた天女は、羽衣を身に着けると、駆け戻った三右衛門に「七日
七日に会いましょう」と云い残して天に帰っていきました。  しかし
その様子を伺っていた天の邪鬼(あまのじゃく)が「『七月七日に会い
ましょう』と言っていた」と三右衛門に伝えました。一年に一度しか
会えないと思いこんだ三右衛門は、天女が残していった夕顔(ゆうごう)
の種を庭に蒔いて、天女が天に帰ったことを嘆き悲しんでいました。  
するとどうでしょう。夕顔は天に向かってぐんぐん伸び始めました。
この蔓を登っていけば天に行けるかも知れないと思った三右衛門は、
夕顔の蔓を懸命に登っていき、ついに天上に辿り着きました。天上で
三右衛門は天女に会うことができました。  天上で天女と暮らしたい
三右衛門は、天帝に天上界で暮らしたいと願い出ました。天帝は天の
川への架橋を条件に出し、無事橋が架けられたら一緒に天上界で暮ら
すことを認めるとしました。  仕事を請け負った際に天帝と、橋が
完成するまでは天女を思い出さないと約束していた三右衛門でしたが、
天女恋しさのあまりついついその約束を破ってしまいます。約束を
破った途端天の川は大洪水になってしまい、三右衛門は下界へ流され
てしまいました。

凡海郷様のHPより抜粋させて頂いています。

この神社のある地域には三右衛門の末裔である
安達家には三右衛門が使っていた矢と矢筒や
羽衣伝説にちなむ掛け軸などが今でも残っています。
そそて、天女はこの安達家の庭から昇ったとも
言われているそうです。

この乙女神社には三右衛門の長女が祀られています。

さて、話は少し変わりますが川上順子さんが1995年に
書かれた『古事記と女性祭祀伝承』と言う本を一部抜粋しますと

丹波道主のこの八乙女には天から降りた天女のイメージが
重なっている。そしてまた、この乙女たちは垂仁天皇の御世に
宮中に招請された丹波道主王の女たちの末裔であったと考える
事もできるのである。すなわち、垂仁天皇の御世丹波道主王と
垂仁天皇の后妃となる道主王の女達は『神道五分書』に登場
する丹波の道主とそのこの八乙女たちの祖先であったという
考え方がなされていたのである。

8人の乙女と言うのは豊受大神を祀る女性祭祀集団では
無いのか?としています。道主王と言うの名も代々襲名
される祭祀集団の長だとも書かれています。

そして、垂仁天皇の妃としてまた神を祀る祭祀者として
宮中に喚上されています。その中で、故郷に返された女性が
存在します円野比売、歌凝比売、そして、竹野神社の齋宮に
祀られている竹野媛。

読んでみたものの対して詳しくない僕にはちゃんと理解は
出来ていませんが(もっと勉強せなあかんですね)・・・
羽衣天女の話が何処か知られざる歴史に繋がりそうな
気がしてきます。

羽衣天女伝説は一体、どんな出来事をモチーフとした
話なのでしょうか?それに加え、丹波国とは一体どんな
国だったのでしょうか?

御祭神 豊宇賀能賣神、大山祇神

京都府京丹後市峰山町鱒留蛭子堂433  乙女神社

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: , ,

増税前と増税後

2014年4月2日 / えびすやにあるもの, お知らせ, 日々の話

~お知らせ~

コメントを投稿すると画面が真っ白になる
不具合が出ているのに先程気付き、修正致しました。
ご迷惑をお掛け致しました。

小売業の皆様、お疲れ様でした。
POPの作成や張替え、値札の付け替え…。
大変だったと思います。当店も取り敢えず
値段の付け替えだけは全て終わりました。(^^;

ふとんと言えば嵩がはるものばかりですので
そんなに大したことが無い様に思えますが
当店は小物類が多く、手始めの『靴下』に
取り掛かり始めましたが面倒くさくて直ぐに
萎えてきました(;´Д`)


(踏ん張りがよく効く5本指ソックス。縫製が良いので履き心地も良し!)

あとポップの付け替えが半分くらい残ってますので
今日中には終わらせたいと思っております。

街なかでもこんな風景が

左のコカコーラの自販機は増税対応済み。
右のサントリーの自販機はまだ増税対応が終わってませんね。

来年の10月にもまた8%→10%へ上がるかもしれないと
言うことですが消費税増税は

『やめてください!』

安部首相!よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
最後までご愛読ありがとうございます。宜しければクリックをお願い致します

 

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

タグ: ,

ふとんのえびすや
京都府京丹後市峰山町呉服6
(京都銀行峰山支店前)
定休日:ほぼ無休(不定休)
営業時間:AM9:00~PM7:00

※ご遠方からのお越しの際には
ご一報連絡いただけると幸いです。


過去の記事はこちらで


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京丹後情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ
クリックしてくれると嬉しいです

LINK